新築マンションの値引きはできる?交渉のタイミングや相場を解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える
マンションの購入は人生のなかでも大きな買い物ですよね。特に新築マンションはここ数年相場が上がっていることもあり、できることなら少しでも安く購入したいところ。
とはいえ何も考えず値引き交渉をしても、売り主が首を縦に振ってくれないことも少なくありません。値引き交渉のポイントを理解し、賢く新築マンションを購入しましょう

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

新築マンションでも値引きしてもらえる条件とは?

結論から言うと、新築マンションでも値引きをしてもらえる可能性はあります

とはいえどんな物件でも可能なのではなく、値引きをしてもらいやすい条件はいくつかあります。値引きしてもらえる物件を見極めるポイントは以下の4つです。

  1. 完成間近~完成後の物件である
  2. 竣工後モデルルームとして使われていた
  3. 不人気な要素がある
  4. そもそも値引きをしている不動産会社かどうか

それでは、1つずつ解説していきます。

完成間近~完成後の物件である

中古住宅が増えてきているとはいえ新築マンションは未だに人気があるため、価格交渉は簡単ではありません。新築の場合竣工前から宣伝が始まりますが、狙い目は完成している物件です。完成しているのに未入居の状態が続いている物件は在庫扱いになり、業者としても早く売却してしまいたいからです。

未入居の状態のまま近隣に競合他社の新築マンションが販売されたとしたら、ますます売れない可能性が出てきます。そのため業者は在庫を嫌い、値引きを行うことが多いのです。

竣工後モデルルームとして使われていた

竣工後、売れ残った部屋をモデルルームとして活用している業者も少なくありません。モデルルームは多くの人が出入りし、玄関や窓などもたくさん開け閉めされるでしょう。純粋に新築のままではありません。

このような物件は、広告などにモデルルーム価格と紹介されている場合もあります。ただし、値引き交渉以前に値引きされていることも多いので、あらかじめ確認するようにしましょう。

不人気な要素がある

交通アクセスが良かったり商業施設が栄えているエリアは新築でも中古でも人気があります。ほかにも、駅近の物件や角部屋、高層階など、マンションにはある程度人気のある条件が決まっているものです。

逆にいえば、都心から離れている駅や、1階、北向きの部屋などの物件は人気のあるマンションに比べると売れにくい傾向があるため、値引き交渉に応じてくれる可能性も高いと言えるでしょう。

ただし、「値引きをしてもらえるマンション」を優先して、本当は住みたくない物件を選ぶのは本末転倒です。人気があってもなくても、住みたいと思える物件を選ぶようにしましょう。

そもそも値引きをしている不動産会社かどうか

また、不動産会社によっては会社の方針でそもそも値引きに応じていないところもあります

特に大々的に宣伝しているマンションであったり、その会社の顔となるようなブランドマンションの場合、安易に値下げをすると価値を下げてしまうことになりかねません。過去に値下げに応じているかどうかをインターネットなどで事前に調べておくと良いでしょう。


新築マンションの値引き交渉が出来るタイミング

 class=

1章で紹介した条件のほかにも、不動産会社的に「値引きしてでも売りたい」というタイミングがあります。

決算月である3月

決算日は、値引き交渉がしやすい時期の1つです。一般的に不動産業者は3月が決算月となります。この決算日を狙うことを考えれば、2月の末ぐらいのタイミングで購入希望の交渉をはじめたほうがよいでしょう。

業者の営業マンもノルマに追われている可能性があります。プレッシャーにより、決算日のタイミングで値引き交渉に対応してくれることがあるのです。

ただし、どの業者でも通じるわけではありません。担当者の考え方や会社の方針によって左右されるので気をつけましょう。また、引渡日が決算日より後日になれば意味がないので注意が必要です。

残っている戸数が少ない

残っているのがわずかの戸数なら、業者も一気に販売してすっきりしたいと考えるものです。ただ、なかなか売れなければジレンマに陥ります。

そのタイミングで値引き交渉をすれば、普段は応じない条件であったとしても完売を優先させて値下げしてくれる可能性が上がるでしょう。狙っているマンションがあれば、戸数の状況を逐一チェックしておくことをおすすめします。

完成してもうすぐ1年が経過する

一般的に、マンションは時間が経過すると価値が下がります。

売り手も、売りに出したばかりの時はまだ余裕があるでしょう。しかし、建物が完成して1年以上経過すると「新築マンション」としての販売ができなくなってしまうため、不動産会社としてはできれば新築のうちに売っておきたいというのが正直なところです。

したがって、完成してからもうすぐ1年が経つ……というタイミングなら、値引きに応じてもらいやすくなるでしょう。

新築マンションの値引き相場

新築マンション値引き

新築マンションの購入価格を値引いてもらうこと自体は決して無理な話ではありません。ただし、あまりにも無茶な値引きを要求してしまうと「それはさすがに……」ということで断られてしまう可能性も。

値引き交渉をする前に、どのくらいが相場なのかを知っておくようにしましょう。

値引きの相場は1割程度

正直にお伝えすると、どのくらい値引いてもらえるのかは不動産会社や物件によって異なります。ですが、一般的には元の価格の1割程度が相場でしょう。

長い間売れ残っているマンションなら2~3割値引いてもらえる事例もあるようですが、ここまでの大幅な値引きはなかなか難しいのが実際のところです。

景気によって値引きのしやすさは変わる

また、景気状況によっても値下げ交渉のしやすさや、どのくらい値引いてもらえるかは変わります。

景気が良いときは住宅購入者が増え、新築マンションも売れやすくなるため値引きをする必要はないと考える業者が多くなります。一方で景気が悪くなると人々の財布の紐も固くなり、売れ行きが悪くなるため値下げが起こりやすいのです。

住み替えを検討している方は、値引き交渉をするよりも今の家を高く売ることで支出を減らす方法もあります。一括査定サービス「イエウール」なら、無料で複数の不動産会社に査定依頼が可能です。


狙ったマンションを値引きしてもらうためのコツ

本気度を示す

マンションの値引き交渉を成功させたいなら本気度を示すことが大切。具体的には、仲介業者の営業マンに「少し値下げをすれば絶対に買ってくれるだろう」と思ってもらえれることが重要です。そのとき、ただ、言葉だけではなく態度で示しましょう。

たとえばローンの事前審査を済ませていることも本気度を示せます。せっかく値引き交渉が成功したのに、ローン審査で落ちてしまえば契約はなくなります。売り主も仲介業者も安心できる人にマンションを売りたいと考えているのです。

「端数切り」なら応じてもらいやすい

不動産業界でよくある価格交渉のパターンとしては、下二桁をカットしてもらう「端数切り」が有名です。

3980万のマンションであれば、80万円を引いてもらって3900万円なら買う、などの交渉なら比較的通りやすいでしょう。場合にもよりますが、このような端数分の交渉は不動産会社側としてもある程度想定内なのです。

エリアの相場を事前にチェックしておく

マンションの値段にも相場があります。同じエリアに似たようなマンションがあれば、どれだけの売却価格なのかチェックしましょう。

売りに出されているマンションが極端に高ければともかく、大体他の物件と同じなら、よほどの事情がなければ値引きは困難です。かろうじてできたとしても、期待する金額の値引きはむずかしいでしょう。

相場を知れば、値引きを頼む根拠にもなります。また、相場より高い価格で売られている場合は、その理由を業者に聞いてみましょう。住宅ローンが残っているなど、理由がある場合も少なくありません。

値引きを断られたときの代替策

これまで新築マンションを値引きするためのコツをお伝えしてきましたが、すでに値引きを織り込んだ状態で価格設定をしている場合などは断られてしまうことももちろんあります。

どうしても値引きしてもらえない場合、そのほかに価格を抑える方法をご紹介します。

オプションをつけてもらう

マンションによっては、ある程度の値引きを想定した価格設定をしているものもあります。その場合、金額を値引くことは難しくてもオプションをつけてもらう、モデルルームなら家具をつけてもらうなど金額以外のところでサービスしてくれる不動産会社もあります。

交渉を持ち掛けてみて、「これ以上値下げしてもらうのは難しそうだな……」と思ったらオプションの方でサービスをお願いできないかどうか聞いてみるのも手ではないでしょうか。

初期費用を安く抑える

新築マンションの購入時にかかる費用は物件代だけではありません。一般的に購入価格の3~5%ほどの初期費用が別途かかると言われており、初期費用を節約することで結果的に購入費用を抑えることが可能です。

たとえば、住宅ローンを借りる際の手数料。不動産会社から紹介された金融機関をそのまま使う人もいるかもしれませんが、金融機関によって手数料の金額が変わってくるので自分で調べておき、手数料の安い金融機関を利用するのがおすすめです。

新築マンションの購入費用については、こちらの記事もご覧ください。
新築マンション購入の初期費用ってどれぐらい?

住み替えなら、今の家を高く売る方に注力しよう

今住んでいる家を売って新築マンションの購入を検討している場合、今の家を高く売却することで住み替え全体にかかる支出を減らすことが可能です。

高く売るためには複数の不動産会社に査定してもらうことが重要。1社だけの査定だとその価格が適正かどうか判断がしにくく、「本当はもっと高く売れたのに……」と泣きを見てしまうこともあります。

査定をするなら、不動産一括査定サービスの利用がおすすめです。インターネット上から無料で複数の不動産会社に査定申し込みができ、あなたにぴったりの不動産会社に出会うことができます

一括査定をするなら、提携会社数No.1の「イエウール」をぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

まとめ

いかがでしたでしょうか? 新築マンションであっても、条件を見極めて交渉すれば値引きに応じてくれることも十分あり得ます。時期や交渉方法に気を付けつつ、お目当てのマンションを少しでも安く購入できるように有利に進めていくと良いでしょう。

また、住み替えの場合、新しいマンションを安く買うよりも、古い物件を高く売った方が結果的にお得というケースもあります。

今住んでいる物件がいくらで売れるのかまだ調べていないなら、一度不動産会社に査定してもらってみてはいかがでしょうか?一括査定サイト「イエウール」
を使えば、無料で複数の不動産会社に査定を依頼でき、どのくらいの価格で売れるのか比較することが可能です。

住み替えは長い目で見て資金計画を練ることが重要。いくらで売れるのかを知ってから、値引きが必要かどうかを考えて物件探しをすることをおすすめします。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?