福島県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

福島県の一戸建て・家の最新売却動向

福島県の一戸建ての売却動向

福島県は北海道・岩手県に次ぐ面積を有している県であり、2015年5月時点での推計人口は約192万人です。人口密度は1平方キロメートルあたり約140人となっており、全国の都道府県の中では第39位とされています(2015年5月時点)。福島県の県庁所在地は福島市ですが、県内で最も人口が多い自治体は郡山市です(2015年5月時点)。また、いわき市や会津若松市なども人口が多い傾向にあり、これら4つの自治体が福島県の中心都市となっています。県全域の特徴としては、森林や山などの自然が多く見られる点、農業や水産業などの第一次産業が盛んな点などを挙げることができます。ただし、郡山市などの都市圏においては、サービス業などの第三次産業が中心的な産業となっています。

福島県の一戸建て物件の成約件数は2013年から徐々に増えてきており、これは2011年に発生した東日本大震災の復興が進んでいる影響と見られます。売却が成約した建物の平均面積については、2014年に比べると少しずつ広くなってきている傾向が見られます。公示地価・基準地価に関しては、バブル経済期から2010年頃までは下落傾向が続いていたものの、2010年以降は比較的安定しています。2014年の平均坪単価は99,083円となり、前年にあたる2013年に比べると1.70%の上昇となりました。地価上昇率に関しては、全国の都道府県の中でもトップクラスとなっています。ただし、海岸から近い地域や、東京圏へのアクセスが不便な地域については、地価の下落傾向が見られます。

県内で地価が上昇傾向にある都市としては、郡山市や福島市、いわき市などを挙げることができます。特にいわき市は上昇率が高く、2013年から2014年にかけて、約5%地価が上昇しました。したがって、これら3つの都市の一戸建て物件を所有している場合には、売り時が近付いていると判断して良いでしょう。また、郡山市・福島市・いわき市は、福島県内では高い売却額・査定額を期待しやすいエリアと言えます。ただし、会津若松市や相馬市では、地価の下落傾向が続いています。これらの都市の一戸建て物件を売りたい場合には、細かく地価動向をチェックし、下がり止めの時期を的確に判断することが大切になります。

福島県の一戸建て価格比較

福島県の中古一戸建ては、災害の影響などを受けて周辺地域に比べて価格が下落傾向にあります。しかしながら、災害関連で長期出張で福島県で働く方も増えており、そのような方の作業地域に近い物件を中心に価格は安定的に推移する傾向も表れ始めていることから、今後の動向については注目していく必要がある地域だといえます。

福島県の一戸建て取引件数推移

福島県の中古一戸建ての取引件数は災害等の理由から一時期大きく減少したものの、県内で移住をする方を中心に取引が活発化する傾向も見せています。そのような流れを受け、ファミリー層が暮らしやすいエリアにある中古一戸建ては特に人気が高まっており、駅の近くや高台エリアを中心にその傾向が顕著になっているといえます。

福島県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

福島県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった福島県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

福島県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

福島県の福島市や会津若松市、郡山市など、福島県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

福島県の一戸建て・家の売却エピソード

Y. Kさんの場合
福島県
1LDK
築44年

姉から福島県に住む自分に電話があり、引越したいから一戸建ての自宅を処分し、資金にしたいと言ってきました。不動産会社をすぐ手配してくれないかと依頼でした。知人の紹介で不動産会社をたずねました。電話の応対がとても感じが良く、社長も気さくな方で若い担当者と一緒に一戸建て物件の売却情報、相場、査定と説明していただきました。納得できる価格で契約でき姉とお礼に行くことにしました。その一件以来姉妹の仲も一段とよくなりました。

K. Tさんの場合
福島県
1LDK
築33年

福島県の住宅団地の一戸建て住宅の売却を決意しました。不動産の売却は初めてのことで、インターネットで検索していると、書式項目に必要事項を入力することで不動産業者を紹介してくれることを知りました。紹介業者は、いずれも近隣の中小の不動産業者で、机上査定による見積書が3社から送付され、訪問査定の予約をしました。訪問査定で評価額にはそれほど差はありませんでした。不動産業者の担当者の方は、親身になっていろいろな相談に乗って頂き、希望通りに近い価格で短期で売却することができました。今後のライフプランのことまで助言していただき感謝しております。

T. Oさんの場合
福島県
2LDK
築14年

福島県の一戸建てを売却しました。子供達は都会に出て働くようになり、妻と二人で暮らしていましたが、もう少し便利なところに移り住むことにしました。二人なら、もっと狭い家で十分だと思ったのです。それで一戸建ての方は知り合いの不動産会社にお願いして売却することにしました。知り合いということもあり、面倒な手続きも全てお任せすることができました。いろいろ心配しなくてもきちんとやってくれたので、本当に良かったです。

福島県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ