中古マンションを買うときにこれだけは注意すべき3つのこと

マンションには新築のものと中古のものがありますが、どちらを購入するかは非常に重要なポイントです。
中古マンションの購入を検討している方は、中古マンションのメリット購入時の注意点を確認しましょう。

この記事では、中古マンションの買い時やおすすめの築年数、チェックポイント、さらに中古マンション購入時に利用できる制度について解説します。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

中古マンションを買うことのメリット

中古マンションには新築マンションにないさまざまなメリットがあります。
新築マンションと中古マンションのどちらを購入するかお悩みの場合はまずメリットを確認しましょう。

中古マンションにはどんなメリットがあるのかを紹介します。

新築マンションよりも低価格で購入できる

中古マンションの最大のメリットは新築マンションよりも低価格で購入できるという点です。
とくに交通アクセスが便利で治安がいいなどの人気のエリアの新築マンションは非常に高額で手が出ないという方も多いですが、中古マンションを選択するだけで出費を大幅に抑えられます。

新築マンションは購入時の価値がもっとも高く、その後価値は下がり続け、20年で下げ止まります。
人気のエリアはマンションの価値だけでなく、その周辺の価値も加味されるため比較的高いままですが、新築を選ぶよりも価格面での選択肢は大幅に増えます

新築マンションにこだわらないようにすれば、今検討しているエリアよりももっと便利なエリアのマンション、今よりさらに広い面積のマンション、間取りの多いマンション、高層階のマンションなども選べるでしょう。

住宅ローンや不動産取得税が安くなる

住宅ローン控除、不動産取得税軽減は、新築マンションだけでなく中古マンションを購入する場合でも受けられます。

住宅ローン控除には条件があり、その条件は新築マンションよりも中古マンションの方が厳しいのできちんと条件を確認しましょう。
また、不動産取得税の軽減にも条件があります。

マンションの現状を確認できる

中古マンションを購入する場合は、事前にそのマンションの状態を確認できるというメリットがあります。
新築マンションの場合はどんな人が住むのか、どんな管理をされているのかがまだわかりません。

一方で、中古マンションであれば共有スペースから管理状態をある程度確認できたり、どんな人が住んでいるかを確認できたりします。
住民の民度が低いとそれだけでトラブルや事件に巻き込まれる可能性が高くなりますし、家賃滞納者の多いマンションだと資産価値が下がってしまいます。

中古マンションを選ぶ際はこのようなマンションの現状も確認し、安心して住み続けられる物件を選ぶようにしてください。

ライフスタイルに合うリフォームをしやすい

中古マンションは新築マンションと比較して、低価格で購入できるのが大きなメリットです。
その分、浮いたお金をリフォームやリノベーションにあてるという方も多いです。

リフォームやリノベーションを前提とするなら、より条件の悪い古い中古マンションも視野に入れられます
間取りを変える、水回りを最新の便利な設備に変えるなど、ライフスタイルに合わせて自分好みに手を加えやすいです。

マンションの構造上どうしてもできないリフォームやリノベーションもありますので、事前にどんなリフォーム、リノベーションをしたいかをよく考えておき、現実的に可能かどうかも考えて中古マンションを選ぶようにしてください。

また、マンションはすべてをリフォーム、リノベーションできるわけではありません。
玄関ドアやバルコニーなどは共有部分とみなされるため、勝手に改変できない場所についても事前に確認しておきましょう。

中古マンションを買うときに注意すべき3つのこと

中古マンションにはさまざまなメリットがありますが、メリットに飛びついて購入すると後悔することになるかもしれません。
中古マンションを購入する際に注意したい点についても事前に確認しておきましょう。

住宅設備や耐震基準、住宅ローンの金利などの注意点を解説します。

住宅設備は古くないか

築年数の古い中古マンションは水回りや給湯器などの設備が古いままのことが多いです。
そのまま購入したとしても、すぐに交換のために高額な費用が必要になってしまいます。

また、古い住宅設備のまま使い続けていると、事故や故障の可能性も高くなるため危険です。
耐久年数間近の住宅設備や耐久年数を過ぎている住宅設備は、交換する場合の費用も事前にある程度計算しておきましょう。

まだ十分使える住宅設備であっても、最新のものでなければ使い心地が悪く、住み心地に悪影響が出ます。
マイホームで気持ちよく生活するためにも、住宅設備の古さ、使いやすさなどは十分に確認しておく必要があります。

新耐震基準に則しているか

1981年に建築基準法が改正され、それに伴い耐震基準も引き上げられています。
それ以降に建てられたマンションであれば大きな震災でも倒壊の可能性は低いですが、改正以前の中古マンションは旧耐震基準のままです。

なかには旧耐震基準の古いマンションであっても、補強工事をおこなって新基準に達している物件もあります。
耐震基準に満たないマンションを購入してしまうと、大きな地震が発生した際に家族の命を左右するだけでなく、倒壊し、住む場所がなくなってしまう可能性があるのです。

また、将来手放す際にも資産価値が低く十分な金額がつかない、買い手が現れないという問題も起きやすくなります。
安全面についても十分に確認して購入しましょう。

長く住み続けられるか

中古マンションは低価格で購入できるため、よりよい条件のエリアや物件にも手を出せます。
しかし、一般的に人気の条件ばかりを追い求めるのではなく、自分にとって本当に住みやすいマンションかどうかを見極めることも大切です。

駅から近い中古マンションであっても通勤、通学のために別の路線に乗り換えなければならない、かえって遠回りになってしまう駅では意味がありません。
人気のエリアの中古マンションでも、周辺の施設が充実していないと不便に感じます。

また、マンション自体は低価格で購入できても、そのエリアの物価が高いと、これまでの生活水準を下げなくてはならない可能性もあります。
そうならないために、このマンションで生活していくためには、どれくらいの収入が必要なのかをきちんと把握しておきましょう。

管理組合に入り、さまざまなマンション管理に関する業務をおこなわなければならない場合、マンションの業務は負担になってしまいます。
子どもが増えたり、親と同居したりする可能性もふまえて、自分のライフスタイルに合うマンションを選ぶことも大切です。

中古マンションの買い時とは

中古マンションと一口に言っても、その築年数や条件は幅広いです。
もっとも買い時と言える中古マンションはどれくらいの物件なのかを解説します。

自分が求める条件を明確にしたうえで中古マンションを選びましょう。

築20年以上の中古マンションがおすすめ

中古マンションのなかでもとくに人気なのが、築20年程度の物件です。

マンションの価値は新築の時点から下がり続け、築20年で下げ止まりとなります。
それ以上価値が下がることはほとんどないため、もっとも安く、もっともいい状態の中古マンションを購入したいならこのくらいの築年数のマンションを選びましょう。

設備や内装が古くなっていますが、自分好みにリフォームをすることも可能です。
低価格で購入できる分リフォームに割ける費用が増えるため、賢く理想の住処を手に入れられるでしょう。

築25年以上のマンションは住宅ローンの控除を受けられなくなってしまうため注意してください。

リノベーションを前提とするなら築25年以上も人気

築25年以上の古い中古マンションも近年では人気です。
リフォームだけでなくリノベーションという考え方が一般的に浸透してきており、古い物件を安く入手してその分安全で快適な住まいにリノベーションするという人も増えています。

リノベーションされた物件は、売却する際も価値が高いと評価され、比較的高額での取引が可能です。
将来手放すことを考えるならこのような築年数の古い中古マンションを購入してリノベーションをするのも選択肢の一つです。

築5年以内のマンションは新築とほとんど変わらない

築5年以内であっても、以前に人が住んでいたのであれば中古マンションです。
新築マンションよりも安く、それでいて綺麗で最新設備の揃った物件が多いです。

しかし価格は新築マンションとほとんど変わらず、やや安くなっている程度です。
条件のいいマンションを少しでも価格を抑えて購入したいという方には築年数の新しい中古マンションもおすすめです。

しかし人気のエリアの中古マンション、人気のブランドの中古マンションは需要の高さに比べて供給が少ないため、新築時よりも高額で売りに出されることもあります。

改修工事済みのタイミングもおすすめ

マンションはたいだい築15年から20年で大幅な改修が行われます
改修されたばかりの中古マンションであれば、築年数は古くても綺麗な外壁、整った設備の物件に住めるでしょう。

反対に改修前のマンションに住むと、すぐに改修工事に入ってしまい、マンションの景観が損なわれる、せっかく慣れたばかりの設備がすぐに変わってしまう、気に入っていたドアやバルコニーなどのデザインが変わってしまうということもありますので注意してください。

中古マンションを買うときに使える補助金・減税制度

中古マンションの購入時には、さまざまな補助金や減税制度を利用できます。
あらかじめ知っておくことで、よりお得なお買い物ができます。

中古マンションに関する補助金や減税制度について簡単に解説します。

住宅ローン控除

住宅ローンを利用する際にその金利を軽減してくれます。
居住に関する条件、金額の条件、床面積の条件など、住宅ローン控除を受けるためにはさまざまな条件をクリアする必要があり、事前にしっかり確認しておかなければなりません。

また、申請には耐震性を証明する書類の提出も必要です。
準備をしっかりと進めておきましょう。

住宅ローン控除の制度は以前からもありましたが、消費税率が10%に引き上げられたことによって条件が拡充されました。
これまでの条件では受けられなかった方でも、新制度では受けられる可能性があるため改めて条件を確認してみてください。

すまい給付金

消費税が増税されたことによる負担を軽減するために作られたのがすまい給付金という制度です。
最小で10万円、最大で50万円の給付金を受け取れます。

収入が低い家庭の場合は、住宅ローン控除だけでは対応しきれないため、そのような層をサポートしてくれる制度でもあります。
宅地建物取引業者から購入した物件であること、床面積が50平方メートル以上であることなどが条件です。

給付金額は中古マンション購入時の消費税率や収入目安によっても変動しますので、よく確認しておく必要があります。

次世代住宅ポイント

次世代住宅ポイントは住宅設備を省エネ性能の高いもの、バリアフリーのもの、さらに耐震性能の高いものなど、次世代に受け継ぐため、また家事や生活の負担を減らすためにリフォームした際に加算されるポイントのことです。
このポイントとさまざまなものを交換できます。

リフォーム工事ならなんでもポイントが貯まるというわけではなく、次世代住宅ポイント事務局が指定したリフォームでなければなりません。
また、交換期限や申請期限も定められていますので、この期限をきちんと守るようにしましょう。

中古マンションを購入する際はメリットと注意点を確認しよう

中古マンションを購入する際に確認しておきたいメリットと注意点を紹介しました。
中古マンションを選ぶ際はメリットと注意点をよく確認し、管理状態や設備などもチェックしておくと安心です。
価格、設備、状態などさまざまな面で納得できる物件を探し、理想の中古マンションを手に入れましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?