三重県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

三重県の土地の最新売却動向

三重県の土地の売却動向

三重県は紀伊半島の東側に位置しており、海や山などの自然が多く見られる県です。県庁所在地は県中部にある津市ですが、愛知県名古屋市から近い四日市市・桑名市なども人口が多く、県内の経済の中心地として機能しています。三重県の2015年5月時点での人口は約181万人であり、2010年からは減少傾向が続いています。四日市市など、北勢には人口が増加しているような自治体も見られますが、全体的には減少している自治体が多くなっています。三重県はドーナツ化現象が各地域で見られる県であり、特に四日市市ではその傾向が顕著に表れています。ドーナツ化現象の原因については、伊勢湾台風などの水害被害、中心部の商店街が衰退したことなどが挙げられます。

三重県の平均坪単価は2014年のデータで144,209円となっており、2013年のデータと比べると0.65%下落しています。しかし、近年は比較的下落幅が緩やかであり(2015年7月現在)、伊勢市や津市のように地価が上昇した地域もいくつか見られます。県内で2014年の地価が特に高かったのは桑名市であり、平均坪単価は189,761円となりました。また、四日市市・伊勢市・津市なども、県内では平均坪単価が高い水準にあります。伊勢市に関しては、2013年から2014年にかけて平均地価が約2.5%上昇しました。三重県の土地の成約件数については、2014年12月〜2015年1月にかけて一時的に落ち込みましたが、2015年3月からは比較的安定しています。

三重県では、土地の取引価格が2008年以降下落し続けています。しかし、少しずつ下がり幅が縮小されてきており、今後下がり止めの状態になる可能性が考えられます(2015年7月現在)。高い売却額を期待できるエリアとしては、桑名市や四日市市など、愛知県名古屋市のベッドタウンとして発展している自治体を挙げることができます。これらの自治体でも地価の下落傾向は見られますが、人口の増加傾向が見られるため、今後地価・取引価格が上昇する見込みがあります。商業地については、伊勢市の宇治今在家町・おはらい町で地価の上昇傾向が見られます。これらのエリアでは観光客数が地価に影響を与えるため、伊勢市に土地を所有している方は、観光業の動向にも目を向けると良いでしょう。

三重県の土地価格比較

三重県には、たくさんの土地があります。日本古来から伝えられている文化などが強く根付いていることもあって、幅広い年齢層の人から人気があります。特産品もあり、有名なものの中では梅などがあげられます。そのこともあって、他と比べると少し高いですが、快適な暮らしを過ごすことが可能です。公共交通施設も充実しています。

三重県の取引件数推移

三重県の土地は、中古マンションや借家などがあるので、他の地域から、来る人も多いです。大学や専門学校があるので、学生が地方から来る場合もあります。家庭の状況に合わせて、家賃が安いところから、子供がいる家庭でも、部屋が余るほどのものもあります。立地条件もたくさんあり、買い物ができる施設が近くにあれば便利です。

三重県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

三重県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で三重県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

三重県の土地の売買・売却ならイエウール

三重県の津市や四日市市、伊勢市など、三重県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

三重県の土地の売却エピソード

H. Iさんの場合
三重県
土地
56平米
17坪

三重県の土地を売却しました。娘夫婦と二世帯住宅を建てました。もともと私たちが住んでいたところでは仕事に行くのも不便なようなので、少し街中に家を建てました。不要になった土地は処分することになったのです。ローンの足しにしたくて、少しでも高く売れるように、ネットの一括査定を利用しました。一括査定で一番高い査定額をつけてくれたところに売却をお願いしました。時間がかかるのは覚悟していましたが、2ヶ月ほどで売れたので良かったです。

K. Nさんの場合
三重県
土地
132平米
40坪

三重県の島に土地を持っていました。将来別荘を建てて暮らそうと思い、ずっと持っていたのですが、生活するのに精いっぱいで余裕がなくなってしまったため、土地を売ることに決めました。知り合いの不動産会社の社長に査定をお願いしました。島の中でも、とてもいい場所にあったので、相場と照らしあわしても、高い金額を付けることが出来るということでした。知り合いということを抜きにして、本当に査定には感謝しています。すぐに売却を決めました。

M. Iさんの場合
三重県
土地
63平米
19坪

バブル後に投機目的で三重県に土地を少しばかり購入をしておりました。近年その辺りが開発されて土地の値段が上がって来ましたので、そろそろ売ろうかなと考えました。地元の不動産会社のいくつかにお聞きしました所、多くの所が周りの相場を主に引き合いに出して話をしてきました。その中のある担当者は、そばを走る道路、鉄道のアクセス状況そして国の政策、今後の経済情勢など詳しく説明して下さり納得を致しました。これからはこの方にお願いをしようと思っています。

三重県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ