栃木県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

栃木県の土地の最新売却動向

栃木県の土地の売却動向

栃木県は、2015年5月1日時点で1,975,697人の人口を有しています。県内には鬼怒川や那珂川、渡良瀬川が太平洋に向かって流れていますが、川沿いの沖積平野・河岸段丘部に都市が発達しています。足利市や下野市、真岡市、那須烏山市、鹿沼市、栃木市、小山市といった中規模都市はこれらの川沿いにあります。県庁所在地は宇都宮市です。宇都宮市に人口が集中する傾向が見られ、県全体の約1/4の50万人程度が暮らしています。イチゴやかんぴょうなどを中心に農業が盛んであり、北関東工業地帯が東北自動車道・北関東自動車道沿いに展開しています。宇都宮市では小売業が発達しており、日光や鬼怒川エリアでは観光業も盛んです。それぞれの産業がバランスよく構成されている県と言えるでしょう。

2014年の栃木県全体の平均坪単価は、138,277円となりました。これは都道府県別でみると、第30位の平均坪単価となります。2013年と比較すると、1.49%の下落となりました。上昇率は都道府県別で見た場合、第31位となります。ここ数年の土地価格の推移を見ると、下落幅が拡大しています。以前からの景気停滞・2011年に発生した東日本大震災が影響しているとされています。被災地のイメージと原発事故のあった福島県に地理的に近いことも相まって、風評被害もありました。このため、土地取引そのものが低迷傾向にあります。

栃木県内の下落幅を見ると、県南や県北にある主要都市の下落幅が大きくなっています。佐野市や栃木市などは、立地条件や地域環境に問題がある物件が多く市場に出回ったことがきっかけとなり、土地代相場を大きく下げてしまいました。一方で、宇都宮市を中心とする県央部やJR宇都宮線沿線の土地価格を見ると、下落率はそれほど大きくありません。特に宇都宮市の中でも、宇都宮駅東口周辺の不動産取引は活発に行われています。高価格取引もしばしば見受けられるため、このエリアに土地を持っている人は売り時と言えるでしょう。一方で少し郊外の宅地になると、隣接自治体の価格下落の影響を受けがちです。下落傾向が若干増しているため、土地売却は慎重で臨むべきでしょう。そのほかには、下野市の自治医大周辺地区で土地取引が活発に行われています。需要が大きい割には供給量が少ないため、高額取引の可能性も十分期待できます。

栃木県の土地価格比較

栃木県は関東北部にある県です。土地価格は、市街地かどうかによって大きく異なりますが、県全体の平均は1坪およそ13万円代です。他の県と比べると隣接している群馬県とほぼ同額になります。また、埼玉県と比べると埼玉県は一坪およそ45万円で栃木県と約3倍の違いがあります。この理由は、栃木県には山間部が多いことと、都心部から離れている事が理由と考えられます。

栃木県の取引件数推移

栃木県の土地の売却推移は、近年や横ばいの状態が続いています。地価に関しても下がっていることを考えると安い価格での推移が続いているとわかります。ただその中でも2013年は取引件数が増加しています。その理由は、消費税が増税されたことによる駆け込み需要があったからです。その反動で翌年は取引件数が減少しています。

栃木県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

栃木県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で栃木県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

栃木県の土地の売買・売却ならイエウール

栃木県の宇都宮市や足利市、栃木市など、栃木県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

栃木県の土地の売却エピソード

Y. Aさんの場合
栃木県
土地
53平米
16坪

栃木県に自宅にしている住宅と少し離れたところに駐車場にしている土地があります。子供が独立し車の台数が減ったことから駐車場も自宅の車庫だけで間に合うようになりました。そのため、少しはなれたところにある、駐車場として使用していた土地を売却するため、不動産屋に依頼しました。栃木県で昔から商売をしている会社なので、地元には強く売却相手には困りませんでした。営業の方の努力で短期間に思ったより高値で売却できましたのでとても満足しています。

M. Tさんの場合
栃木県
土地
122平米
37坪

先祖代々つづいた栃木県の土地売却をきめたのは両親が亡くなり跡を継ぐ人が全員遠くにいるためでした。海外赴任中の長男の自分が継ぐことが当然ですが、弟が不動産会社と取引してくれました。不動産会社の担当者の誠実な対応で納得できる価格で売却ができたと連絡を受けたときはほっとしました。責任感の強い弟が兄のためにと誠意を尽くしてくれました。査定のことを教えてもらいました。弟の気持ちが嬉しく、すべてを渡すことにしました。

N. Mさんの場合
栃木県
土地
69平米
21坪

栃木県で土地を売却を検討した時に数社の不動産会社に査定をしてもらいました。相場がある程度あるとのことで、価格自体は各社にあまり差はなかったのですが、その中の1社の担当の方がとても熱心にこちらの希望などを聞いてくれたのです。それで、その方に全てを依頼して売却を待ちました。そこは全国に対応しているところということもあり、売却を依頼して間もなく購入してもらう人が見つかったのです。その上価格も気持ちだけでしたが査定より高く売れたのです。

栃木県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ