愛媛県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

愛媛県の土地の最新売却動向

愛媛県の土地の売却動向

愛媛県は四国の北西部に位置する県で、本州中国地方の広島県とは多々羅大橋と岡村大橋の2つの橋で結ばれています。海上で山口県、大分県とも接しており、四国の中でかなり交通面に優れた県となっています。総面積は5,676.1平方キロメートル、総人口は推計1,387,697人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり244人となっています。愛媛県の人口は1985年にピークとなる152万9千人を記録しましたが、それ以降は減少傾向にあります。今のところ減少率はそこまで大きくないものの、徐々に拡大しており、2030年には120万人を下回ると予測されています。

愛媛県の土地単価は、1平方メートル当たり平均62,70円・坪単価199,240円(2014年度)で、前年比はマイナス2.95%の下落となっています。地価は全都道府県中15位、上昇率は40位となっています。地価自体は四国四県の中で最も高い一方、地価上昇率は全国でも後ろから8番目となっており、2013年から2014年にかけては、すべての市町村で地価が下落しています。愛媛県全体の地価の下落は、1995年から19年連続となっています。県庁所在地である松山市は、土地単価1平方メートル当たり平均12万3801円・坪単価40万9262円(2014年度)と、県だけでなく四国の中で最も高くなっています。松山外環状線が整備されたことや、温泉のある道後地区が高所得者層に根強い人気があることなどから、松山市内住宅地の土地取引や成約動向は安定しています。しかし他の地方と同じく、中心都市とそれ以外の地域の格差は広がっており、松山市をはじめとした中心部以外では土地取引や不動産売買自体がかなり冷え込んでいるようです。

愛媛県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均46,720円・坪単価154,447円(2014年度)で、公示土地単価に対して約22%の差があります。ただし、四国四県の中では最も土地取引が活発に行われている都道府県であるため、良い買い手を見つけられるチャンスは比較的大きいと言えるでしょう。不動産業者などとも相談し時間をかけてアプローチしていくこと、そして価格面であまり欲張らないことが大切です。買い手が付いたら、価格交渉についてはある程度柔軟に対応していきましょう。

愛媛県の土地価格比較

愛媛県の2014年においての土地、総平均坪単価は19万9240円でした。47都道府県の中での順位は40位となります。愛媛県の中では松山市は総平均坪単価が40万9262円、伊予郡松前町は20万4370円でした。 四国の中で徳島県は総平均坪単価16万0039円、高知県は17万1948円、香川県は16万0444円でした。

愛媛県の取引件数推移

愛媛県の土地取引件数を動向と、取引件数推移に分けます。平成22年から平成26年までの取引件数の動向はフラットな動きとなり、平成27年は下落基調となります。取引件数の推移は、平成22年から平成26年にかけては四半期毎の件数は2800件から3300件の間での推移になりますが、平成27年いは2600件程度まで下落します。

愛媛県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

愛媛県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で愛媛県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

愛媛県の土地の売買・売却ならイエウール

愛媛県の松山市や今治市、宇和島市など、愛媛県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

愛媛県の土地の売却エピソード

R. Kさんの場合
愛媛県
土地
182平米
55坪

愛媛県の土地を売却しました。父の遺産でもらった土地ですが、田舎にあるため活用することができません。いつまでも持っていたら維持費もかかるので、思いきって売却することにしました。不動産会社の一括査定を利用して、売却をお願いする会社を決めました。思ったよりも高く売れたので良かったです。これで維持費もかからずにすみます。売ったお金は家のローンに回そうと思っています。早く売れたので良かったです。とても頑張ってくれた担当さんにも感謝しています。

K. Sさんの場合
愛媛県
土地
122平米
37坪

愛媛県の伊予鉄道高浜線の大手町駅の近辺に少しばかりの土地があります。急にお金が入用になり売却を地元の不動産屋に相談しました。担当してくれた方からは、駅近辺の土地なので売ることは難しくないと説明を受けました。近隣の取り引き相場の資料を基に価格を算定してくれましたので安心して任せることにしました。ひと月もしないうちに買い手があらわれ無事に売買契約を結ぶことになりました。スピーディーな対応に大変満足しています。

M. Gさんの場合
愛媛県
土地
60平米
18坪

祖父からの遺産で愛媛県に土地を持っています。地元には帰る予定もないので、持っていても正直持て余している状態です。それで少しでもお金になるのならと思い、愛媛県の土地を査定してもらいました。田舎の土地なので大した価値もないと思っていましたが、まとまった広さがあるせいか、意外と高額査定で驚きました。活用しようがなかったので、知り合いの不動産会社に頼んで売却をお願いしました。思ったよりも高く売れたので良かったです。

愛媛県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ