あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

居住しながらの売却は不利ですか?

はじめに

居住しながら家を売ることはもちろん可能です。しかし査定・売却に不利になるポイントがいくつかあります。

買い手の手間が増える

居住しながら家を売る場合、空き家ではないので内覧を行う際に売主と買主の間で日程をあわせる必要があります。

基本的にいつでも内覧できる空き家物件に比べると不利といえます。

また、持ち主の目が気になって、細かいところまでチェックしにくいという買主もいるでしょう。

内覧のために見栄えのよい状態を整えやすい空き家に比べて、居住中の住居の内覧は、どうしても生活感が出てしまいやすい点も注意が必要です。

普段から暮らしている持ち主にとって見慣れた光景である部屋の状態は、他人からどう見えているか意外とわかりにくいものです。内覧の際に生活感があふれていると、どうしても「使い古し」といったイメージが強くなってしまいます。

居住中物件にはメリットもある

居住中物件にはデメリットもありますが、前にどんな人が住んでいたかわかるというのは買主にとってよい条件といえます。

内覧時の対応などで売主が買主に対してよい印象を与えることができれば、そのまま物件の高評価につながる可能性があります。

これは空き家の中古物件にはないメリットといえるでしょう。

購入後に住む場合の疑問点などに関しても、実際に住んでいる売主であれば実用に即した具体的な情報を伝えることができます。

また部屋のことだけでなく、近所付き合いに関する質問などにも答えることができるはずです。

このように、居住中の物件は空き家に比べて不利な面もありますが、居住中ならではのよさもないわけではありません。

家を売る場合は空き家の方が有利なのは確かだと思いますが、居住中でも場合によってはそれほど大きなデメリットにはならないと考えていいでしょう。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ