北海道の中古一戸建て売却査定・相場

北海道専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で北海道の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で北海道の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

北海道の一戸建て売却価格推移

北海道の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった北海道の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

北海道の一戸建て価格相場の比較

北海道で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超279233265167824330271378103
〜220m²26316334255123
〜200m²403256381963113
〜180m²31425152267311
〜160m²211815289222
〜140m²1816121616111
〜120m²1622101521
〜100m²116633
〜80m²102112
〜60m²53
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの北海道における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

北海道の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

北海道の一戸建て売却に強い不動産会社例

北海道の不動産売却に関する情報を見る

北海道の一戸建て・家の最新売却動向

北海道の一戸建ての売却動向

北海道は全国の都道府県の中で最も広い面積を有しており、その面積は83,424平方キロメートル(2015年7月現在)に及びます。ただし、面積の割に人口はそれほど多くはなく、2015年3月の調査では約540万人とされています。北海道の人口は道庁所在地である札幌市に集中しています。札幌市は政令指定都市にも指定されており、北海道の行政・経済の中心地として機能している都市です。札幌市のほかに人口が多い都市としては、函館市や旭川市、釧路市などを挙げることができます。北海道はこれらの都市に人口が集中しているため、これらの都市から離れている自治体は、慢性的な過疎に悩まされている傾向が見られます。地域の特色としては、1年を通して比較的気温が低い点や、降雪量が多い点などを挙げることができます。中には、札幌市のさっぽろ雪まつりのように、寒い気候や降雪量を活かして観光業に力を入れている自治体も見られます。

北海道の一戸建て物件の成約件数は、2014年1月〜9月までは増加傾向にありましたが、2014年10月から少しずつ減少傾向が見られるようになりました。北海道全体の平均坪単価については、2014年の調査で127,494円となっています。エリア別に見てみると、最も平均坪単価が高いのは札幌市中央区の306,857円です。札幌市に関しては、ほとんどのエリアで平均坪単価が2013年よりも上昇しました。しかし、北海道の札幌市以外については、ほとんどの自治体で平均坪単価が2013よりも低くなっています。特に、高齢化や過疎化が懸念されているエリアでは、3%〜5%のように大きく平均坪単価が下落している傾向が見られます。

札幌市に関しては、道外からも多くの人が流入してきているため、中古一戸建て物件の需要は低くありません。ただし、近年の平均坪単価の推移を見ると、今後売却額がさらに高くなる可能性があります。そのため、一戸建て物件を高い売却額で売りたい方は、坪単価や路線価の変動に着目し、しっかりとタイミングを見極めることが大切になるでしょう。札幌市以外のエリアに関しては、今後も平均坪単価の下落が続く恐れがあります。特に、人口の流出が激しいエリアの一戸建て物件を売却する場合には、売却する時期を慎重に見極める必要があります。ただし、中には上川郡のように、一時的に平均坪単価が急上昇しているようなケースも見られます。一戸建て物件を所有しているエリアの観光業・開発計画の進み具合などにも、目を向けることが大切になるでしょう。

北海道の一戸建て価格比較

北海道は全体的に見ると人口密度も少なく、土地も沢山あるので土地価格的にお安目です。 そのため中古一戸建ての住宅もピンキリで道東方面では1000円/坪という土地もあり、その場合昭和後期の住宅で300万円というのも少なくありません。しかし、札幌中心部では100万円/坪という土地価格で10000万円越えの住宅も多く、他県と比べてもその幅が広い地域です。

北海道の一戸建て取引件数推移

北海道は総人口600万人ほどに対し、札幌市に200万人ほども集まっているので道央・道南に住宅が集中しています。 そのために中古一戸建て住宅の価格帯も同じ築年数であっても100万円〜数千万円まで幅広いのが特徴です。 取引推移はというと道内平均して横ばい状態が続き、ベッドタウンでは右肩あがりや旧産炭地・山間部では急激な落ち込み後過去5年間では落ち着いているというのが現状です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

A. Sさんの場合
北海道
 
 
5DK
 
築41年

長年、北海道の札幌市の一戸建て住宅で暮らしてきましたが旭川に気に入ったログハウスの中古住宅が売りに出されていたことから転居を考えました。不動産屋に行く前に、市場の動向や価格などを事前にインターネットで調べ、自宅の大まかな評価額を頭に入れて商談を開始しました。少しでも高く売却したい意向を担当者に伝えましたが、最近の取引実績を見せられ自分の考えていた金額と少し開きがあることがわかりました。やはり、時価での取引なのでネットで調べた過去のものとは違うことが分かりました。結局自宅は、担当者の査定した金額で無事売却が出来、今はログハウスで快適な暮らしを送っています。

H. Oさんの場合
北海道
 
 
3LDK
 
築16年

北海道の一戸建ての査定と相場をインターネット情報で知り、またイノベーション等の新しい活用法を知り、不動産会社に相談しました。わたしの知りたいことに対して的確に具体例を示して説明してくれました。北海道の一戸建ても素晴らしい活用ができるように思えました。不動産会社の担当者はアイディアとユーモアに富んだ話術で改築された建物のメリットを教えてくれました。さすがプロの目線です。契約し、納得する価格で売却できました。

H. Nさんの場合
北海道
 
 
2LDK
 
築22年

北海道のとてものどかなところに一戸建てを建てて、ずっと住んでいました。あまりにのどかなところで、まわりはお店ひとつないところでしたが、住むには文句ないところでした。しかし、事情で引越すことになりました。それで、今の家は売却することにしました。地元の不動産会社の査定によると、家の状態がとても良いため、相場よりも高い金額を付けてくれました。査定をしてくれた担当者は、自分が住みたいくらい、良いところと言ってくれました。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

北海道一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で北海道の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で北海道の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。