横浜市 鶴見区の一戸建て売却査定

鶴見区専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2

イエウールはネット上から無料で鶴見区の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で鶴見区の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

鶴見区の一戸建て売却価格から相場を知る

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

横浜市の町の名前から一戸建て売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の町の名前を選択してください

鶴見区のイエウール提携不動産会社一覧(10社)

鶴見区の不動産査定に関する売却情報を見る

鶴見区の一戸建て・家の最新売却動向

神奈川県横浜市鶴見区の一戸建て売却動向

神奈川県横浜市鶴見区の一戸建ての売却動向を知るにはサイトから無料の一括見積を取る方法が効率的と言えます。 その他にも特定の地点の価格や各地域の市場動向などを知ることが出来ますが、立地条件や物件ごとの特性や取引の時期などから個別に判断する必要があります。 又、不動産流通機構や流通推進センターその他の資料を調査することが出来ます。 不動産鑑定士に個別に鑑定評価額を算定してもらうこともでき構造や面積、規模によって料金が変わって来ます。 あるいは流通近代化センターの価格査定マニュアルによって査定を行うことも出来ます。 平均取引価格は2014年で4240万円となっています。

横浜市鶴見区の一戸建て価格比較

神奈川県横浜市鶴見区では、中古一戸建てが活発に取引されています。中古一戸建ては2000万円から4200万円くらいで物件が販売されています。この価格は近隣の横浜市神奈川区や川崎市川崎区と同じくらいになっています。鶴見区は横浜市内で2番目に人口が多い地域です。多くの人が住んでいることから、生活がしやすい地域であることが分かります。

横浜市鶴見区の一戸建て取引件数推移

神奈川県横浜市鶴見区の中古一戸建て取引件数の推移を、過去5年間のデータに基づいて検証したところ、H22年4月〜6月期〜H24年1月〜3月期までの2年間は、1年収期で増減する緩やかな増減のカーブを描いています。 H24年4月〜6月期よりH26年4月〜6月までは、増加の幅の大きい1年周期の増減のカーブになっています。 直近の3四半期は小幅の増減に留まっています。

鶴見区の一戸建て売却の基礎知識

鶴見区の一戸建て市場価格の推移

鶴見区の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった鶴見区の一戸建て市場価格は年となっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

全国の空き家率と比較してみたよ!地域によっても空き家率は変わるんだよ!

鶴見区の空き家率

鶴見区
計算中...
%

神奈川県全体
計算中...
%

単位(%)
神奈川県 鶴見区
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat) (https://www.e-stat.go.jp/)

鶴見区の一戸建て価格相場の比較

次に、鶴見区で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。

不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

※ボタンをクリックして、切り口を変えてみて下さい。

220m²超11111
〜220m²
〜200m²111
〜180m²21
〜160m²11111
〜140m²11
〜120m²3261
〜100m²11121
〜80m²211691
〜60m²263
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

※表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの鶴見区における一戸建ての取引件数です。

※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

鶴見区で一戸建ての売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、一戸建ての売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元での一戸建て売却の市況と、一戸建て売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

横浜市鶴見区では、世帯数は増えている一方で、空き家も増えている

では、横浜市鶴見区の一戸建て売却の市況から解説します。
まず、日経新聞によると、神奈川県内の住宅地価は政令指定都市や都心へのアクセスが良い場所で上がっています。横浜市では、中心地の神奈川区や西区、中区は2%、都心への交通利便性が高い港北区や鶴見区の地価が上がっており、根強い人気があります。
ただし、磯子区・栄区の地価は横ばいとなっており、市の関係者の話では、「移動にバスを使わざるをえない地域では、高齢化により需要が減っている」と分析しているとのことです。

なお、横浜市営地下鉄は2030年に「あざみ野~新百合ヶ丘」間を延伸予定のため、利便性が高まり人気が上がる可能性はあります。

国交省の「都道府県地価調査」によれば、横浜市鶴見区の住宅地の価格の前年比の変動率は、2018年は+1.4%、2019年は+1.5%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では上がり続けています。

また、横浜市鶴見区での一戸建ての価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 横浜市鶴見区の世帯数は2016年に140,431世帯でしたが、2018年に143,789世帯となり、3,358世帯(2.4%)が増えているため、住宅需要も増えていると言えます。
  • 横浜市鶴見区の空き家率は、2013年に9.7%、2018年に12.0%と増えているので、空き家問題はやや弱まったと言えます。
    (なお、空き家率の全国の約1,900の市区町村での順位は、2013年は1039で、2018年には783でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては世帯数(需要)は増えるものの、空き家も増えるので、売りやすい状況とは言えません。

鶴見区では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、横浜市鶴見区での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
横浜市鶴見区の世帯数は2015年に140,431世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は127店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数は約9店舗といえます。
これは全国では136位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。

とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、一戸建て売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。

(出典:都道府県地価調査、住宅土地統計調査、経済センサス、国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとに、イエウール編集部にて作成)

  1. イエウールを使って成功した先輩の声だよ!

不動産会社を選んだ決め手は何?

鶴見区の一戸建て・家の売却エピソード

N. Sさんの場合
鶴見区
 
 
2LDK
 
築47年

神奈川県横浜市鶴見区に住んでいました。私の親と同居することになり、子供の大学入学を待って、一戸建ての住居を売却することになりました。 不動産会社に出向き、担当者を紹介され、売却までの手続きが始まりました。 そこから、書類、実際に訪問されての査定が始まり、お互いに納得のいくまで話し合いました。一番難しかったが金額の決定でした。 やはり、愛着があるので、どうしても高く設定しがちですが、担当者が比較データや実際の売却価格の実績を提示し、丁寧に説明していただきました。引っ越しが終わってから、3ヶ月後、買い手が見つかったの報告を受け、その後の経過報告もこまめにしていただき、手続きまでスムーズに行きました。

H. Aさんの場合
鶴見区
 
 
5DK
 
築40年

新築物件への買い替えを実現するために、横浜市鶴見区で今住んでいる一戸建てを売る予定です。そこで神奈川県内の有力な不動産会社の一社を選んで、査定をお願いしました。初めて査定をするのでわからないことが多かったのですが、業者の担当者は電話で丁寧に説明してくれました。更に自宅の訪問査定でもじっくりと話し合うことができたので、良い売却方法についても理解を深めることができました。そして現在ではできるだけ高く売るために、チラシの配布に向けて準備を進めています。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

鶴見区の一戸建て売却にかかる費用とは?

鶴見区の一戸建て売却の相場はだいたい分かったけれど、売却の費用が気になる方もいると思います。そこで、このページでは鶴見区の一戸建て売却でかかる税金・諸費用などの要点も解説します。一戸建て売却では、約10種類の費用がかかってきます。

一戸建て売却にかかる主な費用・税金の一覧

項目費用の目安金額の大きさ
仲介手数料(売却額×3%)+ 6万円 + 消費税★★★
印紙税1,000円〜6万円 ※売却金額により異なる。★★
抵当権抹消費用司法書士へ依頼するとして5,000円~2万円程
ローンを一括返済するための費用一括繰り上げ返済にかかる金融機関への手数料1万円~3万円
譲渡所得税・住民税・復興特別所得税売却した年の1月1日での保有期間によって異なる
保有期間が5年以下なら譲渡所得の39.63%
保有期間が5年超なら譲渡所得の20.315%
★★★
その他費用※費用項目より異なる。

費用の中でも特に大きいのが「仲介手数料」と「譲渡所得税・住民税」です。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の金額は、法律で上限金額が決まっています。

仲介手数料の例

売却価格仲介手数料(税抜)消費税8% 仲介手数料(税込)消費税10% 仲介手数料(税込)
1,000万円の場合36万円38万8,800円39万6,000円
3,000万円の場合96万円103万6,800円105万6,000円
5,000万円の場合156万円168万4,800円171万6,000円
1億円の場合306万円330万4,800円336万6,000円

売却金額が高くなるほど税率が下がります。売却金額が400万円異常の場合は、税金額は「3%+6万円+消費税」です。買い手と売買契約を結んだ時点で半額、引き渡し時点で残額をお支払いするという形が一般的です。


仲介手数料について詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

譲渡所得税・住民税の計算方法

譲渡所得税・住民税は、売却代金から購入費用を除いた金額に対してかけられます。税率は、売却した年の1月1日での保有期間に応じて変わります。

課税対象となる金額の計算方法

所得税や住民税が課税される対象である課税譲渡所得は、下記の計算式で算定されます。

  • 譲渡所得=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)
  • 課税譲渡所得=譲渡所得-特別控除

保有期間に応じた税率

項目所有期間所得税住民税復興特別所得税
短期譲渡所得5年以下の場合30%9%0.63%
長期譲渡所得5年超の場合15%5%0.315%

譲渡所得税・住民税について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

費用のよくある質問

リフォーム費用はいくらくらいかかるの?

リフォームには100万円以上の金額が必要な場合もあります。但し、安易なリフォームは結果として損をしてしまうこともあり、慎重な判断が必要です。リフォームをしたからと言って、その金額だけ値段が上がらないこともあります。リフォーム以外にも不動産を綺麗に見せる方法もありますので、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

測量が必要な場合があるって聞いたけれど、一体どういうこと?

一戸建てや土地を売却する場合、隣の土地との境界が決まっていない場合があります。そんな時に、「売却する不動産はここまで」と明確にするために、測量をするのです。規模によりますが、測量費用は30~80万円程度が相場と言われています。詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

一戸建て売却に役立つ記事を読む

鶴見区一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

イエウールはネット上から無料で鶴見区の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で鶴見区の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。