滋賀県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

滋賀県の土地の最新売却動向

滋賀県の土地の売却動向

滋賀県は琵琶湖を中心として、湖南・湖北・浦東・湖西の4つの地域に分けられている近畿地方の件です。大津市・草津市などの主要都市は湖南に集中していますが、東近江市や長浜市など、各地域に主要都市が存在しています。中でも大津市は2015年5月時点で人口が30万人を上回っており(2015年7月現在)、県内だけでなく近畿地方の中心都市としての役割を担っています。2015年5月時点での県全体の推計人口は、約141万人とされています。1970年から人口の増加傾向が続いていましたが、2010年から2015年にかけては人口の大きな変動は見られません。京都府や大阪府のベッドタウン、関西地方と東海地方の流通拠点として発展しましたが、開発が進んだ南部と北部の経済格差が問題として挙げられています。

滋賀県の土地の需要は、生活利便性の高いエリアと、そうでない地域で格差が見られます。特に人気が高いのは草津市・大津市の駅周辺エリアであり、これらのエリアでは2013年から2014年にかけて地価が大幅に上昇しています。滋賀県全体の2014年の平均坪単価は187,351円とされており、2013年からは0.81%の上昇となりました。しかし、その一方で土地の取引価格は2013年から2014年にかけて下落しています。県内でも特に地価が高いのは、草津市・大津市・守山市などの自治体です。また、栗東市や野洲市なども、2013年から2014年にかけて地価が上昇しており、県内では平均坪単価が高い水準にあります。

滋賀県では土地の取引価格が下落傾向にありますが、2014年から2015年にかけては、公示地価・基準地価の影響を受けて上昇する可能性があります。特に草津市・大津市など、需要が高まっている地域の土地を所有している方は、今後の地価動向を細かく確認することが大切になるでしょう。滋賀県の商業地に関しては、全域的に需要が低下気味です(2012年時点)。テナント・オフィスビルなどに関しても需要が低下しているため、商業地に土地を所有している方は、売却のタイミングに注意が必要となります。土地の種類別に見てみると、比較的需要が安定しているのは工業地となります。特に名神高速道路・新名神高速道路周辺に関しては、今後も需要が安定すると見られています。

滋賀県の土地価格比較

滋賀県の土地の平均価格を周辺の県と比較すると、大阪府、京都府、兵庫県に比べると価格は低くなっています。それに比べて和歌山県や岐阜県は低くなっています。滋賀県内でも京都府や大阪府に近い、草津市や大津市の地下平均価格は高くなっています。逆に甲良町や豊郷町といった都市部から離れた地域は価格は低くなっています。

滋賀県の取引件数推移

滋賀県の土地取引件数の推移は京都や大阪に近い草津市や大津市、栗東市、守山市、野洲市では取引件数は増加傾向にあります。逆に犬上郡甲良町、犬上郡豊郷町、蒲生郡日野町、犬上郡多賀町などの都市部から離れた地域は土地取引件数は減少傾向にあります。2015年においては滋賀県の地価平均は上昇しており、今後取引件数も上がるでしょう。

滋賀県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

滋賀県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で滋賀県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

滋賀県の土地の売買・売却ならイエウール

滋賀県の大津市や彦根市、長浜市など、滋賀県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

滋賀県の土地の売却エピソード

T. Nさんの場合
滋賀県
土地
73平米
22坪

滋賀県に20年近く住んでいたのですが、中古住宅で買った家も古くなり引越しを考えていました。不動産屋さんに訪れて売却の相談をしたのですが、査定してもらった結果、駅から近いということで、家を取り壊して更地にして、土地として売るほうが買い手がすぐに見つかるので良いとの説明を受けたので土地として売ることにしました。土地の値段は相場より少し高めの金額に設定することができ、取り壊し費用を入れても中古の戸建てで売却するよりも高い値段で売却することができました。

Y. Kさんの場合
滋賀県
土地
60平米
18坪

滋賀県に住んでいるのですが、親から譲り受けた土地があり、眠らせておくのはもったいないということで、近所の不動産屋さんに査定を依頼しました。近所に大型スーパーがあるということで、大変便利な立地条件らしく、相場よりも高い査定額となりましたので、そちらの不動産屋さんに仲介を依頼することにしました。すぐに買い手が見つかり、不動産屋さんの対応もテキパキしていたので実際に売却までにかかった期間は2ヶ月で全ての手続きを終えることができました。

M. Fさんの場合
滋賀県
土地
142平米
43坪

滋賀県の湖西の地方に、住まなくなった家があり、土地として所有していました。今年会社の都合で引越しすることになり、管理するのに手間がかかるということで、不動産屋さんに相談して売却することにしました。一度査定してもらったのですが、別荘地としてのニーズもあるらしく、相場の値段も近年上昇傾向にあるということから、買い手もすぐに見つかりました。ローンを組んでいなかったため、手続きなどもスムーズに進めることができました。

滋賀県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ