青森県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

青森県の土地の最新売却動向

青森県の土地の売却動向

青森県の2015年5月1日時点における推計人口は、1,310,743人となっています。大正時代は東北地方で最も人口が少ない地域でしたが、1940年には100万人を超え、1965年には宮城県、福島県に次ぎ東北地方で3番目の人口規模になりました。ところが2000年代に突入したあたりから、人口は減少傾向に転じています。ある研究所のデータによれば、2035年までに105万人まで減少すると予想されています。2011年度の転出超過率は0.26%にも達しています。これは都道府県別でもかなり高い水準です。ちなみに転出先については、2008年度のデータによると最も多いのが東京都で18%、次いで宮城県の12%、神奈川県の11.1%が続きます。青森県は日本でも有数の農業県として知られています。食料自給率が日本全国平均で40%を割ると言われている中で、平成19年度の概算値でカロリーベース118%の食料自給率を誇ります。青森県と言えばリンゴをイメージする人は多いでしょうが、そのほかにも長芋やにんにくは全国トップの生産量です。

青森の2014年における平均地価を見ると、1坪当たり82,985円となりました。2013年と比較すると3.74%下落しており、都道府県別で見てみると46番目の平均地価となります。また、地価上昇率については都道府県別で見た場合、ワーストスリーに入ります。青森県の土地の価格がこれほどまでに下落しているのは、供給過多の状態が続いているためです。土地区画整理事業が県内で行われているのですが、新興住宅地やマンションの建設ラッシュに対して、買い手が追い付いていないため、下落が続いています。

青森県の土地の価格は、全域的に下落している状態となっています。県庁所在地の青森市を見ても、下落傾向が続いています。一部長島地区のような高水準の住宅地はあるものの、高値で取引される土地は県内では限られます。八戸市では八戸ニュータウンの造成が積極的に行われてきました。しかし、八戸経済の先行きが不透明と言われており、土地需要がなかなか伸びません。東日本大震災の影響も受けているとされています。青森県で土地を売却する場合には、慎重な姿勢を取るべきと言えます。安い価格で売却しないように、タイミングを慎重に見極めましょう。

青森県の土地価格比較

2014年度青森県の土地平均坪単価は8万円です。県庁所在地の青森市は約15万円です。周辺地域の平均坪単価を見ていくと、秋田県は約7万円、岩手県は約11万円、山形県は約9万円、宮城県は約25万円、福島県は約10万円、 北海道は約12万円となっています。青森県は全国的にも46位と土地の価格が低いです。周辺地域も仙台市のある宮城県を除き、全国的に低くなっています。

青森県の取引件数推移

青森県の土地取引推移は以下のようになっています。2012年11,485件、2013年、12,404件、2014年11,887件です。ここ数年ほぼ変わらない水準で推移しています。大都市でなければ人口減少の影響により、価格の上昇は見込めません。景気が回復している時期は価格の下落も抑えられているので、土地を売る際は景気の回復している時期に行うのがベストです。

青森県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

青森県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で青森県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

青森県の土地の売買・売却ならイエウール

青森県の青森市や弘前市、八戸市など、青森県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

青森県の土地の売却エピソード

S. Aさんの場合
青森県
土地
50平米
15坪

青森県に住み岩木山が大好きでした。今の自分を成長させたのは岩木山の近くにある土地の売却を経験したからだと思っています。不動産会社の担当者との交渉の場でのやりとりから、人間関係の大切さ、信頼できる人と巡り合えた運の良さを実感したからです。丁寧に土地の査定をしてくれ、納得できる価格で売却できました。現在は担当者とは岩木山の話題やカラオケで楽しむほどの間柄になりました。そびえたつ岩木山を見るたびに幸せを感じています。

S. Yさんの場合
青森県
土地
155平米
47坪

青森県の田舎の土地を所有していたのですが、今年に入ってから会社の都合で引越しすることになり、管理ができないことから売却することになりました。田舎にあったため売却できるか不安でしたが、相談しにいった不動産屋さんが親身に話を聞いてくれて、買い手も色々とあたってもらい探してくれたので、こちらの不動産屋さんを選んで良かったです。また、3ヶ月ほどかかりましたが、買い手も見つかり手続きも引越し前に完了することができました。

N. Mさんの場合
青森県
土地
145平米
44坪

家族が増えたことから住み替えを考えていました。仕事の関係から青森県から離れた土地で暮らすことが出来ないので地元不動産屋に住み替えの相談に行きました。担当の方も、青森県の方で青森の土地事情に詳しい方でしたのでこちらの希望も十分理解してくれ話が早く済みました。売却には1年ほどかかりましたが、その間担当の営業マンは最後まで付き合ってくれ感謝しています。住み替え先の住宅もお願いしていたので仲介手数料をお得にしてもらえました。

青森県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ