富山県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

富山県の土地の最新売却動向

富山県の土地の売却動向

富山県は約4,247平方キロメートルの面積を有している県であり(2015年7月現在)、県内には約106万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。県内人口は1995年以降減少傾向が続いており、60歳前後の人口の割合が高くなっています。県内には豊富な自然が残されており、農業・水産業などの第一次産業が比較的盛んな県となっています。農業に関しては特に稲作が多く、耕作地における水田率は全国1位の水準です(2015年7月現在)。また、富山県は北陸工業地帯の中核を担っており、工業も盛んな県として知られています。主要都市としては、富山市や高岡市などが挙げられます。県庁所在地である富山市には県内人口の40%にあたる約40万人の方が住んでおり(2015年5月時点)、国からは中核市にも指定されています。

富山県の地価推移を見てみると、2012年頃からはほぼ横ばいの状態にあります。2014年の平均坪単価は151,078円であり、前年比は0.43%の下落となっています。土地の成約件数については、ここ1年間で大きな変動は見られません(2015年7月現在)。富山市・砺波市については、2013年から2014年にかけて若干の地価上昇が見られました。しかし、魚津市・高岡市などほかの主要都市については、1%前後の下落となっています。富山県の土地の需要については、生活利便性の高い地域とそうでない地域とで格差が見られます。宅地の需要が高い地域としては、富山市の婦中地区・高岡市の駅周辺の地域を挙げることができます。

富山県の土地取引価格の推移を見てみると、2013年から2014年にかけて若干減少しています。ただし、2012年以降は公示地価・基準地価が横ばいの状態にあるため、土地取引価格の今後の動向については安定すると予想されます。土地の売却において特に注意が必要な地域としては、高岡市が挙げられます。駅周辺では土地の需要が安定していますが、駅から遠いエリアでは2013年〜2014年にかけて地価が4%前後下落しています。交通機関・商業施設が充実していない地域については、今後地価が下落する可能性も考えられるため、売却のタイミングに注意するようにしましょう。

福井県の土地価格比較

福井県の土地価格を周辺の県と比較してみると、地価の平均価格は大阪府、京都府、滋賀県に比べてかなり低い傾向にあります。岐阜県、石川県に比べても低いのですが関西地方に比べると差は小さいものになります。北陸新幹線ができてからは周辺の活性化により関西地方との差も少なくなっています。これからの発達に期待できそうです。

福井県の取引件数推移

福井県の土地取引件数の推移を見てみると、平均的には1992年頃をピークに減少しています。福井市、敦賀市、高浜町、小浜市、鯖江市などの都市部に関しては、上昇か横ばい傾向にありますが、池田町、おおい町、若狭町、越前町などの田舎地域の減少率は大きくなっています。今後は北陸新幹線の開通による上昇も期待できそうです。

富山県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

富山県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で富山県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

富山県の土地の売買・売却ならイエウール

富山県の富山市や高岡市、魚津市など、富山県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

富山県の土地の売却エピソード

K. Hさんの場合
富山県
土地
83平米
25坪

息子が結婚をして勤務地の近くに住居を購入することになり、福井県で親として少しの援助を考えて土地の売却をすることにしました。その土地は生活環境には良いところなのですが、広さが十分ではないと思っていたのです。そこで、査定をして貰ったのですが、むしろ、あまり広くないほうが売行きが良いと、依頼した不動産会社の方に言われて、相場も聞き、嬉しくなったのです。その不動産会社の方の尽力もあり、売却がスムーズに終わりました。

N. Yさんの場合
富山県
土地
195平米
59坪

福井県に土地を持っていたので、売却することを検討していました。不動産屋さんを訪れたところ、是非買い取りたいということで、査定額を聞いてみると過去に近隣での価格よりも高い値段を提示してもらったので、相場よりも高い価格となったと判断し、依頼することになりました。また、後日不動産屋さんからお礼の連絡を頂いたので好印象で売却したことに満足感があります。また、不動産取引の方法も親切に教えて頂いたので良かったです。

S. Iさんの場合
富山県
土地
185平米
56坪

今年の4月に土地の売却をしました。全国に支店がある大手不動産会社2社と地元の不動産業者に査定を依頼し、査定金額にあまり差がなかったので気の良い担当者の大手不動産会社に決めました。担当者に福井県の土地の取引件数は5年前の5割〜6割程度と低迷しているので、売却価格を抑えて早く処分しましょうと言われました。実際に、価格を抑えたせいか三ヶ月で売れたのでホッとしていますが、今考えるともう少し高くても良かったのではと後悔しています。

富山県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ