あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1300社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

土地売却の流れについて教えてください

はじめに

土地を売買するときの流れですが、まずは売り手側の流れから説明していきます。

まずは土地の売却価格を立てることから始めます。

売るからにはなるべく高く売りたいですが、高すぎると買い手が見つからないので、周辺の物件相場を調べるようにします。

次に、仲介してくれる不動産会社を探します

売買に関しては手続きが面倒な上、トラブルにもなりやすいので、できるだけ不動産会社に仲介してもらうといいでしょう。

物件の価格査定と不動産会社との媒介契約

物件価格を不動産鑑定士に査定してもらいます。このとき1社のみならず、いくつかの不動産会社に依頼して、査定額の比較はもちろん、信頼できる不動産会社の選定します。

不動産会社を決めたら、正式な契約を結びます。1社との専属契約や複数社との契約などが可能です。

不動産の売り出し、交渉

売却価格自体はご自身で決めることができますが、査定価格を参考にするといいでしょう。その後、買い手が見つかったら交渉に入ります。交渉の際は明確に条件を提示するといいでしょう。

物件情報の開示

買い手には、物件に関する情報はなるべく細かく提供します。こうすることでトラブルを未然に防ぎます。不動産会社に協力してもらうのも1つの手です。

売買契約と引き渡し

売り手と買い手が合意したら、売買契約を結びます。ここもトラブルになりやいポイントなので、不動産会社に相談するといいでしょう。

そして、不動産の引き渡しを行うのですが、引き渡しの際には登記申請が必要になりますので、必要書類を準備して申請を行ってください。

以上が売り手側の流れです。

次に買い手側の流れをご説明します。

条件、予算から土地を探す

住みたい地域や予算と合致する土地を探します。探したら現地に見学に行き、実際の雰囲気や周辺情報を確認するようにしましょう。

資金計画と購入申し込み

具体的な資金計画を立てます。必要となる経費やローンを組んだときの金利など、現実味のあるプランを立てます。

買いたい土地が決まれば、売り手の仲介不動産会社か、販売代理の不動産会社に申し込みをします。この時、申込証拠金を預ける必要があります。

土地の情報と売買契約

購入する土地の詳細な情報を聞き、合意したら売買契約へと進みます。ここでは、手付金(価格の10〜20%)を支払います。

土地の引き渡し

住宅ローンなどを組むのであれば、住宅ローンの契約が必要になります。その後、住居の建築が完了したら、残りの購入代金を支払います。この段階で売り手側は登記を行いますので、それが完了してから実際に入居できます。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1300社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ