熊本県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

熊本県の土地の最新売却動向

熊本県の土地の売却動向

熊本県は、九州地方の中心部に位置する都道府県です。総面積は7,409.32平方キロメートル、総人口は推計1,787,445人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり241人となっています。熊本県の人口は、1998年にピークの186万5千人を記録した後、現在まで減少傾向にあります。減少率も増加し少子高齢化が進んでいますが、2000年頃から一部の大都市部を除いて日本全国が同様の人口減少・高齢化社会を迎えており、人口の推移としては全国の動きと一致しています。県全体としては減少しているものの、九州第三の都市・熊本市や、その周辺の熊本都市圏に含まれる合志市、大津町、菊陽町などは人口増加が堅調な状況です。

熊本県の土地単価は、1平方メートル当たり平均55,505円・坪単価183,488円(2014年度)で、前年比はマイナス0.14%の下落となっています。地価は全都道府県中18位、上昇率は16位となっています。1995年以来19年連続で熊本県の地価は下落していますが、それでも年々減少率は緩和されてきており、近年では横這いに近いところまで回復しました。市区町村別では、熊本市内の各区が上昇に転じており、堅調がうかがえます。熊本市内は人口増に対し住宅や土地の不足感があり、マンション・一戸建てともに住宅需要が高くなっています。このため、土地取引や成約動向に関しても活況です。2012年より熊本市が政令指定都市に移行したことにより、経済面でも九州の要衝となり、多くの企業が熊本市に興味を示している状況です。このことも熊本市の不動産売買の盛り上がりの要因となっています。しかし、熊本都市圏以外の地域は依然厳しい状況が続いています。熊本都市圏とそれ以外の地域の地価や人口増減の格差が懸念されています。

熊本県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均36,440円・坪単価120,463円(2014年度)で、公示土地単価に対して約34%の差があります。熊本県は、九州・沖縄地方では福岡県と沖縄県に次ぐ地価の高さとなっており、不動産売買も九州の他県に比べ盛り上がりをみせています。売却においても有利に進められる可能性が高いでしょう。住宅需要が高い県であるため、土地のみの取引よりも、マンションや一戸建てなどが付いた状態の方が、より買い手が付きやすいでしょう。

熊本県の土地価格比較

熊本県の土地価格は、坪当たり18万3488円です。全国では18番目に高く取引されています。かつては九州の中心地として、栄えた町だったので、道路などの設備が行き届いています。また九州で一番の農業地でもあることから、農業をしながら田舎暮らしをしたいと考える人の移住先として選ばれることで、価格も高いです。

熊本県の取引件数推移

2014〜2015年の間にかけて全国的に地価が上昇の傾向にあり、熊本県についてもこの点は例外ではありません。ところが九州の他の県と比較すると、地価上昇に伴った土地の取引件数の増加が強く見られないのが現状と言えます。 これは山間部等で坪単価1万円台といった地域では地価上昇の恩恵が少なく、熊本県ではこうした地域が多いのも1つの理由です。更に転出が転入を上回る状況が続き、県の都市域についても実際の土地需要がそこまで伸びていないのが理由と考えられます。

熊本県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

熊本県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で熊本県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

熊本県の土地の売買・売却ならイエウール

熊本県の熊本市中央区や熊本市東区、熊本市西区など、熊本県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

熊本県の土地の売却エピソード

K. Hさんの場合
熊本県
土地
43平米
13坪

熊本県で親が残してくれていた土地があったのですが、別の場所で事業をしていたのを清算することになり、幸いにも親の土地だったこともあり、借り入れの時の担保に入っていなかったこともあり、きれいなままで売却ができたのでした。査定は複数社にお願いをしました。金額は大同小異という感じだったのですが、中で、話しを聞いてくれただけではなく、買取りを申し出てもらったのです。それは本当に助かり、心から嬉しかったです。

R. Iさんの場合
熊本県
土地
149平米
45坪

熊本県生まれの自分は子どもにも熊本県の自慢をし、土地への愛着も人一倍持っています。その自分の土地を売却する気になったのは現実的に遠くに離れて暮らしていては維持できなくなっていたからです。そんな気持ちも不動産会社と交渉するうちに明るくなりました。熊本県人の明るい気質同志で気が合ったようです。納得できる価格で売却できました。前向きに生活することの大切さを不動産会社の担当者に教えられたように思っています。

Y. Hさんの場合
熊本県
土地
99平米
30坪

おじいさんの時代から熊本県に土地を持っていました。いつかそこを活用したいと考えていたのですが、仕事の関係で関東に移住することになったことをきっかけに売却することにしました。急に決めたので時間は短かったのですが、事情を聞いて素早く対応してくれた不動産屋さんのおかげで無事に売却でしました。何度か関東と熊本を行き来しなければいけないかと覚悟してましたが、そういった事態にならずに済んで不動産屋さんに感謝しています。

熊本県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ