富山県の中古一戸建て売却査定・相場

富山県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で富山県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で富山県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

富山県の一戸建て売却価格推移

富山県の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった富山県の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

富山県の一戸建て価格相場の比較

富山県で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超415373201061431
〜220m²936831
〜200m²88566
〜180m²4108123
〜160m²836511
〜140m²35141
〜120m²9341
〜100m²951
〜80m²9
〜60m²4
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの富山県における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

富山県の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

市区町村から不動産売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の市区町村を選択してください

富山県の一戸建て売却に強い不動産会社例

富山県の不動産売却に関する情報を見る

富山県の一戸建て・家の最新売却動向

富山県の一戸建ての売却動向

富山県は日本海に面している県であり、県全域が豪雪地帯に指定されています。特に標高が高い南部は冬の寒さが厳しく、立山連峰周辺には現存する氷河が確認されたこともあります。2015年5月時点での推計人口は約106万人とされており、人口密度は1平方キロメートルあたり251人となっています。2005年の時点では60歳前後の人口の割合が高く、さまざまな自治体で高齢化が問題として浮上しています。富山県の中心都市としては、県庁所在地である富山市を挙げることができます。富山県全体では2000年頃から人口が減少傾向にありますが、富山市については1970年から増加傾向が続いており、市内の人口は約41万人となりました(2015年5月時点)。

富山県の一戸建て物件の成約件数は、2014年から2015年にかけて増加傾向にありましたが、2015年初頭と比べると若干減少しています(2015年7月現在)。公示地価・基準地価に関しては、2013年から2014年にかけて0.43%の下落となりました。2014年の平均坪単価は151,078円であり、全国の都道府県の中で第27位とされています。富山県内で特に地価が高かったのは、富山市・魚津市・高岡市などです。中でも富山市は2013年から2014年にかけて地価が0.12%上昇しており、平均坪単価は201,689円となっています。地価が下落している自治体についても、下落率は2%以下とそれほど高くはありません。

富山市・砺波市については、2013年から2014年にかけて地価の上昇傾向が見られたため、一戸建て物件の売り時が近づいていると判断しても良いでしょう。魚津市・高岡市の生活環境の利便性が高い(公共交通機関や商業施設などが充実している)エリアでも、地価の上昇傾向が見られます。2003年頃には全域的に地価が大きく下落した富山県ですが、その下がり幅は2013年頃から緩やかになってきています。周辺の開発計画が進んでいる地域、人口の流入が多い地域などでは、今後地価が上昇する可能性も考えられるでしょう。具体的には、富山市の桜町や宝町、新富町周辺では、2013年から2014年にかけてすでに地価の上昇傾向が見られます。

富山県の一戸建て価格比較

2014年における富山県の中古一戸建て住宅の坪単価の平均は31.1万円で、隣接する石川県、長野県、新潟県、岐阜県の4県と比較すると最も低い平均値となっています。しかし、前年からの減少は2.3パーセントと最も少なく、残りの4県は石川県で2.4パーセント、新潟県で5.0パーセント、岐阜県で7.5パーセント、長野県で8.5パーセントの減少となっています。

富山県の一戸建て取引件数推移

富山県の中古一戸建ての取引件数は、人口の減少に伴い、減少傾向にあります。地価も減少し続けているため、新築で家を購入しやすい環境になっていて、今後も新築で家を建てる人が多くなる可能性が高いです。今後は、国の政策によって、リフォームのエコポイントなどの拡充される可能性もあり、中古市場が活性化する可能性もあります。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

T. Yさんの場合
富山県
 
 
2LDK
 
築50年

富山県で自宅の一戸建てを売却をして、マンションに住み替えをしようと思ったのです。自分の年齢が上がるにつれ、体力の衰えがはっきりしてきたのと、子供が独立して家族が夫婦二人になったからです。家は手を入れて暮らしていたのでいたみはそれほど感じていなかったのですが、実際に査定をして貰い、一応こちらから希望の価格を伝えました。相場がある程度決まって来るので希望価格で売却ができるか分からないがその金額で出してみることになったのです。実際は少し下がったのですが、スムーズに売却ができて良かったです。

Y. Mさんの場合
富山県
 
 
2LDK
 
築49年

主人の勤め先が倒産したので、他府県に就職する事になり2010年に一戸建てを売却しました。誰もが知っている不動産会社に売却をお願いしました。まだ住宅ローンが残っていたので少なくとも残債を相殺して手元に少し残して欲しいとお願いしたのですが、当時の富山県は新築と中古を合わせても年間の取引件数が150件前後と少ないので、難しいと言われました。結局、売却を急いでいた事もあって販売価格を下げたので、かなりの残債を残す形となり大変でした。

Y. Nさんの場合
富山県
 
 
1LDK
 
築30年

富山県に一戸建てを購入して住んでいたのですが、仕事の都合で引越さなければならなくなりました。なので、一戸建ての家は売却することにしました。築年数は30年なので、それほど高くは売れないだろうと考えていました。仕事で付き合いのある不動産会社の社長が査定をしてくれたのですが、相場と照らし合わせてみても、十分納得がいく金額を付けてくれました。理由は、場所が良いことと状態が良いことでした。10年程前にリフォームしたのが良かったです。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

富山県一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で富山県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で富山県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。