福島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

福島県の土地の最新売却動向

福島県の土地の売却動向

福島県内には2つの山地が存在しており、それらの山地を境に浜通りと仲通り、会津の3つの地域に分類されています。山地で隔てられているため、この3つの地域同士の交流はあまりなく、気候や文化にも違いが見られます。ちなみにそれぞれの地域圏の人口を見てみると、2015年5月1日時点で最も多いのは仲通りであり、その人口は1,150,738人とされています。次いで浜通りの502,090人、会津の275,258人となります。ちなみに福島県全体の同時期の人口は、1,928,086人となります。2005年時点のデータになりますが、市別で人口を比較すると最も多いのはいわき市です。次いで郡山市で、県庁所在地の福島市が3番手になります。いわき市・郡山市・福島市は福島県の三大都市ですが、これらの都市はそれぞれ異なる分野に特化しています。福島市は県庁所在地のため行政機能が集中しており、日本屈指の果物果樹地帯を形成しています。郡山市は商業・内陸工業地帯の中核を担っており、いわき市は広大な面積を利用して沿岸工業に特化しています。

福島市の土地の動向を見てみると、日本国内でも特に地価の上昇率が高い地域のひとつといえます。平均坪単価で見ると、2014年の平均が99,083円とされており、都道府県別では第44位となります。2013年からの価格上昇率は1.70%であり、都道府県別で第6位です。これは、2011年に発生した東日本大震災が関係しています。福島県では地震や津波だけでなく、福島第一原発の事故により放射性物質が拡散し、風評被害も深刻でした。事業所や人口が流出し、工場の操業停止、店舗の閉鎖などにより大幅に価格低下が続いていました。しかし、これらの影響も底を打った感が出つつあります。そこで持ち直しの傾向が見られるようになり、2013年〜14年の上昇率につながっていると考えられます。

福島市の市街地の南西部は、住宅の需要が高まりつつあります。野田町や森合町はもともと生活利便性が高いこともあって、高額で土地取引されるケースも見られます。そのほかには、いわき市の郊外でも土地の価格が上昇しつつあります。東日本大震災の被災エリアで暮らしていた住民の移転需要が高まっているためです。中央台の周辺では、震災の前後で販売実績が3倍もアップした事例があります。白河市も郊外住宅の需要が回復傾向になりつつあります。こちらに土地を持っている人は、高い売却額を期待することができるでしょう。

福島県の土地価格比較

福島県の土地価格を周辺の地域と比較しました。福島県の1平方メートルあたりの価格は4万円以上が多いのに対し、栃木県、新潟県は1万円以下の土地が多いです。さらに山形県、宮城県、茨城県はもう少し価格が高くなりますが2万円以上の土地が多いです。価格を比較してみると、福島県は周辺の地域の2倍以上であることが分かります。

福島県の取引件数推移

福島県の土地取引件数は右肩上がりで年々急増しています。特に平成24年4月からの増加は眼を見張るものがあり、福島県の土地に人気が集中していることが分かります。平成22年10月に土地取引件数が3500件以下に下がったのですが、平成23年4月から徐々に伸びていき2年後の平成24年10月には2倍の6500件以上になりました。

福島県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

福島県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で福島県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

福島県の土地の売買・売却ならイエウール

福島県の福島市や会津若松市、郡山市など、福島県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

福島県の土地の売却エピソード

R. Aさんの場合
福島県
土地
159平米
48坪

福島県で兄弟で相続をする土地があり、それは誰が相続をして税金を払い続けていくことになるのかと、話し合いになったのです。だれもが離れた仕事をしている土地で家庭を持ち、暮らしているので、その土地に住むような者もいなかったのです。それで売却をしようということになり、その時に相場のことなども含めて査定をして貰ったのです。そして、価格をある程度の所で買取をして貰うことにしました。その方が全員が気持ちがすっきりとしたのです。

D. Nさんの場合
福島県
土地
344平米
104坪

福島県に約100坪の土地を所有していましたが、遠方に引っ越しをすると管理が出来なくなってしまうため、売却することにしました仲介会社を幾つか見て回りましたが、一番良く話を聞いてくれた所に決めました。周辺で売りに出ている土地の値段と比べてちょうどいい値段を表示してくれたので、引っ越しをする前に無事売却をすることが出来ました。売値の相場が分からなかったので、この仲介業者に依頼することが出来良かったと思います。

Y. Tさんの場合
福島県
土地
195平米
59坪

福島県で住み替えのために土地の売却を依頼しました。複数の不動産会社に査定を依頼しましたが、一番高い金額を提示してくれた不動産会社にお願いすることにしました。担当者は積極的に営業活動を行ってくれて、チラシなどにも掲載してくれたので安心して任せることができました。おかげで2ヶ月で売却することができました。丁寧に対応してくれたので友人にも不動産会社を紹介しました。熱心に対応してくれると喜んでもらうことができました。

福島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ