四万十市土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

四万十市の土地の最新売却動向

高知県四万十市の土地売却動向

四万十市は高知県の南西部に位置している市です。2005年に中村市と幡多郡西土佐村が合併して誕生した市で、面積は632キロ平方メートル、総人口34517人です。2013年に国内観測史上最高気温の41度を記録した市でもあり、住民グループを立ち上げて日本一暑い町としてPRしています。高知県西部の中心都市でもあり、中心部付近には四万十川によって形成された沖積平野がある土地です。市域の大半は山林が占めています。

四万十市の土地価格比較

高知県の南西部にある四万十市は東側は太平洋、西側は愛媛県の県境に位置する場所にあります。 鉄道は四国旅客鉄道、土佐くろしお鉄道があり、国道がありますが高速道路はありません。 高知県四万十市の土地取引価格は6.2坪/万円となっており、土佐清水市の土地取引価格は6.25坪/万円とほぼかわらない数値となっています。

四万十市の取引件数推移

高知県四万十市の土地の取引件数の推移をこの5年間で追いかけていきますと、少ない時期で四半期毎に70件程度になります。多い時期で平成25年では150件と少ない時期の倍以上の取引数となります。取引件数の需要は平成22年前半は需要はしぼんでいましたが、24年から25年にかけてふくらみを見せ26年には需要は再びしぼみます。

四万十市の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

四万十市の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で四万十市の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

四万十市の土地の売買・売却ならイエウール

四万十市の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

四万十市の土地の売却エピソード

R. Oさんの場合
四万十市
土地
163平米
49坪

いわゆるIターンというものがひそかなブームになっていますが、その影響もあってか、私の持つ土地に買取の申し出がありました。高知県四万十市に永住したいとのことで、私も快く承諾しましたが、少々金額で折り合いがつきませんでした。そこで地元の不動産会社に依頼して交渉にあたってもらったところ、適正な金額というものを向こうも納得してくれ、なんとか契約は成立しました。やはり個人で売買するのは、結構骨の折れる作業だと認識しました。

N. Nさんの場合
四万十市
土地
180平米
54坪

高知県四万十市の土地を不動産屋へ依頼して、無料という形でさていしてもらいました。私がこの土地を査定してもらったのは、かなり前です。そして、地元の不動産屋に依頼をしました。無料ということが利点ではありましたが、無料で査定してくれるので、適当な感じなのではないかと思っていました。しかし、実際にふたをあけてみるとそのようなこともなく、担当者は丁寧に情報提供してくれて、私が納得のいく対応をしてくれたのです。

四万十市土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ