長崎県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

長崎県の土地の最新売却動向

長崎県の土地の売却動向

長崎県は九州地方北部最西端にある都道府県です。総面積は4,132.32平方キロメートル、総人口は推計1,376,647人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり333人となっています。五島列島、壱岐島、対馬も長崎県に含まれます。人口は1985年にピークの159万3千人を記録した後減少傾向にあり、徐々に減少率も拡大していっています。全国の他の県と同じく長崎県も少子高齢化による人口減少が起きていますが、転入転出の面で見ると、やはり福岡県への転出が非常に多くなっています。九州の福岡県以外の県の特徴として、進学や就職などで福岡県へ転出する人の増加が挙げられます。

長崎県の土地単価は、1平方メートル当たり平均45,881円・坪単価151,673円(2014年度)で、前年比はマイナス1.13%の下落となっています。地価は全都道府県中26位、上昇率は28位となっています。市町村別に見ると、県庁所在地である長崎市のみは前年に比べ地価がわずかに上昇していますが、他はすべて減少傾向にあります。過去の推移を見ても、県全体で1998年から16年続けて地価は減少を続けています。しかし、減少率は年々縮小してきています。長崎市など中心部の住宅需要はいまだに健在で、土地価格も横這いから上昇気味に推移しています。一方で郊外は住宅の供給過多により、不動産の値崩れが見られます。土地取引や成約動向は、中心部を除いては活況とは言えませんが、下落率の緩和から今後回復の可能性もあります。土地取引回復の要因として、交通環境の発展が挙げられます。2011年の九州新幹線・鹿児島ルートの全線開通、また九州横断自動車道や西九州自動車道などの整備が好材料となっています。

長崎県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均33,442円・坪単価110,553円(2014年度)で、公示土地単価に対して約27%の差があります。長崎市などの土地であれば買い手も見つかりやすく、価格面でもある程度高価格が見込めますが、それ以外の地域の場合は、買い手を見つかっても価格面では妥協が必要な場合も多いようです。今後の人口減少なども考えると地価の上昇は考えにくいため、多少思い通りでない価格でも、早めの売却が賢明でしょう。

長崎県の土地価格比較

長崎県の2014年の土地の総平均坪単価は15万1673円でした。長崎県内での地価額の順位は長崎市27万9575円で1位です。次は西彼杵郡時津町で19万9338円、そして佐世保市の18万2627円と続きます。長崎県は47都道府県中28位となっていて、隣接する佐賀県の2014年の総平均坪単価は10万1392円となっています。

長崎県の取引件数推移

長崎県の土地取引件数推移は上昇傾向にあり、2015年の取引価格は坪あたり14.47万円と前年と比べて32.6%となっており、2015年のち加工時でも坪あたり20.84万円と前年に比べて38.2%となっています。特に土地取引が盛んなのが長崎市で年間3千件を超えており、ついで佐世保市も年間1900件前後で推移しています。

長崎県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

長崎県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で長崎県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

長崎県の土地の売買・売却ならイエウール

長崎県の長崎市や佐世保市、島原市など、長崎県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

長崎県の土地の売却エピソード

T. Iさんの場合
長崎県
土地
33平米
10坪

長崎県で土地を売却をすることになり、その売却がどのくらいでできるのか、相場などもきちんと知りたかったので査定を数社の方に依頼をしました。その土地を売却をすることになったことに対して、後ろめたい気持ちがありました。しかし、その気持ちを晴れさせてくれるような不動産会社の人がいたのです。それが、嬉しくてその人の会社にお願いをしました。親が残してくれた土地でしたが、事業を展開する資金とさせて貰ったのです。

Y. Iさんの場合
長崎県
土地
175平米
53坪

長崎県の土地を売却することになったのは相続対策でした。父母が兄妹に知人の司法書士を交え話しました。父母の子どもへの気配りと知恵には古い人間を見習わなければと感じました。不動産会社は司法書士の方の紹介です。とても温かい対応をしてくれ相続問題等の深刻な雰囲気にはなりませんでした。不動産会社の配慮を感じうれしく思いました。土地の相場、査定はテキパキとやってくれ短期間で納得できる価格で売却することができました。

T. Sさんの場合
長崎県
土地
122平米
37坪

両親が亡くなり継ぐ人もいないので、長崎県にある実家の土地を売却しようと何社かに査定の依頼をしました。チラシやインターネットでなんとなく選んだのですが、その中の1社に決めたのは担当者のひたむきさに感心したからです。自分より若い青年でしたが、とてもしっかりしていました。こまめに連絡をくれ、私自身土地の売却は初めてのことで不安でしたが、彼なら任せられると思いました。相談にも親身に乗ってくれ、なんだか自分の息子のようでした。

長崎県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ