あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1700社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

坪単価にはどれくらいの差がある?

はじめに

坪単価とは1坪当たりの価格のことで、厳密には適正なものは存在していません。あくまでも業者さんが一般向けに分かりやすく価格を表示しているのみです。例えば1坪60万円の家なら、40坪の延床面積の家を建てると2400万円になる計算です。大まかなグレードを知るために業者側が提示しているにすぎません。

坪単価が安くなる仕組み

例えば坪単価が低い住宅でも、延床面積か施工床面積かによって実際の単価が異なります。延床面積には玄関、収納、テラスは含まれないためです。その結果広い範囲で考える施工床面積のほうが坪単価は安くなる計算です。

注意したいオプション工事

また、注意しなければならないのがオプション料金です。一見ローコスト住宅に見える坪単価でも、仕様を変えようとすると追加費用が発生し、結局思っていた以上の費用がかかることが多いのです。業者は安い坪単価で客寄せし、契約してしまえばいくらでも価格を引き上げることはできます。住宅を購入する際には単価ではなく、照明や追加工事などの費用もチェックしなければなりません。単価で売っていない業者は後で追加工事を依頼してもサービスで含めてくれたり、他で価格を調整していくらでも予算で収めることは可能なのです。

標準グレードに注意

そのほか確認したいのが、表示価格はあくまでも最低グレードでの金額である点です。フローリングを良いものに変えたり、お風呂に窓を付ける、キッチンの変更、仕様以外のテラスなどは別途料金が発生することも多いのです。また、モデルルームは最低グレードではなく、オプションを使い豪華仕様にしているため目でごまかされてしまいます。同じような住宅を建てようとすると、最初に提示された坪単価では済ませることはできません。

思わぬ出費も考慮が必要

また、住宅には思わぬ出費も覚悟しなければなりません。登記費用、ガスからオール電化などに変える金額、エクステリア、火災保険などの意外な出費です。ほかにも車庫や物置、ロードヒーティングや駐車場の整備など、色々と住宅以外でも費用がかかるものです。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1700社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売