広島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

広島県の土地の最新売却動向

広島県の土地の売却動向

広島県は中国地方の中心的都道府県です。総面積は8,479.38平方キロメートル、推定総人口は2,828,201人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり334人となっています。広島市を中心とした県西部の広島都市圏と、福山市を中心とした県東部の備後都市圏に分かれており、いずれも工業・商業ともに盛んで、中国・四国地方の中でも最も賑わいのある地域と言えるでしょう。広島県の人口は1966年には230万人を突破し、その後も順調に増加し、1998年にはピークとなる288万4千人を記録しました。それ以降は緩やかに減少していますが、減少率は低く、280万人を維持しています。

広島県の土地単価は、1平方メートル当たり平均103,365円・坪単価341,705円(2014年度)で、前年比はマイナス0.35%の下落となっています。地価は全都道府県中9位、上昇率は18位となっています。市区町村別では、広島市中区が土地単価1平方メートル当たり平均532,473円・坪単価1,760,242円で最も高く、前年比も2.7%上昇しています。この他にも広島市南区、西区、東区、安芸郡などが続き、いずれも前年比より上昇しています。県全体の地価は、2009年以降前年比より下落が続いています。しかしこれはリーマンショックの影響と見られ、広島県に限らない現象と判断できます。2013年、2014年に下落幅をかなり緩和しており、今後も堅調に回復するでしょう。中国・四国地方最大の都道府県であることから、土地取引や成約件数も多くなっています。特に広島市中区は、2015年3月の新白島駅の開設を受け開発が進み、土地取引も非常に盛んとなっています。また、元々工業地帯・商業地帯として栄えているため、住宅地だけでなく工業地や商業地の土地取引も近隣の都道府県に比べ活発なようです。

土地取引の盛んな広島ですが、土地のみの実際の取引価格に限って言えば、1平方メートル当たり平均103,365円・坪単価341,705円(2014年度)の土地単価に対し、1平方メートル当たり平均67,115円・坪単価221,867円(2014年度)と約35%もの開きがあります。取引数や成約数自体は多いため、じっくりとより良い買い手を探して妥協せずに進めることが大切です。

広島県の土地価格比較

広島県の土地価格については平均で10万3365円/m2で、前年度と上昇率を比較するとマイナス0.35パーセントになっています。全国から見てみると9位となっていますが、これは地方都市で考えるとトップクラスに入っていることがわかります。また近隣の山口県、鳥取県、島根県、岡山県は土地価格は低くなっています。

広島県の取引件数推移

広島県の土地取引件数の推移ですが、上昇率が下落していることからも分かるように前年度に比べて減っていて、特に東日本大震災の影響からか海辺の人気が落ちてきて、内地に移動する傾向がみられています。ただそのためか広島市に関してはマンションなどの建設がはじまっており、県内で見ると比較的需要が高まってきています。

広島県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

広島県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で広島県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

広島県の土地の売買・売却ならイエウール

広島県の広島市中区や広島市東区、広島市南区など、広島県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

広島県の土地の売却エピソード

K. Sさんの場合
広島県
土地
76平米
23坪

広島県の土地を売却することにしました。実家のあった土地ですが、母も亡くなり、今はもう誰も住んでいません。私も東京で暮らしているので地元に買えることも考えられませんから、思いきって処分しました。友人に地元の不動産会社を紹介してもらいました。地元の情報にも通じているので、早く売却できるにではないかと思ったからです。思っていた通り、すぐに買いたいという人が現れました。地元の不動産会社にお願いして良かったです。

A. Iさんの場合
広島県
土地
142平米
43坪

広島県の土地を売却しました。実家の母を引き取ることにしました。実家に一緒に住めればいいのでしょうが、あいにく関東在住なのでそれはできません。それで、母の住んでいた家をたおして更地にして売却することにしたのです。不動産会社は地元でも有名な会社にお願いしました。地元の事情に精通した会社の方が早く売却できるのではと思ったからです。予想した通り1か月ほどで買い手が見つかりました。地元の不動産会社にお願いして良かったです。

T. Sさんの場合
広島県
土地
50平米
15坪

広島県の土地を売却しました。息子が借金を作ってしまって、その支払いに困っていました。親として見て見ぬ振りはできません。甘やかしだと言われても仕方ありませんが、息子にしてやれるのはこれくらいしかないと思い土地を売って借金を支払うように言いました。知り合いの不動産会社にお願いして、なるべく早く売ってくれるようにお願いしました。少し相場より安くして、1日も早く売れるようにお願いしました。不動産会社の方も上手く対応してくれ本当に助かりました。

広島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ