静岡県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

静岡県の土地の最新売却動向

静岡県の土地の売却動向

静岡県は約7,778平方キロメートルの面積を有している県であり(2015年7月現在)、県内には約368万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。県域は東西に広がっており、関東地方と東海地方をつなぐ役割を担っています。静岡県内の人口推移を見てみると、2005年から2015年にかけて減少傾向が続いています。特に郊外部では人口の流出が激しく、高齢化・過疎化に悩まされている地域も少なくありません。静岡県の主要都市としては、静岡市・浜松市を挙げることができます。静岡市は県中央部の中心都市、浜松市は県西部の中心都市としての機能をそれぞれ果たしています。

静岡県の土地の成約件数は、2014年中頃には一時的に落ち込みましたが、それ以降は1年間安定している傾向が見られます。岐阜県全体の地価については、2013年〜2014年にかけて0.76%の下落となりました。2014年の平均坪単価は290,454円、全国の都道府県の中では第11位の平均地価となっています。特に地価が高い地域としては、静岡市全域・三島市・浜松市中区を挙げることができます。2013年〜2014年にかけては、いずれの地域でも地価の変動は横ばいとなっています。土地の需要については、2011年3月に発生した東日本大震災の影響によって、海岸部の需要が低下傾向にあります。静岡市・浜松市でもこの傾向は見られ、海岸部の地価の下落幅が拡大しています。

静岡市については、葵区や駿河区の地価が比較的安定しており、特に葵区は全域的に高い売却額を期待できる状況となっています(2015年7月現在)。地価上昇率はそこまで高くありませんが、住宅地・商業地の需要が安定しているため、葵区・駿河区に土地を所有している方は売り時が近づいていると判断しても良いでしょう。浜松市については、中区・浜北区の地価が下げ止まりの状態になりつつあります。特に浜北区は人口が増えている地域であるため、住宅地の需要も伸びる可能性が考えられます。浜松市の南区・沼津市・榛原郡など、中には2013年〜2014年にかけて地価が大きく下落した地域も見られます。海岸沿いの土地に関しては、今後も地価の下落が続く可能性が考えられるため、早めの売却を意識することが大切になるでしょう。

静岡県の土地価格比較

静岡県の土地価格は8万7862円/m2になっていて、全国で見ると11位になっています。隣り合っている神奈川県と愛知県の価格は全国でもトップレベルで高くなっていて、倍近くになっています。対して長野県は半分ほど低くなっており、経済や人口推移の状況がはっきりと伝わっています。ただし価格の上昇率は中ほどとなっています。

静岡県の取引件数推移

静岡県の土地取引件数推移は前年度と比較してマイナス6.87パーセントとなっていて、2006年にもっとも高くなっていましたが、それからしばらくは同様の流れとなっています。ただしこれは全国の地方都市も同様となっていて、東京、大阪、神奈川以外は全体的に似たようなものとなっていて、静岡の場合はそれよりも高めの値になっています。

静岡県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

静岡県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で静岡県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

静岡県の土地の売買・売却ならイエウール

静岡県の静岡市葵区や静岡市駿河区、静岡市清水区など、静岡県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

静岡県の土地の売却エピソード

T. Sさんの場合
静岡県
土地
162平米
49坪

静岡県の土地を手放すことになった理由は不動産会社のすすめでした。そのころは不景気で商売も売上が伸びず、赤字続きで夫婦仲も険悪でした。不動産会社は土地の相場からしっかり査定をしてくれました。売却するまでには長い期間がかかりましたが誠実な対応を持ち続けて、真剣に商売のことも考えてくれました。売却価格も納得できました。静岡県の人情あふれる対応を知りました。商売一筋で頑張ってきた自分にはいい経験になったと思っています。

Y. Mさんの場合
静岡県
土地
66平米
20坪

静岡県で土地を売却しようと思い、そこで、一体どのくらいの価値があるものなのかということを、不動産会社に査定を依頼する前に、簡単にインターネットでも出来るというのを聞いたのでしたり、チラシなどに出ている土地の価格を一応見て、大体の価格を予想して、複数の会社に査定をしてもらいました。価格はそれほどの違いは各社には無かったのですが、担当をしてもらった方で感じの良い人がいた所に最終的には依頼しました。あっという間に決まって売れたのです。

S. Tさんの場合
静岡県
土地
112平米
34坪

遺産相続で静岡県にある土地をもらいましたが、私はすでに他県で家を購入しているので売却することにしました。そのために私が考えたのは静岡県の土地の平均売却相場をし知ろうと思いました。その上で私の相続した土地を査定してもらいました。静岡県は地価は2012年をピークに下がっていますのでもっと下がらないうちに早く売ってしまおうと思いました。そこで一括で何件かに査定してもらえるサイトを利用しまいした。結果、少しでも高く売ることができて良かったです。

静岡県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ