新潟県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

新潟県の土地の最新売却動向

新潟県の土地の売却動向

新潟県は2015年5月1日段階で、2,300,620人の人口を抱えています。明治時代は150〜180万人くらいの人口で推移しており、日本でも有数の人口の多い県でもありました。新潟県は昔から今まで稲作を中心として、農作物の収穫高の大きな地域です。明治時代はまだ日本全体の都市化の進んでいない状況で、日本人の9割近くが農業で生活を成り立たせていたため、人口を多く抱えられたと考えられます。その後1940年に200万人を突破し、1997年には249万人にまで達しました。そこから現在に至るまで、減少傾向が続いています。特に18〜24歳の若者が進学や就職を理由に離れる傾向が顕著で、県を挙げてこの年代の人口流出対策をとっています。

新潟県の2014年における坪単価の県平均は、137,091円でした。これは都道府県別でみた場合、32番目の価格です。前年度と比較すると、1.88%の下落となります。上昇率を都道府県別で比較すると、32番目の数値になります。新潟県の場合、公示地価の計測地点のある25市町村の平均値が軒並み下落を記録しました。その影響が上で紹介した下落地に影響しているようです。中越や上越地区の主要都市や郡部の下落幅が大きくなりつつあります。ただし県内どの地域でも下落傾向かといえば、地域によって色合いに違いが見られます。中には底値感が出てきているエリアもあって、下落率が縮小もしくは横ばいになり、今後値上がりの期待できる地区もあります。

たとえば新潟市の住宅地は、長年にわたって地価が下落し続けました。その結果、そろそろ底だろうという観測が広まりつつあります。特に郊外では下落幅が縮小傾向に移行しつつあります。また中央区や江南区の商業施設が近くにある立地環境に恵まれた地域では、横ばいで推移しています。今後上昇局面に突入する気配もあり、以上の地域に土地を持っている人は今度の動向に注意を払うべきです。ただし新潟市中央区の高価格住宅地では、経済の見通しが不透明なこともあって、住宅購入意欲がダウンしています。在庫物件も見られ、下落傾向も出てきていますから売却には慎重であるべきです。中越や上越の主要都市である長岡市や上越市、三条市、柏崎市は軒並み価格がダウンしています。少子高齢化、長引く景気の不振が関係しています。

新潟県の土地価格比較

新潟県の土地価格は4万1470円/m2となっていて、全国区から見ると32位になっています。周辺の中部地方の平均と変わらないものとなっていて、関東方面に対しても栃木県や群馬県は変わらず、しかし埼玉県になると3倍近くになって、東京都になると20倍近い価格になります。地方都市としては平均的なものとなっています。

新潟県の取引件数推移

新潟県の土地取引件数推移としては前年度よりもマイナス1.88パーセント下落していますが、これは周辺も変わらないもので、上場しているのは東京都、神奈川県、大阪府くらいで、他はどれも下降気味となっています。それゆえ全国平均を見ると下がりますが、トップ3を除けば平均的なものとなっていて、特に問題はなくなっています。

新潟県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

新潟県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で新潟県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

新潟県の土地の売買・売却ならイエウール

新潟県の新潟市北区や新潟市東区、新潟市中央区など、新潟県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

新潟県の土地の売却エピソード

M. Sさんの場合
新潟県
土地
172平米
52坪

遺産相続の必要があり、土地の売却を決めました。複数の不動産会社に査定をいらいして、価格よりも査定時の対応が最も良かった会社を選んだつもりです。新潟県は、人口の減少しているので土地の価格が下落し続けているが、景気が少し回復している今は下落幅が小さくなっているからと言われ、売却しました。なかなか売れず、結局結構な値引きをして処分しました。売却せずに、今まで通り米を作っていた方が良かったのかもと思っています。

A. Hさんの場合
新潟県
土地
89平米
27坪

以前私が経営している会社の前任の社長が、新潟県に土地を購入しました。その前社長が他界してしまい、土地を何に利用しようとしていたか誰もわからず、持っていても仕方ないことから売却することにしました。どんな値段でも売却できれば良いと考えておりました。査定をしてくれた不動産会社の社長の話によると、場所がとても良いところにあるので、高い値段がつけられるということでした。しっかりと査定をしてくれて、とても良い結果だったので、会社のことを考えるととてもうれしかったです。

A. Kさんの場合
新潟県
土地
179平米
54坪

新潟県のある小規模住宅地の一角を購入し、一戸建て住宅をと考えていましたが、計画変更で、この土地を売却することにしました。売却にあたっては、以前、購入時の不動産業者と近くの不動産業者に相談し、土地の査定をして頂きました。査定での評価額は、いずれも満足できる額でした。購入時の不動産業者の担当者の方は、土地の状況などをよく知っていること、売却時においても自身を持って買い手の方に説明できることなどから、この不動産業者にお願いすることにしました。立地条件も良いことなどから短期で買い手の見つかりました。早期の売買できたので担当者の方には感謝しております。

新潟県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ