佐賀県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

佐賀県の土地の最新売却動向

佐賀県の土地の売却動向

佐賀県は九州地方の北西部に位置しており、総面積は2,440.64平方キロメートルで、総人口は推計830,776人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり340人となっています。人口、面積とも全国で42位の小さめの都道府県です。佐賀県の人口は、1955年に97万3千人を記録したのをピークに、その後緩やかに増加と減少を繰り返してきました。1995年に88万4千人になり、それ以降は現在に至るまで減少傾向にあります。このままのペースで減少していけば、2030年には74万5千人になると予測されています。

佐賀県の土地単価は、1平方メートル当たり平均30,671円・坪単価101,392円(2014年度)で、前年比はマイナス2.57%の下落となっています。地価は全都道府県中43位、上昇率は38位となっています。バブル経済崩壊直後の1994年以降、20年佐賀県の地価下落は続いており、現在も多くの市町村で下落幅が拡大しているのが現状です。県庁所在地である佐賀市でも地価下落は緩和されておらず、歯止めがかかっていません。一方で、鳥栖市は2011年の九州新幹線・鹿児島ルートの全線開通を受け、九州の物流拠点として注目を集めており、佐賀県の中では不動産取引が活発化しているようです。鳥栖市のように、九州全体で見た時に物流や交通の要衝となれば、土地の取引や成約が盛んになる可能性があります。商業地は昔からの商店街などが多く、軒並み地価下落が拡大しているようです。工業地は佐賀県で地価公示価格の基準点となっているのは、鳥栖市の一点ですが、前述したように物流拠点となっていることから、一時期より回復傾向にあります。

佐賀県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均23,365円・坪単価77,240円(2014年度)で、公示土地単価に対して約23%の差があります。元々の地価が低い状態で、実取引価格がさらに下がっており、土地売却を考える方にはかなり厳しい状況と言えます。高い価格で売ることは考えずに、早めに売却が行えるように買い手をしっかりと見つけることが大切です。今後さらに人口が減少していくことを考えれば、低価格でも今の時点で売却を済ましてしまう方が良いでしょう。

佐賀県の土地価格比較

佐賀県の土地の価格は、3万671円/㎡で、地価ランキング47都道府県中43位です。隣の福岡県は約9万6000円/㎡で九州では最も土地の価格が高いです。福岡県に大きな企業が集中し、佐賀県はそれほど大きな産業がなく、開発は進んでいません。長崎県は約4万5000円/㎡、大分県は約4万2000円/㎡、熊本県は約5万5000円/㎡となっていて、周辺の県と比べ土地の価格は安くなっています。

佐賀県の取引件数推移

佐賀県の土地取引件数の推移を3ヶ月毎の四半期にわけて動向を見ていきますと、各期でおおよそ2000件を超える取引数となり需要も供給も安定している県となります。平成24年の年末にかけて例年よりも取引数の多い2500件の取引となり、平成25年の後半には2750件の取引数を超えるなど、需要も安定した活況のある年となります。

佐賀県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

佐賀県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で佐賀県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

佐賀県の土地の売買・売却ならイエウール

佐賀県の佐賀市や唐津市、鳥栖市など、佐賀県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

佐賀県の土地の売却エピソード

H. Aさんの場合
佐賀県
土地
202平米
61坪

佐賀県で家族のことで、必要になったお金を工面するために、土地を売却することにしました。その売却価格も気になっていましたが、何よりも早くに売却をしたかったのです。査定をして貰った複数の会社の人にその旨を話すと、相場に見合った価格で買取りをしてくれた不動産会社がありました。それは、その時には本当に助かったのです。価格にも何の不満もなく全てがすっきりとして終わることができました。残してくれた親にも感謝しています。

R. Mさんの場合
佐賀県
土地
96平米
29坪

親が佐賀県に住んでいて、少しですが土地を所有していました。親が亡くなり、自分は他県に住んでいて管理も難しいので、売却することにしました。地元ではないので情報が得にくく、複数の不動産会社に査定を依頼しました。そのおかげでおおよその相場もわかりました。最後に決めた会社は、見積りの価格の条件に加えて、最近の佐賀県の土地売買の傾向などを色々と教えてもらえたからです。担当者の方がとてもしっかりしていて、連絡も随時いただけたので、売却完了まで安心しておまかせできました。

M. Hさんの場合
佐賀県
土地
198平米
60坪

佐賀県の土地を売却しました。年をとったので、妻と二人で老人ホームに入ることにしました。子供には面倒をかけたくないので、元気なうちに入所することにしたのです。妻は寂しがり屋ですから、私が先に逝った時が心配です。老人ホームなら友達もできるのではと思っています。それで佐賀県の土地を処分することにしたのです。いわゆる生前整理というものです。子供には残してやるものはありませんが、面倒もかけないで済むと思います。早く売れて良かったです。

佐賀県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ