愛媛県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

愛媛県の一戸建て・家の最新売却動向

愛媛県の一戸建ての売却動向

愛媛県は四国地方の北西に位置しており、約5,676平方キロメートルの面積を有している県です(2015年7月現在)。瀬戸内海を挟んだ広島県との交流が深く、県庁所在地である松山市が経済・行政の中心地となっています。2015年5月時点での推計人口は約138万人とされており、中国・四国地方の都道府県の中では比較的多い傾向にあります。ただし、1985年以降は人口の減少傾向が続いており、2010年から2015年5月にかけては約5万人減少しています。松山市に関しては1970年から2015年5月時点まで人口が増加しており、香川県の高松市とともに、四国地方の中心都市としての機能を果たしています。道後温泉や松山城など、市内には全国的に知名度の高い観光スポットが点在しており、毎年県外からも多くの観光客が足を運んでいます。

愛媛県の地価推移を見てみると、1994年から下落傾向が続いています(2015年現在)。2014年の平均坪単価は199,240円となっており、前年にあたる2013年と比較すると、2.95%の下落とされています。県内で特に地価が高いのは松山市ですが、松山市に関しても2013年から2014年にかけて地価は下落しています。2014年の平均坪単価は409,262円、前年比は1.87%の下落となりました。ただし、道後や松山市南部、松山市駅周辺の住宅地については、一戸建て物件の需要が比較的安定しています。特に松山市駅周辺では交通環境が近年整備されたため、地価の下落率が縮小してきています(2015年7月現在)。

愛媛県の不動産取引価格は2011年から2012年にかけて一時的に上昇しましたが、2012年からは公示地価・基準地価の下落の影響を受けて、2014年まで下落傾向が続いています。2015年に関しても地価が下落傾向にあるため、不動産取引価格も下落することが予想されます。ただし、松山市の大街道・持田町については、2013年から2014年にかけて地価が上昇しました。松山市駅より北東の地域については、今後地価・不動産取引価格が上昇する可能性が考えられるでしょう。しかし、上浮穴郡や伊予市など、愛媛県の郊外のエリアでは地価が大きく下落しています。郊外エリアの一戸建て物件に関しては、売却額・査定額の面で期待することは難しいでしょう。

愛媛県の一戸建て価格比較

愛媛県の中古一戸建て価格は平成26年の平均坪単価で44.7万円となっており、前年から15.9%減少しました。四国地方4県の中では最も高い坪単価ですが、減少率では最も大きい数字を出しており、過去8年間で最も低い価格となっています。県内では松山市や伊予郡が県平均を上回っているほか、四国中央市なども他の地域と比べて高い価格を示しています。

愛媛県の一戸建て取引件数推移

愛媛県は古い街並みも多いですが、松山市内は比較的新しい建物も多いので、中古一戸建てを探す時も古い物件から新しい物件まで探すことができるでしょう。古い物件であれば、門が立派で昔ながらの大家族が暮らすような大きな一戸建てが売りに出されていることもあるので、歴史が感じられる家に住みたいような時にもいいでしょう。

愛媛県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

愛媛県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった愛媛県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

愛媛県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

愛媛県の松山市や今治市、宇和島市など、愛媛県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

愛媛県の一戸建て・家の売却エピソード

H. Nさんの場合
愛媛県
2LDK
築22年

愛媛県の松山市にある住宅を売却することにしました。建物が古くなったのと都心のマンションのほうが生活し易いことから思い切って不動産屋に相談しました。松山市内の取引事例を多く経験している不動産屋で一戸建ての売却も何に何度か取扱っているそうでとても安心できました。査定も、近隣の土地価格や駅までの距離など細かく調べて出してくれました。やはり、過去の事例があることがとても安心で、すんなり受け入れることが出来ました。

A. Sさんの場合
愛媛県
3DK
築15年

愛媛県の一戸建てを売却しました。子供夫婦と一緒に暮らすことになったのです。一人暮らしの方が気楽でいいのですが、子供たちも心配していますし、そんなにわがままばかり言えません。そこで一戸建ては売却して、子供のところに行くことにしました。なるべく早く売って欲しいとお願いしたところ、頑張って営業してくれたようです。不動産会社は知り合いに頼んだのですがお願いして正解でした。売ったお金は、老後の蓄えにしたいと思っています。

A. Iさんの場合
愛媛県
1LDK
築35年

愛媛県の一戸建ての査定を不動産会社に依頼したと父から聞かされた時はとても驚きました。借金をしていることを全然知らなかったからです。不動産会社の方はそんな家庭のことも気にかけてくれ親切に対応してくれました。一戸建ての相場を教えてくれ、査定もしっかりやってくれました。買い取ってくれた価格で借金を全額返済できました。険悪だった父と自分の関係もよくなりました。もっと父の相談相手になったらこんな事態にならなかったのではと思っています。

愛媛県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ