群馬県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

群馬県の土地の最新売却動向

群馬県の土地の売却動向

群馬県の総人口は、2015年5月1日時点で1,971,195人です。人口が10万人以上の都市は、前橋市と高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市の5つあります。特定の地域に人口が集中するというよりも、県域にまんべんなく散らばって暮らしている県といえます。これは江戸時代の名残といわれています。現在の群馬県には江戸時代、小藩が数多く分立していました。このため、人口集積地域がもともと生まれにくい環境にあったといえます。特に伊勢崎市や太田市は人口10万人以上抱えていますが、それに見合った中心市街地がないのも特徴です。もともと農地だったところを住宅地に転用している地域が散在していることが関係しています。群馬県はからっ風と雷、かかあ天下が名物といわれています。かかあ天下はかつて富岡製糸場で、女性も働き手として稼ぎのあったことが由来しているといわれています。

2014年における群馬県の平均の坪単価は135,440円でした。これは都道府県別でみると、第33位になります。2013年と比較すると、その価格は1.90%平均して下落しています。上昇率で比較すると、47都道府県の中で33番目になります。2011年に発生した東日本大震災後、一時的に土地の重要は一気に落ち込みました。しかしほかの東北や北関東の地域と比較すると、それほど大きな影響はありませんでした。大幅下落も尾を引かず、下落率も前年並みのところまで持ち直し傾向が見られます。

県庁所在地の前橋市では、需要が回復しつつあるため、これから土地を売却すれば納得の価格で成約の芽も出てきました。そもそも前橋市では、長期的な下落傾向が続いていました。しかしその結果、旧市の市街地住宅地や周辺部の住宅地では割安感が広がってきています。このため、購入を希望する人も増えていて、下落幅も減少傾向が続いています。高崎市は、市内でもどの地域の土地かによって価格傾向は異なります。市街地の頭部に関しては、需要の高まりがみられます。このため下落はしているものの、下落率は縮小しつつあります。一方で丘陵部の宅地の需要は落ち込みが見られます。このため、地価下落率は拡大傾向にありますから土地の売却はよほど現金が必要なケース以外は、回避した方が無難です。同じく大泉町も地元企業の再編の影響を受け、土地需要が低迷状態が続いています。

群馬県の土地価格比較

群馬県の2014年の平均土地単価は4万0970円/m2で、47都道府県による地価ランキングでは33位と下位にとどまっています。なお、この4万0970円/m2という数字は前年の2013年よりも1.9パーセントのマイナスであり、上昇率ランキングにおいても47都道府県中で地価ランキングと同様の33位となっています。

群馬県の取引件数推移

群馬県の2013年の土地取引件数は20482件で、前年の91.1パーセントの水準にとどまっています。ただし、その前年の2012年は20119件だったので、それと比較すると増加しているということになります。なお、県内で最も前年よりも好調な数字を記録したのは千代田村で、153.6パーセントという数字となっています。

群馬県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

群馬県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で群馬県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

群馬県の土地の売買・売却ならイエウール

群馬県の前橋市や高崎市、桐生市など、群馬県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

群馬県の土地の売却エピソード

T. Wさんの場合
群馬県
土地
205平米
62坪

群馬県内への引越しが決まり、「現在所有している土地を売却したらどの程度になるか」という査定相場を知りたくて不動産会社にお願いしました。回答をいただけるまで何日くらいかかるのか不安がありましたが、迅速に対応して下さりすぐに返信が来ました。長年家が建っていたので水はけなど土地の状態が心配でしたが、調査をしてもらうと手を加えなくてもすぐに売却が可能との事で安心しました。接客も良く質問にはきちんと答えて下さったので、この会社にして良かったです。

A. Mさんの場合
群馬県
土地
36平米
11坪

インターネットで群馬県の不動産業者に土地の査定と群馬県内の土地の売買状況の調査をしてもらいました。大手の不動産会社の他、地元に中小規模の不動産会社からも査定結果がありました。大手不動産業者と地元の不動産業者とでは、査定額に若干の違いがありました。地元の不動産業者は、地元での土地の需要状況や周辺環境などに精通していること、また、担当者はきめ細かく親切に対応してくれるなど、納得できる条件でスムーズに売却できそうなので感謝しております。

A. Tさんの場合
群馬県
土地
172平米
52坪

群馬県の駅から近い土地を所有していたいのでこのたび活用方法を相談しに不動産屋さんに相談にいきました。賃貸や駐車場経営などを提案を受けましたが、管理も複雑のため売却することにしました。不動産屋さんにて査定も行ってもらいましたが、相場の価格よりも高めの価格がつきました。売却の手順も全て丁寧に説明を受けていたので、不安も少なく早めに手続きも完了しました。また買い手も不動産屋さんがすぐに見つけてくれたので安心しました。

群馬県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ