岡山県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

岡山県の土地の最新売却動向

岡山県の土地の売却動向

岡山県は中国地方南東部に位置する県で、総面積は7,114.62平方キロメートル、総人口は1,920,654人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり270人となっています。人口は戦後から安定して増え続け、1985年に190万人を超えました。その後も堅調に人口を維持し、それ以来30年間190万人から195万人の間で推移しています。岡山市や倉敷市など中国地方の中心都市が人口を順調に増加させる一方、中国山地に囲まれた地域などでは高齢化による人口減少が見られ、県全体としては横這いの状態を続けています。しかし、2011年の東日本大震災以来、移住者が増加し県外からの転入が流出を上回っています。温暖で暮らしやすい気候に恵まれ災害なども少ないことから、田舎暮らし希望地域として非常に人気の高い県となっています。住宅需要も高まっていると言えるでしょう。

岡山県の土地単価は、1平方メートル当たり平均52,437円・坪単価173,346円(2014年度)で、前年比はマイナス0.39%の下落となっています。地価は全都道府県中19位、上昇率は19位となっています。県全体の地価は、2007年と2008年に前年比を上回った後は、前年比より下落が続いています。2009年からの下落はリーマンショックの影響があると見られ、岡山県に限らず日本全体で下落傾向にある時期です。その後堅調に下落幅を小さくしており、移住者の増加など追い風もあることから、今後上昇に転じる可能性も大きいと言えるでしょう。岡山市北区や岡山市中区などは順調に地価上昇しており、住宅地の需要は底堅く、土地取引や成約動向においても順調となっています。岡山市の他では、倉敷市や赤磐市などの県南部が人気の地域となっています。

地価の回復も堅調で人口も安定して推移している岡山県では、マンションや一戸建てなど不動産資産の売買が盛んになってきています。しかし土地に絞って言えば、地価1平方メートル当たり平均52,437円・坪単価173,346円(2014年度)に対し、実際の取引価格が1平方メートル当たり平均38,164円・坪単価126,163円(2014年度)と、約27%の差があります。このため土地を売りたい方には、少し条件が厳しい場合があるかもしれません。しかし県全体の地価は回復しているため、長期的な計画でじっくりと良い買い手を探しても良いでしょう。

岡山県の土地価格比較

岡山県の土地価格は平均して5万2437円/m2で、上昇率は前年度と比較してマイナス0.39パーセントになっています。全国的に見てみると19位ですが、上位の東京都、大阪府、神奈川県を除き地方都市だけを考えると上位にいることになります。また近隣の鳥取県、島根県は土地価格は低く、広島県と兵庫県は高い値となっています。

岡山県の取引件数推移

岡山県の土地取引件数の推移になりますが、上昇率が下がっていることからも分かるように前年度に比べて減っていますが、これは地方を見ればだいたい同じような数値になっていて、現状では高まっている方が少なくなっています。ただイオンモールが岡山市に出店を決めて、大規模に土地を購入したことから同市だけは数値が上がっています。

岡山県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

岡山県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で岡山県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

岡山県の土地の売買・売却ならイエウール

岡山県の岡山市北区や岡山市中区、岡山市東区など、岡山県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

岡山県の土地の売却エピソード

K. Oさんの場合
岡山県
土地
132平米
40坪

岡山県の地方の田舎に住んでいたのですが、親夫婦が引越しすることになり、土地が余っているということで、不動産屋さんに売却の相談に行きました。査定をしてもらったのですが、土地の広さも大きく、近所に大学があり、賃貸アパートなどのニーズもあることから、相場よりも高い値段での査定結果となりました。実際に買い手もすぐに見つかり、査定価格とほぼ同じ額で売却することができました。手続きも不動産屋さんがほとんどやってくれたため、あまり苦労することはなかったです。

T. Fさんの場合
岡山県
土地
79平米
24坪

相続により岡山県の不動産を引き継ぐことになりました。相続税を支払うために現金が必要であったため、不動産屋さんに相談したところ、ちょうどつかっていなかった更地の土地があったため、急いで売却を依頼することにしました。実際に査定額は近隣の相場程度の額になり、税金も工面できるほどの額で、不動産屋さんも地元に強く、お客さんもたくさん抱えていたため、買い手がすぐにみつかり、手続きも急いで行ってもらえたため、売却までスムーズに進めることができました。

K. Nさんの場合
岡山県
土地
46平米
14坪

岡山県で不動産を所有していたのですが、旦那が海外赴任することになり、管理ができなくなることから売却を検討していました。近くの不動産屋さんで物件の査定をしてもらったところ、更地の土地にしたほうが買い手がつきやすく、また、駅から近いということで相場よりも高い値段で売却できるといったアドバイスを貰いました。そちらの不動産屋さんにいらいしたところ、説明を受けたとおり、買い手がすぐにつき希望の売却価格よりも少し高めの値段で取引することができました。

岡山県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ