秋田県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

秋田県の一戸建て・家の最新売却動向

秋田県の一戸建ての売却動向

秋田県は奥羽山脈や十和田湖など雄大な自然が見られる県であり、県内には約102万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。人口が最も多い自治体は県庁所在地である秋田市であり、秋田市は県内の経済・行政の中心地として機能しています。県内では大仙市や由利本荘市なども比較的人口が多い自治体ですが、2010年以降は人口が減少傾向にあります。秋田市に近い自治体ほど人口が多い傾向にあり、秋田市から離れた自治体の中には、高齢化・過疎化に悩まされている自治体が見られます。県全体の人口推移については、1980年から2010年にかけて減少傾向が続いていました。1980年時点の人口は125万人を超えていましたが、2010年には110万人を下回っています。

秋田県は全域的に少子高齢化や過疎化が見られるため、住宅地に関しては地価の下落傾向が続いています。2014年の平均坪単価は71,178円となりましたが、前年にあたる2013年と比べると約4.45%の下落となりました。県内で平均坪単価が特に高いのは、秋田市の130,005円です。次いで大館市・鹿角市の平均坪単価が高くなっていますが、いずれの都市においても地価の下落傾向が続いています。ただし、中には南秋田郡大潟村のように、地価が比較的安定しているエリアも見られます。地価については下落傾向が続いている秋田県ですが、不動産取引価格については、2010年から横ばいの状態が続いています。

秋田県の地価は1992年から下落傾向が続いていますが、2011年を過ぎたあたりから、下落率が低くなってきています。そのため、今後地価が下がり止めの状態になる可能性が考えられます。ただし、県内人口の減少に歯止めがかからない場合には、今後も地価が下がり続ける恐れがあります。秋田県の一戸建て物件を売却しようと考えている方は、物件周辺の開発状況に目を向けることが大切です。物件周辺の開発が進んでいる場合には、需要の増加によって売却額・査定額も高くなる可能性があります。県内で地価の下落率が比較的低い自治体としては、大仙市や小阪町などが挙げられます。ただし、周辺の自治体の影響を受ける恐れもあるため、これらのエリアに一戸建て物件を所有している場合には、慎重に売却のタイミングを判断するようにしましょう。

秋田県の一戸建て価格比較

秋田県の中古一戸建ては、他の東北エリアに比べると価格が低い傾向にあります。これは、秋田県に大きな都市が少なく、人口の流出が増えていることから中古の一戸建て物件が多く発生しているためと考えられます。したがって、人口の流出が続く限り、秋田県の中古一戸建て価格が安い傾向はしばらく続く可能性が高いものだと思われます。

秋田県の一戸建て取引件数推移

秋田県の中古一戸建ての取引件数は、売り出される中古一戸建ての物件数に比べて少ないほうです。これは、秋田県に移住する方が少なく、また、秋田県は土地および建物の価格が安いことから新築の物件を新たに建てる方が多いためです。もっとも、都市部のエリアの中古一戸建てはなかなか売りに出されないことから人気を集めています。

秋田県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

秋田県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった秋田県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

秋田県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

秋田県の秋田市や能代市、横手市など、秋田県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

秋田県の一戸建て・家の売却エピソード

A. Kさんの場合
秋田県
1LDK
築16年

秋田県の一戸建てを査定しようとなったのは家族全員の意見でした。成長する子どものため、高齢になった両親のための家を検討して、売却までは具体的には考えていませんでした。売却を契約したのは不動産会社の価格が予想を上回っていたからです。次のライフプランも提案してくれ、具体化して夢が広がりました。客観的な建物の見方ができる担当者に信頼がうまれ、率直な意見は参考になりました。長くかかりましたが、思い出すたびに感謝できます。

K. Hさんの場合
秋田県
4LDK
築16年

秋田県に一戸建てを建てて、ずっと住んでいたのですが、都合で別のところへ引っ越さなければならなくなり、今の一戸建てを売りに出すことにしました。一戸建てを建てて15年くらい経っていたのですが、不動産会社の査定によると年数は経っているものの、リフォームがされており、とてもきれいに保たれていることから、相場よりも高い値段を付けてくれました。申し込みから査定まで、1週間くらいでやってくれたので、とても良かったです。

K. Aさんの場合
秋田県
2DK
築41年

定年退職を機に地元へ戻るため、手持ちの一戸建て住宅の売却をしました。立地は秋田県の由利本荘市にある住宅で中古物件として購入していたため、建物はすでにボロボロでした。査定に出した時に、需要のある土地ではないことと、建物は価値がほとんどないことから、土地の売却の金額と建物の解体費用が相殺されるだろうと言われました。しかし、無駄に土地をもっていても固定資産税がかかることや、空き家を放置しては近所迷惑になることを考慮し、契約しました。買い手は半年ほどでみつかったので良かったと思います。

秋田県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ