あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

はじめに

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。売買手数料は法規制によって上限が設けられており、3%+消費税がかかります。この金額を分かりやすく表現し、不動産業者では消費税+6万円と表現することが多くなっています。これは消費税3%の段階での数値を分かりやすく計算したもので、消費税分だと正確に仲介手数料が計算しにくいため、誤差を修正するためにこの金額を提示している所が多いようです。

不動産売却に必要となる経費

そのほか登記費用を売主が負担するケース、更地にする解体費用、耐震診断費用、境界標識の費用、リフォーム代、クリーニング代、住民票などの書類代、固定資産税などの税金類、印紙代など細かな費用が発生します。これらは土地が売れた費用で支払うことが可能ですが、手数料は売買契約時に半額、残りの金額を後で支払うなど分割で金額が必要となります。

不動産売却に必要となる期間

不動産売却にかかる期間は一概にいつまでとはいえません。相場より高値が付いていればいつまで経っても売れず残る場合もあります。また、売値が適正だったとしても買い手が多くなければ時間がかかることもあります。例えば郊外の土地はいくら適正価格といっても、交通の便が悪かったり買い物に不便だったりすると買い手がつきません。駅が近い場所など立地が良いならある程度の金額でも直ぐ買い手がつくこともあります。不動産を買うのは一般の人だけでなく、投資目的の人もいるため人が住みやすい地域は比較的早く売れる傾向にあります。

住宅ローンが残っている場合

また、まだ住宅ローンを利用している場合は、不動産売却時に一括返済する必要があります。不動産は担保のため売却すれば自分の物ではなくなるため、ローンを組みかえる必要があるのです。もし一括返済できる資金の余裕がなく、新しくローンを組むこともできなければもちろん売却はできません。ローンが支払えなくなって物件が差し押さえられてしまう人がいるのは、こういった理由からです。もし残ったローンより不動産が高く売れれば良いのでしょうが、現実的には必ずしもそうとは限りません。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ