愛知県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

愛知県の土地の最新売却動向

愛知県の土地の売却動向

愛知県は約5,172平方キロメートルの県域面積を有しており(2015年7月現在)、東海地方・中部地方の中心都市として発展している県です。推計人口は約745万人とされており(2015年5月時点)、1平方キロメートルあたりの人口密度は1,440人となっています。愛知県では1970年以降人口が増え続けており、2010年から2015年5月にかけては約5万人増加しました。特に県庁所在地である名古屋市の人口増加が目覚ましく、名古屋市には約228万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。また、自動車産業が盛んな豊田市も、愛知県の主要都市として挙げられます。雇用環境の良さ・生活利便性の高さなどが要因となり、豊田市では1970年から2015年にかけて人口が約2倍増加しました。

愛知県は全国的に見ても平均地価の水準が高く、近年では地価の上昇率も高い傾向にあります。2014年の平均坪単価は494,067円となり、前年にあたる2013年と比較すると3.35%の上昇となりました。土地の成約件数に関しては、近年では比較的安定しています(2015年7月現在)。土地の需要については、名古屋市やその周辺の地域で住宅地の需要が高まっている傾向が見られます。ただし、港区・南区に関しては液状化現象の懸念によって需要が低下しつつあるため、注意しておきましょう。豊田市・刈谷市・安城市など、三河地方でも住宅地の需要は高まってきています。

名古屋市に関しては、2013年〜2014年にかけて全域的に地価の上昇傾向が見られます。名古屋市は2015年5月時点でも人口の増加が見られるため、今後も地価の上昇が続くと予想されます。特に中村区・中区の土地については、高い売却額を期待できるでしょう。三河地方に関しては、刈谷市・安城市の地価が上昇してきています。地元企業に勤めている方からの住宅地の需要が高いため、今後もしばらくは土地の需要が安定するとされています。このように各地で地価の上昇が見られる愛知県ですが、知多郡などの郊外エリアの土地については注意が必要です。2013年〜2014年にかけて8%前後地価が下落した地域も見られ、今後も地価の下落が続くと予想されています。

愛知県の土地価格比較

愛知県の土地価格は14万9455円/m2で、全国で5位、価格の上昇率は前年比3.35パーセントになっていて、こちらは全国3位となっています。隣接する岐阜県と三重県は低めとなっていますが、静岡県はやや低めといったものとなっています。県内で高価なのは名古屋市となっていて、30万4418円/m2の価格となっています。

愛知県の取引件数推移

愛知県の土地取引件数推移は前年度よりも増えてきていて、プラス2.01パーセントとなっています。これは全国的に見ると珍しい方の部類に入っていて、土地価格の上昇の理由ともなっています。近隣する県はどこもマイナスとなっていますので、愛知県が高いことが伺えます。また住宅地ではなく区画整理に関しての取引が多くなっているのも特徴です。

愛知県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

愛知県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で愛知県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

愛知県の土地の売買・売却ならイエウール

愛知県の名古屋市千種区や名古屋市東区、名古屋市北区など、愛知県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

愛知県の土地の売却エピソード

M. Kさんの場合
愛知県
土地
169平米
51坪

新築一戸建てを購入したので、現在住んでいる古い家と狭い土地の売却を決めました。テレビCMで見かける大手不動産業者と地場の不動産業者に査定を依頼し、高額査定を出してくれた大手不動産業者に決めました。やはり、大手不動産業者の方が、色々な媒体を使って告知してくれるので、早く売れる気もして大手に任せました。愛知県にリニアがくると言う事で駅周辺の不動産販売は調子が良いそうですが、周辺地域はリニアの影響はないと言われ、売却に半年かかりました。

T. Sさんの場合
愛知県
土地
79平米
24坪

遺産相続が起きたので、愛知県以外の親族に分配する為に土地の売却を決めました。少し大きめの土地なので、大手不動産業者に依頼したかったのですが、近所付き合いもあり地元の不動産業者にも査定を依頼しました。結果的には、間違いかと思うほどの高額査定を出した地元の業者に決めました。小さい頃から知っている業者なので、契約から引き渡しか、名義変更まで全て任せっきりで楽でした。後日談ですが、売却した土地は、地元の業者が主導で大手不動産を巻き込んで、分譲住宅を建設していました。

R. Sさんの場合
愛知県
土地
60平米
18坪

愛知県に親が持っていた土地を売却することにしました。持っていた土地を何に使おうか考えているうちに、高齢になったため不要になってしまったのです。まず査定をしてくれる不動産会社を探しました。最初のところに査定をしてもらいましたが、どうも価格に納得できなかったので、別の不動産会社にも査定をしてもらえました。担当者の応対が最初のところと全く違い、とても良心的な価格を出してもらえました。愛知県の相場よりも少し高い金額だったため、満足しました。

愛知県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ