あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産査定サイトを使うメリットは?

はじめに

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。不動産査定を無料で行ってもらうもので、必要事項を入力し送信すると、後ほど幾つかの業者から連絡がきて査定金額を教えてもらうことができます。その中から一番高い金額を提示した業者を選ぶ人や、依頼してみようと思う雰囲気などで決める人もいるようです。しかし、初めての方にとっては勧誘があるのではないか?実際に売る際との金額の違いなど気になる点はあるはずです。メリットとデメリットについてよく把握しながら利用してみて下さい。

不動産査定サイトのメリット

まずメリットですが、簡単に利用でき3社から10社くらいの数の業者に不動産査定をお願いできます。自分で1つ1つ調べたり依頼したりする必要が無いため、忙しい現代人にとってはメリットが高いといえます。更に利用料は無料で、査定をお願いするだけなら費用はかからないため、金額の目安を知るためにも利用できます。

不動産査定サイトのデメリット

次にデメリットです。一括査定をすると個人情報が複数の業者に知られてしまいます。全てが良心的な業者とは限りませんし、もし優良業者のみの登録だとしても営業の電話は避けられません。不動産の売買はメールや郵送のみの手続きで済ませるわけにいきませんから、ある程度電話で話して印象が良さそうな業者に依頼し実際にお会いして話を進めていくことになります。どの業者も顧客を獲得したいためそれなりにアピールしてきます。連絡が早く、競合できるのは良い点ですが、複数の業者と取引している内に内容が分かりにくくなるデメリットがあります。またそういったネットに広告を出していない地元の業者を見逃す可能性も高いでしょう。

様々な業者で比較がおすすめ

結局は不動産査定を無料で依頼できるということは、一種の広告のようなものです。業者はとりあえず話を進めてくれさえすれば良く、最初のコンタクトが重要なのです。不動産の価格を知りたいだけだと逆に営業が面倒だと感じてしまうかもしれません。時間がなく、ネットで簡単に業者を探したい方にとっては便利なサービスです。それでも高く売れるとは限らないため、地元の業者と比較することも忘れないようにしましょう。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ