長崎県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

長崎県の一戸建て・家の最新売却動向

長崎県の一戸建ての売却動向

長崎県は九州の西端に位置しており、五島列島・対馬をはじめ、900以上の島が存在している県です。2015年5月時点の推計人口は約137万人とされており、人口密度は1平方キロメートルあたり333人となっています。県内で最も人口が多いのは、県庁所在地である長崎市です。次いで佐世保市・諫早市に人口が集中しており、人口が10万人を超えている都市は以上の3つとなります(2015年5月時点)。しかし、いずれの都市においても2000年以降は人口が減少し続けており、長崎県全体の人口も1985年以降は減少傾向が続いています。島嶼部については全域的に豊富な自然が見られますが、ほとんどの自治体は慢性的な高齢化・過疎化に悩まされています。

長崎県の一戸建て物件の成約件数は、2014年の中頃から増加傾向が見られます。また、平均成約価格についても、2014年中頃と比べると上昇傾向が見られる結果となりました。平均坪単価については、2014年のデータで151,673円とされています。前年比は1.13%の下落となっており、全域的に住宅地の需要が低下しつつあります。地価の下落や需要の低下によって、今後一戸建て物件の成約価格が下落する可能性も考えられるでしょう。ただし、県庁所在地である長崎市に関しては、2013年から2014年にかけて0.11%地価が上昇しています。特に生活利便性の高い中心部については、住宅地の需要が安定している傾向が見られます。

長崎県では2006年から2007年にかけて不動産取引価格が大きく下落しましたが、それ以降は安定している傾向が見られます。ただし、多くの自治体で人口の減少傾向が続いているため、今後も全域的に地価の下落が続くと予想されています(2015年7月現在)。長崎市の五島町・万屋町など、交通機関・商業施設が充実しているエリアに関しては、2013年から2014年にかけて地価の上昇が見られます。生活の利便性が高い地域については、今後も地価の上昇が続く可能性があります。ただし、長崎市の郊外では地価が下落しているため、郊外に一戸建て物件を所有している方は注意しておきましょう。高い売却額・査定額を期待できる地域としては、長崎市の浜町、佐世保市の島瀬町などを挙げることができます。

長崎県の一戸建て価格比較

長崎県の中古一戸建ての平均価格は、2015年時点で坪当たり40.7万円です。長崎県は佐賀県としか隣接していませんが、佐賀県の中古一戸建ての平均価格は、同じく2015年時点で坪当たり38.7 万であり、長崎県の方がやや高いと言えます。九州全体で見た場合は、8県中第6位(沖縄県、福岡県、熊本県、鹿児島県、大分県の次、宮崎県、佐賀県の前)となります。

長崎県の一戸建て取引件数推移

長崎県の中古一戸建て取引件数は、ピークの2013年に685件の取引があり、2014年には505件と、ここ5年で最も少ない件数になっています。しかし、坪単価で見ると2013年より上昇しています。近年の取引では専有面積30-60㎡の中規模物件の取引が増加しており、築3年未満の新しい物件の取引が減少しています。

長崎県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

長崎県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった長崎県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

長崎県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

長崎県の長崎市や佐世保市、島原市など、長崎県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

長崎県の一戸建て・家の売却エピソード

D. Nさんの場合
長崎県
4LDK
築50年

長崎県の一戸建ての相場は、場所によって大きく変わった来ています。私は、諫早市に住んでいますが新興住宅地が多く開発され一戸建ての住宅が沢山完成して来ています。駅からは少し遠いですが、長崎市内あるいは大村市内からの移り住んで来ています。長崎市よりも諫早市の方が福祉にやさしい町であり長崎市内より道路も広く伸び伸び生活が出来る街並みです。そんな中、一戸建ての相場は以前に倉場値上がりして居る傾向にあります。

R. Kさんの場合
長崎県
2LDK
築20年

長崎県に数十年住んでいた一戸建て住宅を、昨年転勤することになり売却することしました。不動産屋さんに売却の相談に行ったところ、まずは物件を査定してもらい、相場のことを教えてもらってから査定額を聞いたのですが、建物の状態もよく相場よりも高い価格でも売却することができると伺ったので、そちらの不動産屋さんにお願いすることになりました。説明も丁寧でいろいろと分からないことをフォローしてもらえたため、取引を終えることができました。

S. Iさんの場合
長崎県
3LDK
築32年

長崎県の一戸建ての自宅を売却することにしたのは不動産会社に勤める親友の話を聞いてからです。バイヤフリーにした一戸建ての新築物件を見学したことがきっかけでした。高齢者だけでなく幼児にも危険をさけ、安心して暮らせるようになることを知ったことです。古い自宅は将来のことを考えると売却したほうがいいと不動産会社の担当者もすすめてくれ、査定をしてもらいました。親切で誠実な担当者でした。納得できる価格売却でき、新築資金にするつもりです。

長崎県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ