福島県の土地売却査定・相場

福島県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で福島県の土地売却の査定を依頼できます。
急いで土地売却を決めてしまう前に、一括査定で福島県の土地売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

福島県の土地売却価格推移

福島県の土地市場価格は年が最も高い価格です。
一方で福島県の土地市場価格は年が最も低い価格となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

福島県の土地価格相場の比較

福島県で土地の売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「最寄駅からの距離」の2つです。したがって、ここではこの2つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

450m²超795779401937622212
〜450m²2112331
〜400m²15101212
〜350m²23262111
〜300m²2716266
〜250m²263842311
〜200m²3419261
〜150m²49166
〜100m²342
〜50m²11
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2019年第1四半期から2019年第4四半期までの福島県における土地の取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

福島県の土地売却相場

土地アイコン
福島の
土地

取引件数
862

平均売却額
1,981万

平均平米単価
3.1万
円/㎡

平均土地面積
565
※ 表示されている情報は、2019年第1四半期〜2019年第4四半期のデータです。

最新の土地売却事例

エリア売却価格最寄駅駅徒歩平米単価土地面積取引時期
喜多方市110,000万喜多方駅748.0万20002019年 第3四半期
双葉郡富岡町5,000万富岡駅242.7万19002019年 第3四半期
福島市2,800万卸町(福島)駅187.6万3602019年 第4四半期
会津若松市1,500万会津若松駅601.5万9702019年 第3四半期
耶麻郡猪苗代町990万翁島駅601.6万6302019年 第3四半期
岩瀬郡鏡石町950万鏡石駅73.9万2402019年 第3四半期
西白河郡西郷村650万新白河駅182.7万2402019年 第3四半期
本宮市430万本宮(福島)駅113.7万1152019年 第3四半期
双葉郡楢葉町380万竜田駅111.1万3602019年 第4四半期
大沼郡会津美里町360万新鶴駅348007502019年 第3四半期
いわき市310万赤井駅2時間
以上
100003002019年 第4四半期
双葉郡浪江町300万浪江駅60130020002019年 第4四半期
東白川郡塙町200万磐城塙駅41.8万1102019年 第3四半期
伊達市150万梁川(福島)駅1699001502019年 第3四半期
相馬郡新地町70万新地駅9064011002019年 第3四半期

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

福島県の土地売却に強い不動産会社例

福島県の不動産売却に関する情報を見る

福島県の土地の最新売却動向

福島県の土地の売却動向

福島県内には2つの山地が存在しており、それらの山地を境に浜通りと仲通り、会津の3つの地域に分類されています。山地で隔てられているため、この3つの地域同士の交流はあまりなく、気候や文化にも違いが見られます。ちなみにそれぞれの地域圏の人口を見てみると、2015年5月1日時点で最も多いのは仲通りであり、その人口は1,150,738人とされています。次いで浜通りの502,090人、会津の275,258人となります。ちなみに福島県全体の同時期の人口は、1,928,086人となります。2005年時点のデータになりますが、市別で人口を比較すると最も多いのはいわき市です。次いで郡山市で、県庁所在地の福島市が3番手になります。いわき市・郡山市・福島市は福島県の三大都市ですが、これらの都市はそれぞれ異なる分野に特化しています。福島市は県庁所在地のため行政機能が集中しており、日本屈指の果物果樹地帯を形成しています。郡山市は商業・内陸工業地帯の中核を担っており、いわき市は広大な面積を利用して沿岸工業に特化しています。

福島市の土地の動向を見てみると、日本国内でも特に地価の上昇率が高い地域のひとつといえます。平均坪単価で見ると、2014年の平均が99,083円とされており、都道府県別では第44位となります。2013年からの価格上昇率は1.70%であり、都道府県別で第6位です。これは、2011年に発生した東日本大震災が関係しています。福島県では地震や津波だけでなく、福島第一原発の事故により放射性物質が拡散し、風評被害も深刻でした。事業所や人口が流出し、工場の操業停止、店舗の閉鎖などにより大幅に価格低下が続いていました。しかし、これらの影響も底を打った感が出つつあります。そこで持ち直しの傾向が見られるようになり、2013年〜14年の上昇率につながっていると考えられます。

福島市の市街地の南西部は、住宅の需要が高まりつつあります。野田町や森合町はもともと生活利便性が高いこともあって、高額で土地取引されるケースも見られます。そのほかには、いわき市の郊外でも土地の価格が上昇しつつあります。東日本大震災の被災エリアで暮らしていた住民の移転需要が高まっているためです。中央台の周辺では、震災の前後で販売実績が3倍もアップした事例があります。白河市も郊外住宅の需要が回復傾向になりつつあります。こちらに土地を持っている人は、高い売却額を期待することができるでしょう。

福島県の土地価格比較

福島県の土地価格を周辺の地域と比較しました。福島県の1平方メートルあたりの価格は4万円以上が多いのに対し、栃木県、新潟県は1万円以下の土地が多いです。さらに山形県、宮城県、茨城県はもう少し価格が高くなりますが2万円以上の土地が多いです。価格を比較してみると、福島県は周辺の地域の2倍以上であることが分かります。

福島県の取引件数推移

福島県の土地取引件数は右肩上がりで年々急増しています。特に平成24年4月からの増加は眼を見張るものがあり、福島県の土地に人気が集中していることが分かります。平成22年10月に土地取引件数が3500件以下に下がったのですが、平成23年4月から徐々に伸びていき2年後の平成24年10月には2倍の6500件以上になりました。

福島県の地価ランキング

地価ランキング(住宅)

順位住所エリア最寄駅駅からの距離地価坪単価前年比
1福島県 郡山市堤下町27番堤下町郡山1300m12.2万円/㎡40万円/坪
2福島県 郡山市神明町2-15神明町郡山1300m10.0万円/㎡32万円/坪
3福島県 郡山市堂前町31-7堂前町郡山900m9.5万円/㎡31万円/坪
4福島県 福島市万世町4-31万世町福島750m8.8万円/㎡29万円/坪
5福島県 郡山市朝日2-20-8朝日郡山2900m8.8万円/㎡28万円/坪
6福島県 福島市野田町2-2-3野田町福島640m8.6万円/㎡28万円/坪
7福島県 郡山市池ノ台9-12池ノ台郡山2100m8.2万円/㎡27万円/坪
8福島県 いわき市平字作町3丁目1番16いわき1900m8.0万円/㎡26万円/坪
9福島県 福島市宮下町7-14宮下町福島1500m7.9万円/㎡26万円/坪
10福島県 郡山市細沼町9-1細沼町郡山1100m7.7万円/㎡25万円/坪
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

福島県土地の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で福島県の土地売却の査定を依頼できます。
急いで土地売却を決めてしまう前に、一括査定で福島県の土地売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?