岩手県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

岩手県の土地の最新売却動向

岩手県の土地の売却動向

岩手県の2015年5月1日時点の総人口は1,275,377人です。平成25年度の岩手県の発表している人口動態総覧によると、出生数は9,231人で7年連続の減少傾向、5年連続で1万人を下回りました。一方死亡数は15,969人であり、24年と比較すると103人減少しています。自然増減数は673人減少となりましたが、平成24年と比較すると58人増加しました。岩手県の県域面積は、国土地理院が2014年に発表したデータによると15,275.01平方キロメートルでした。これは都道府県別で見た場合、北海道に次いで2番目の広さとなります。ちなみに岩手県の人口の約130万人のうち、7割強は内陸部の北上盆地に集中しています。盆地と海岸部を除くと、岩手県は山地や丘陵地が大半を占めており、緑豊かな地域と言えます。

岩手県の平成26年の地価を見ると、平均坪単価は110,042円となりました。平成25年と比較すると1.03%の下落であり、この地価上昇率は都道府県の中で第27位となります。岩手県の住宅地の地価動向を見ると、下落傾向は続いていますが下落幅は縮小しつつあります。特に盛岡市や北上市、二戸市、矢巾町では下落幅が縮小しています。一方で、一関市や奥州市では前年比4%程度の下落傾向が見られます。2011年に発生した東日本大震災では、宮古市や陸前高田市、釜石市、山田町などが津波で甚大な被害を受けました。このため、当時は大きく地価が下落しましたが、復興が進んだことにより下落幅が縮小し、持ち直し傾向が見られます。

岩手県の県庁所在地である盛岡市と、その周辺地域の土地の価格差がなくなりつつあることは覚えておいた方が良いでしょう。これは、商業施設や医療施設など生活に欠かせない施設が郊外に移転するようになり、市中心部と郊外で利便性に大きな差が見られなくなったことが関係しています。市郊外の土地を所有している場合でも、立地条件によっては高値で売却できる可能性があります。ただし、盛岡市内や隣村の中には、宅地供給が活発な地域も見られます。このような地域の中には、供給過多で需要が停滞しているところも見られ、低価格傾向となっているエリアもあるため注意が必要です。商業地に関しては、盛岡市や北上市、遠野市、一関市、二戸市、金ヶ崎町などで下落傾向が続いているものの、下落幅は縮小しています。これは、大手ホテルチェーンなどが続々と進出したことが関係しています。

岩手県の土地価格比較

2014年の岩手県の土地平均坪単価は約11万円です。県庁所在地の盛岡市は約20万円と県の中ではトップです。次に釜石市が約13万円と続いています。周辺の地域の平均坪単価を見ていくと、北海道は約12万円、青森県は約8万円、秋田県は約7万円、山形県は約9万円、宮城県は約25万円、福島県は約10万円となっています。全国的にも東北は土地価格が低く、岩手県は40位となっています。

岩手県の取引件数推移

岩手県の土地取引件数は2013年が19,302件、2014年が19,311件です。2010年には土地取引単価は約26,000円/㎡だったのが2014年には23000円/㎡を切っています。大都市でない限り、取引単価の大幅な増加は見込めません。土地は自分が売りたい時期に売るのがベストですが、こだわらないのであれば景気の回復している時期を狙うのも方法です。

岩手県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

岩手県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で岩手県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

岩手県の土地の売買・売却ならイエウール

岩手県の盛岡市や宮古市、大船渡市など、岩手県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

岩手県の土地の売却エピソード

Y. Sさんの場合
岩手県
土地
60平米
18坪

親から譲り受けた岩手県の土地を手放すことにしました。いつかは地元に帰って暮らそうと思っていましたが、都会暮らしの方が長くなると、なかなか戻ることもできなくなりました。いつまでも田舎の土地の執着していてもいけないので、そろそろ手放す決心をしたのです。知り合いに不動産会社を紹介してもらい査定してもらったところ、田舎なのに意外と高い査定額で驚きました。売却までにかかった時間は2ヶ月ほどでした。案外早く売れて良かったです。

H. Wさんの場合
岩手県
土地
188平米
57坪

岩手県の土地を売却しました。もともと畑にしていた土地ですが、年をとって畑仕事もできなくなったので、思いきって土地を売ることにしました。あれば畑仕事もしたくなるので、体に無理をさせてしまいます。それならばいっその事ない方が良いのではと思いました。知り合いの不動産会社に頼んで査定してもらいましたが、案外良い値段で驚きました。売却を依頼すると、すぐに買い手も見つかりました。早く売れて良かったです。これでゆっくりできます。

A. Sさんの場合
岩手県
土地
89平米
27坪

岩手県の土地を売却しました。遺産相続で譲り受けることになった土地の使い道に困っていました。私に遺産を遺してくれたことはありがたいのですが、東京で暮らしている私には活用しづらいのです。もらったところで、税金を納めなくてはならないだけで、ありがたいことは何ひとつありません。そこで、岩手県の土地は売却することにしたのです。知り合いに紹介してもらった不動産会社の方に査定してもらい、売却していただきました。本当に助かりました。

岩手県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ