佐賀県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

佐賀県の一戸建て・家の最新売却動向

佐賀県の一戸建ての売却動向

佐賀県は約2,440平方キロメートルの面積を有しており(2015年7月現在)、県内には約83万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。人口密度は1平方キロメートルあたり340人であり、九州地方の都道府県の中では2番目に高い数値となっています。県北部の主要都市は唐津市、県南部の主要都市は佐賀市であり、この2つの都市に人口が集中しています。しかし、いずれの市においても1990年代から人口の減少が続いており、福岡県などの都心部へ人口が流出しています。県内には豊富な自然が残されており、玄海国定公園など自然を活かした観光スポットも少なくありません。第一次産業に従事している労働者の割合が比較的高く、農業・水産業が盛んな県として知られています。

佐賀県の2014年の平均坪単価は、101,392円とされています。全国の都道府県の中では第43位であり、前年にあたる2013年と比較すると2.57%の下落となりました。佐賀県では1993年以降地価の下落傾向が続いており、佐賀市や鳥栖市・伊万里市などの主要都市でも2〜3%前後の下落幅となっています。武雄市や吉野ヶ里町など、一部地価の上昇が見られる地域も見られますが、全体的には地価が下落した地域の方が多くなっています。ただし、鳥栖市に関しては九州の物流拠点として注目度が上がってきており、企業の進出が見られます(2012年時点)。そのため、今後鳥栖市では住宅の需要が伸びる可能性が考えられるでしょう。

佐賀県は全域的に人口の流出が見られるため、鳥栖市など一部地域を除いて、今後しばらくは地価の下落が続くと予想されます(2015年7月現在)。特に姫野市・伊万里市に関しては、2013年から2014年にかけて地価が6%以上下落した地域も見られるため注意が必要となります。一戸建て物件の買い手が見つからない可能性もあるため、姫野市・伊万里市に関しては早めに行動を起こす必要があるでしょう。鳥栖市に関しては、2013年から2014年にかけて既に地価が上昇している地域がいくつか見られます。具体的な地域としては、弥生が丘・蔵上などを挙げることができます。主要道路沿いや駅の付近など、物流に有利な地域については、今後も地価の上昇を期待できる可能性があるでしょう。

佐賀県の一戸建て価格比較

佐賀県の中古一戸建ては福岡に比べても安くなっています。1000万円台の購入しやすい物件が都市部でも多くあるのが佐賀の特徴になっています。駅から近く優良な物件も福岡や長崎の近隣の県と比べても安くなっているので佐賀県で中古一戸建てを購入したい人には求めやすい条件が整っているのでおすすめできます。大きく物件の価格が上がっていない今が求めるチャンスになっています。

佐賀県の一戸建て取引件数推移

佐賀県では、土地の価格、建物の価格ともに、年によって多少の上下動はありますが、概ね安定しています。中古一戸建ての取引は、佐賀市と鳥栖市を中心にした地域で多く見られますが、その件数もあまり変化がありません。傾向としては、駅からある程度近いものが好まれたり、あまり大きな建物が動きにくくなったりということが見られます。

佐賀県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

佐賀県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった佐賀県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

佐賀県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

佐賀県の佐賀市や唐津市、鳥栖市など、佐賀県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

佐賀県の一戸建て・家の売却エピソード

J. Mさんの場合
佐賀県
4LDK
築45年

佐賀県にある一戸建ての自宅を売却しましたが、始めは本当に売れるのかとても心配でした。仲介に入ってくれた不動産会社の担当の人は、築5年の築浅物件な上にきれいに使っているので、購入希望者はすぐに現われるだろうと言われました。実際売りに出してみたら1か月しないうちに物件の見学希望をする人が現れ、2か月後には売却の手続きをすることが出来ました。駅に近い一戸建てなのも良かった様です。特にトラブルもなく売却できたので一安心です。

T. Iさんの場合
佐賀県
3LDK
築16年

交通の便が今よりよいところに住もうと考えて引越しを検討しました。佐賀県から移るつもりは無く近隣の少し生活の便のよいところを考えていました。移住するにはそれなりの金額が掛かりますので、今住んでいる一戸建てを売却することで賄うことにしました。中古住宅の相場を知る為に地元で幅広く活動している不動産屋に相談に行き、査定を受けることになりました。簡易の査定はその場で出ましたが、精度の高いものは2週間ほど掛かりました。その後、査定額を少し上回る金額で売却できましたので感謝しています。

A. Wさんの場合
佐賀県
3LDK
築49年

実家である佐賀県の一戸建てを手放すことになり、親戚の紹介で売却手続きを全てお願いしました。土地の値段はなんとなく分かっていたのですが、建物の値段は相場がどのくらいなのか全く分かりませんでした。担当の人はとても頼りになる人で、家の査定の際には天井裏から床の下までしっかり潜って調査してくれました。築年数は経っているけれど、柱の材も良い物を使っているし、造りがしっかりしているという事で、期待していた以上の査定額でした。

佐賀県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ