シングルマザーもマンションを購入できる!必要な年収や注意点

シングルマザーもマンションを購入できる!必要な年収や注意点

女手一つで子どもを育てているシングルマザーのなかには、マンションを購入して毎月の家賃負担を減らしたり、子どもに資産を残してあげたりしたいと考える人もいるでしょう。マンション購入を検討するシングルマザーのほとんどが住宅ローンを組むことを考えているかもしれませんが、片親であることがローン審査で不利になることはあるのでしょうか。

この記事では、シングルマザーがローンを組むために押さえておきたい審査項目と、必要な年収や注意点について紹介します。住宅購入を検討しているシングルマザーは、ぜひ参考にしてみてください。

はじめてのマンション購入をを考えの方はまずはこちらの記事をご覧ください!
マンション購入の注意点を解説!物件選びから内覧・契約時に注意するべきことは?

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

シングルマザーでもマンションを購入できる

大前提として、そもそもシングルマザーでもマンションを購入することはできるのでしょうか。まずは、その可否と住宅ローン審査で重要視される項目について詳しく見ていきましょう。

シングルマザーが住宅ローン審査で不利になることはない

結論から言いますと、片親であることが住宅ローン審査で不利になることはありません。そのため、シングルマザーでもマンションを購入することは可能です。

近年は女性がローンを組みやすいよう、女性向けの団信特約がついた商品や、子育てを応援するサポートサービスが付帯した商品も増えてきており、シングルマザーでも安心してマンションを購入できるようになりました。

そもそも、住宅ローンの審査基準に「既婚・未婚」や「男性・女性」といった項目はありません。ほかの人と同様、返済能力や信用情報など一定の条件を満たせれば、住宅ローンを組んでマンションを購入できるのです。

シングルマザーが住宅ローンで審査される項目

それでは、住宅ローンの審査で重要視される項目は何なのでしょうか。平成31年に国土交通省が行った調査では、住宅ローンの審査で評価される項目は、重要度順で以下の通りでした。[注1]

  1. 健康状態(98.6%)
  2. 借入時年齢(98.3%)
  3. 完済時年齢(97.7%)
  4. 担保評価(97.2%)
  5. 勤続年数(95.7%)
  6. 年収(95.6%)
  7. 連帯保証(94.9%)

この審査基準は、独身であってもシングルマザーであっても、子どもがいる夫婦であっても同じです。このほか、雇用形態や返済負担率、金融機関の営業エリアなどを考慮する金融機関も多いです。

審査基準は金融機関によって異なりますが、シングルマザーであっても健康状態や返済能力に問題がないことをアピールできれば、マンションを購入することはできます。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

シングルマザーがマンションを購入するのに必要な年収

前項では、シングルマザーがマンションを購入するためには、返済能力があることをアピールすることが肝心だとお伝えしました。返済能力と密接に関係しているのは「年収」ですが、一体どれほどの年収があればマンションを購入できるのでしょうか

ここからは、シングルマザーがマンション購入をするときに必要となる年収について紹介します。

最低でも150万円以上の年収が必要

国土交通省が行った「平成30年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」によると、年収を審査項目にしている金融機関では、以下の金額を審査水準としていました。[注1]

1.100万以上(292)
2.150万以上(586)
3.200万円以上(71)
4.250万以上(11)
5.その他(210)
※()内は回答した金融機関の数

もっとも多いのが150万円以上で、その次に多いのが100万円以上という結果でした。

厚生労働省が平成28年に行った調査では、シングルマザーの平均年収は243万円だということがわかっています。[注2]大体100~150万円からでも住宅ローンを組める金融機関があることから、シングルマザーが住宅ローンを組んでマンションを購入することは、決してハードルの高いことではないことがわかるでしょう。片親だからとマンション購入を諦めず、チャレンジしてみることをおすすめします。

ただし、実際に年収100万円のシングルマザーが住宅ローンを返済することは、現実的に難しいでしょう。そのため最低でも年収150万円、可能であれば年収200~300万円程度になってから住宅ローンを組んだほうが、余裕をもった計画的な返済を目指せます。

自分の年収でいくら借り入れられるか気になっている方は、マンション購入に適した年収は?購入価格の目安やローンについて徹底解説!をご覧ください。

マンション購入のときは返済比率が重要

シングルマザーは最低150万円以上からマンション購入が可能だと紹介しましたが、「住宅ローンを借りられること」と「実際に返済ができること」は別物です。

住宅ローンの審査をするときは、年収に占める返済額を示す「返済負担率」が重要視され、無理のない返済負担率に収めることが求められます。金融機関によって異なりますが、返済負担率は以下の数字を目安にするといいでしょう。

額面年収 返済負担率の目安
100万円以上300万円未満 20%
300万円以上450万円未満 30%
450万円以上600万円未満 35%
600万円以上 40%

ただし、この年収負担率は金融機関が審査をするときの数字で、無理のない返済を目指すときはやや高めの水準になっている点に注意しましょう。

たとえば年収300万円のシングルマザーの場合、審査に通る返済負担率は30%となり、年間90万円、月間7万5,000円程度の返済が必要になります。しかし、年収300万円の手取りは240万円程度で月収20万円となるため、住宅ローンの返済額を差し引くと12万5,000円しか生活費残りません。これでは貯蓄をすることが難しく、子どもやご自身に何かあったときに金銭的な余裕がなくなってしまうリスクがあるのです。

そのため、シングルマザーがマンションを購入するときは、現実的に支払いを続けられる返済負担率に設定することが大切です。人によって異なりますが、返済負担率が手取りの20~25%ほどになるように借り入れをすると、万が一のために備えながら余裕を持った返済計画を立てられます。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

シングルマザーがマンションを購入することのメリット

シングルマザーがマンションを購入することは、決して不可能なことではありません。しかし「本当にマンションを購入すべきなのか」「賃貸のままのほうがいいのではないか」と、購入を迷っている人も多いでしょう。

そこで、ここからはシングルマザーがマンションを購入するメリットについて紹介します。ぜひご自分に当てはめながら読み進め、マンションを購入したほうがいいのかどうかについて検討してみてください。

賃貸よりも金銭的負担を減らせる

シングルマザーがマンションを購入すると、多くの場合で賃貸よりも金銭的負担を減らせます。マイホームの購入というと高額な費用がかかることをイメージされるかもしれませんが、たとえば同じ条件の2LDKの物件を比較してみると、賃貸物件よりも中古マンションのほうが月々の支払いは安いケースが多いのです。

もちろん、管理費や修繕積立金、固定資産税などの費用はかかります。しかし、マンションは自己資産になるため、いくら家賃を払っても何も残らない賃貸と比べると最終的にはお得だと言えます。

もしも今住んでいる住宅の家賃が高いことにお悩みなら、一度マンションの購入を検討してみるといいかもしれません。

防犯効果が高い物件に住める

分譲マンションにはオートロックや監視カメラ完備の物件が多く、なかには管理人が常駐している物件も多いです。お手頃価格の分譲マンションであってもセキュリティ対策が手厚い物件が多いため、シングルマザーが安心して暮らせる住宅が手に入るというメリットもあります。

賃貸物件でもセキュリティ対策が手厚いマンションはありますが、そのぶん家賃は高くなってしまいます。住民が長く住むことを想定している分譲マンションのほうが、安い管理費で手厚いセキュリティ対策の恩恵を受けられる傾向にあるのです。

子供の成長に合わせて自由にリフォームができる

マンションを購入すれば、専有部分である室内を自由にリフォームできます。賃貸物件では好きなようにリフォームすることはできないため、この点は大きなメリットでしょう。

マンションの管理規約で定められた範囲内にとどめる必要はありますが、子供の成長に合わせて室内をカスタマイズ可能です。より子供とのかけがえのない思い出をたくさん作れるようになるため、シングルマザーのマンション購入はおすすめなのです。

万が一のときに子供への負担を減らせる

住宅ローンを組むときは、「団体信用生命保険(団信)」に加入することになります。この保険は、債務者が死亡したり高度障害状態になったりしたとき、保険金で住宅ローンの残債を返済できる保険のことです。

健康状態によっては加入できないこともありますが、団信に入ってマンションを購入すれば、万が一親が死亡したり障害状態になったりしたとき、住宅ローンの返済が不要となります。

また、住宅ローン完済後は家賃が不要となるので、老後に子供へ迷惑をかける心配がなくなります。将来的に子供へ負担をかけるリスクを減らせる点も、マンション購入の大きなメリットです。

子どもに資産を残せる

マンションを購入しておけば、将来子どもに資産を残せるというメリットもあります。

住宅ローンを返済してしまえば、そのマンションは自分の所有物となります。将来子どもに相続させることも可能ですし、賃貸に出して不労所得を得ることもできるでしょう。

賃貸物件の場合、いくら高い家賃を支払っても子どもに不動産を残すことはできません。せっかく住まいにお金を支払うのであれば、将来資産となる物件購入にお金をかけたほうが、結果的にはお得になります。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

シングルマザーがマンションを購入する際の注意点

シングルマザーがマンション購入をすることには多くのメリットがありますが、そのメリットを享受するためには3つの注意点を踏まえて物件購入を進める必要があります。

最後に、シングルマザーがマンションを購入するときの注意点について見ていきましょう。

住宅ローンの審査で不利になることはしない

シングルマザーがマンションを購入するためには、まず住宅ローンの審査に通らなくてはなりません。住宅ローンの審査に通るためには年収や返済負担率、健康状態が肝心だと説明しましたが、審査で不利になる行為をしないことも大切です。

たとえば、以下のような行為は住宅ローンを不利にしてしまう一因となるため注意しましょう。

・審査時の申告で嘘をつく
・多額のキャッシングやカードローンを利用する
・クレジットカードや公共料金などの支払いを延滞する
・転職を繰り返す

とくに、審査中に借り入れをしてしまったり支払いが滞ったりすると、審査に大きな影響を与えます。住宅ローンの契約が終わるまでは、新しい借り入れや支払いの延滞、転職などを避けるようにしましょう。

引っ越しをしにくくなる

当然ですが、マイホームを購入すると引っ越しをしにくくなります。そのため、ずっと住み続けられる物件を購入することが、シングルマザーのマンション購入では非常に重要となります。

・病院へのアクセスがいい物件に住む
・小学校や中学校の近くに住む
・職場の近くに住む
・治安のいい場所に住む

人によって重要視するポイントは異なりますが、仕事と家庭を両立して日常生活を送りやすい物件を選ぶようにしましょう。暮らしにくい物件を選んでしまうと、せっかくマンションを購入しても早々に手放すことになります。

「この物件なら引っ越しをしなくても生活ができるか」についてしっかりと判断し、後悔しない物件を選んでください。

維持費がかかる

マンションを購入したあとは、ローンの返済はもちろん、固定資産税や管理費、修繕積立金の支払いが必要となることを理解しておきましょう。たとえローンの返済が終わっても、こういった費用はかかり続けます。

ローンの返済額だけを想定してマンションを購入してしまうと、思わぬ出費で生活費が圧迫されてしまう恐れがあります。必ず「年間でトータルいくら必要なのか」を計算のうえ、マンションを購入してください。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

シングルマザーでもマンションを購入可能

シングルマザーであっても、返済能力があることをアピールできればマンションを購入することは可能です。片親であることで審査が不利になることは決してありませんので、マンション購入を検討している人は、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし、住宅ローンを組む場合は返済比率や健康状態、勤続年数などのいくつかの項目が審査されます。今回紹介した情報をしっかりと押さえ、スムーズかつ無理のない住宅ローンの契約を進めていきましょう。

[注1]国土交通省|平成30年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書

[注2]厚生労働省|平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し