和歌山県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

和歌山県の一戸建て・家の最新売却動向

和歌山県の一戸建ての売却動向

和歌山県は県南部に山岳地帯が広がっており、全域的に自然が多く見られる県です。2015年5月時点での推計人口は約96万人、面積は約4,724平方キロメートル(2015年7月現在)とされており、1平方キロメートルあたりの人口密度は204人となっています。和歌山県の人口推移を見てみると、1995年から2015年現在にかけて、減少傾向が続いています。1995年には約108万人の人口を有していましたが、大阪府や京都府などへの人口の流出が見られ、2015年7月現在では100万人を下回りました。県庁所在地である和歌山市においても、1980年頃から人口の減少傾向が続いています。和歌山県では人口の約40%が和歌山市に集中しており、同市は県内のプライメイトシティ(一極集中型都市)となっています。

和歌山県の一戸建て物件の成約件数は、2013年には落ち込んでいましたが、2014年初頭から増加傾向が見られるようになりました。平均坪単価を見てみると、2014年のデータでは164,443円となっています。2013年から2014年にかけては2.52%下落しており、1992年から23年連続の下落となりました。全域的に地価の下落傾向が見られる和歌山県ですが、有田郡広川町については2013年から2014年にかけて6%ほど地価が上昇しています。また、和歌山市・田辺市の一部地域でも、8%以上の地価上昇が確認されています。

和歌山県では全域的に地価の下落傾向が見られますが、2014年から2015年にかけては公示地価・基準地価の下落幅が小さくなると予想されています。また、不動産取引価格については2013年から2014年にかけて上昇傾向が見られたため、今後一戸建て物件の売却額・査定額が上昇する可能性は考えられるでしょう。ただし、有田郡や東牟婁郡などの郊外では、2013年から2014年にかけて地価が大きく下落しているエリアも見られます。郊外の一戸建て物件については、地価が下がりきる前に売却する選択肢も考えておくことが望ましいでしょう。和歌山市については、今後も地価の下落がある程度続くと見られています。人口流出に歯止めがかからない限りは、地価が上昇傾向に移ることは難しいでしょう。

和歌山県の一戸建て価格比較

和歌山県の中古一戸建ての間取りは、2LDKや4LDKなどがあります。相場価格は500万円未満の物から高くても約4000万円ほどとなっています。有田郡有田川町の相場価格が比較的安く、380万円から1280万円となっていて、中心部の和歌山市の相場価格は、約1000万円から2000万円で海南市とほとんど差はありません。

和歌山県の一戸建て取引件数推移

関西地区で一戸建てを探す時、騒々しくなくて静かに暮らせるところを探すのはとても難しいものです。ですから、自然も豊かで暮らしやすい和歌山県の中古一戸建てが注目です。和歌山県は海も綺麗なので、アウトドアが好きな家族にも最適です。田舎過ぎでもないので、生活に不便のない中古一戸建てを見つけるにもいいでしょう。

和歌山県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

和歌山県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった和歌山県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

和歌山県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

和歌山県の和歌山市や海南市、橋本市など、和歌山県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

和歌山県の一戸建て・家の売却エピソード

A. Mさんの場合
和歌山県
1LDK
築18年

和歌山県で一戸建ての売却を検討した時、最初はやはり大手の不動産の方が知名度があるからいいかなと思って依頼しました。しかし、物件が田舎だったせいか、なかなか決まらなかったため、今度は地元の不動産にしてみました。地元の利で、このあたりの相場や周囲の環境に関する情報を知っていたためか、3ケ月目になんとか売却が決まりました。駅前の土地を売却した知人は、大手さんで話が決まったと言っていましたので、場所にもよるかもしれません。今回は地元の不動産でよかったと思います。

H. Iさんの場合
和歌山県
5LDK
築18年

和歌山県に住んでいますが家族の都合で大阪に引っ越すことになりました。大阪で新たに住まいを購入するには今の一戸建ての住宅を売却しないと予算的に無理があります。そのため、不動産屋に相談し、近隣の相場を教えてもらいました。過去の実績の資料を基に説明してくれましたので説得力があり納得しました。思っていた金額と少し違いましたが、営業の方の説明を十分理解できていましたので、後から後悔することもなく満足できる取引でした。

R. Mさんの場合
和歌山県
2DK
築49年

和歌山県の一戸建てを売却した理由は、遠方に住む子供夫婦との同居が決まった事です。売却時の相場はどのくらいかなどという事はこれまで考えた事がありませんでしたが、不動産会社で査定をしていただいた所、結構な高値がつく事が判明しました。不動産業者は敷居が高い印象がありましたが、スタッフの方は皆親切で分からない事についてもきちんと説明をして頂きました。築年数がかなり経過しているため、購入者はリフォームをした方が良いとの事ですが、広さは十分なので確実に売却できるだろうという言葉をいただきとても安心しました。

和歌山県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ