秋田県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

秋田県の土地の最新売却動向

秋田県の土地の売却動向

秋田県の人口は2015年5月1日時点で、1,026,983人となっています。秋田県は昭和31年に人口のピークを迎え、その時点では135万人の人口を有していました。昭和49〜56年は若干増加したものの、それ以降については減少傾向が続いています。日本は少子高齢化が進んでいる国として世界的に知られていますが、中でも秋田県の少子高齢化は顕著です。平成22年の国勢調査によると、65歳以上人口が29.6%、15歳未満の人口は11.4%となりました。前回の国勢調査と比較して65歳以上の人口が増加し、15歳未満の人口は減少しています。また、秋田県は刑法犯発生率が日本で最も低い都道府県とされています。人口10万人当たりの犯罪件数は、都道府県別で最も多い大阪府の5分の1程度です。治安が良く、安心して生活しやすい県と言えるでしょう。

秋田県の平均地価は、全国の都道府県の中で最も低い水準となっています。平成26年における坪単価は、71,178円となりました。これは前年と比較すると4.55%の下落であり、地価の上昇率に関しても都道府県別で見るとワーストとなります。秋田県の土地価格の安さは、先ほど紹介した少子高齢化が関係しています。そのほかにも、過疎化やデフレによる長引く不況などが要因として考えられており、下落傾向が続いています。秋田市でも下落傾向が見られますが、市の中心部に近い宅地であれば高額で売却できる可能性があります。需要に対して供給がやや不足しているため、売却の成功率は高いと言えるでしょう。郊外を見てみると、分譲地が北部や東部で大々的に販売されていますが、なかなか需要が高まらず供給過多の状態が続いています。未売却地も多く住宅の建設が進展しないため、更地の状態のままの土地も珍しくありません。商業地に関しても、1993年から20年連続で地価が下落しています。商業地と住宅地の土地価格は近くなってきており、割安感が出てきているため、下落幅は縮小しつつあります。

このように秋田県の土地売買の現状は、決して楽観視できません。できるだけ土地を高く売却したい場合には、すぐに売却することは控えた方が良いでしょう。ただし、秋田市や大館市、由利本荘市、仙北市、男鹿市、横手市などでは再生計画を立て、支援を受けながら地域経済の回復を目指しています。市街地の開発事業も進められているため、該当地域であれば高い金額で土地を売却できる可能性もあります。

秋田県の土地価格比較

秋田県の平均地価は2万1531円/㎡です。秋田市は3万9326円/㎡と最も県の中では高く、大館市が1万7767円/㎡と続きます。周辺都道府県を見てみると、青森県は2万5103円/㎡、岩手県は3万3287円/㎡、宮城県は7万8323円/㎡、山形県は2万7478円/㎡、福島県は3万8567円/㎡です。青森県が全国46位、山形県が全国45位と 宮城県を除き、東北は土地が一般的に安いです。秋田県は47位で全国で一番土地が安い県です。

秋田県の取引件数推移

秋田県の土地取引件数は国土交通省の調べでは、2011年8434件、2012年8698件、2013年8871件、2014年8703件です。 ここ数年は150件〜250件程増加していますが開発が活発な地域ではないので、取引件数はさほど大きく変わりません。 高齢化、少子化、過疎化の影響で人口は減少傾向にあり今後大幅に地価が上昇することは予想されません。

秋田県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

秋田県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で秋田県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

秋田県の土地の売買・売却ならイエウール

秋田県の秋田市や能代市、横手市など、秋田県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

秋田県の土地の売却エピソード

S. Mさんの場合
秋田県
土地
185平米
56坪

定年を機に、秋田県の北秋田市から由利本荘市へ引っ越すことにしたため、手持ちの住宅を売却することにしました。住宅は中古で購入したもので、築40年近くたっているため、建物としての価値は無く、土地も需要があるとは言いにくい立地のため、売却して得ることができる金額は住宅の解体費と相殺されるかもしれないという査定でした。しかし、このまま所有しつづけていても高額な固定資産税を支払続けるだけなので、すべてを不動産業者に任せることにしました。幸い、買い手がすぐに見つかったため、無事土地を売却することができました。

K. Aさんの場合
秋田県
土地
106平米
32坪

秋田県の土地売却を考えはじめたのは娘が適齢期になったので資金を今のうちに準備しようと主人と話し合ってきめたからです。不動産会社との取引はとてもスムーズにいきました。娘も結婚にむけて気持ちを引き締めたようです。司法書士の方の紹介も不動産会社がしてくれ、結婚後の娘のライフプランも仲良しになった不動産会社の担当者が受け持ってくれました。査定、売却価格も納得できました。この縁で娘と担当者の結婚が決まりました。粋な縁です。

K. Fさんの場合
秋田県
土地
60平米
18坪

秋田県から遠く離れて暮らす自分に土地の売却を相談された時はショックでした。故郷をなくすような気持ちになったからです。しかし不動産会社の誠意のこもった対応に次第に前向きになり、土地の相場や査定に興味がわくようになりました。不動産会社の担当者の方も親切で納得いく査定と価格を提示してくださり、売却がきまりました。秋田県がますます好きになりました。次に秋田県に来るときは子どものころ遊んだ山に登ろうと幼馴染や不動産会社の方と約束しました。

秋田県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ