あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1800社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

新築一戸建てに住み替えたい

はじめに

子供が大きくなってきて住み替えを検討される方は多くいますが、一生の内子供がその住宅で住むのは何年くらいになるのかを考えるようにしましょう。例えば一番多いのは小学校に入学する前に学校近くに住宅を購入するケースです。この場合中学や高校などはあまり考慮しないため、場合によってはそれらが遠く不便な地域であることも考えられます。ただし中学や高校生になれば多少不便でも通うことは可能となります。通学に不便な子供が小さな頃のみ安全に通学できる場所と考えることもできます。

子供が大きくなり住み替え

次に子供が大きくなり手狭になったため住み替えを検討するケースです。この場合は親が住宅ローンを組める年齢なのかも問題になります。もし現在既に住宅ローンを組んでいる場合、新たにローンを組むわけですから定年後も費用を支払う可能性も出てきます。

賃貸と持ち家どちらが得か?

次に賃貸と持ち家どちらがお徳かを考えてみましょう。持ち家は住宅ローン減税で税金がお得、土地や住宅が自分の物になる面がメリットです。賃貸は高齢化社会に伴い空き家が増えているため近年価格が下がりつつあり、将来高齢になれば介護付き住宅に引っ越すこともできます。デメリットは持ち家が固定資産税や修繕費の費用がかかる、賃貸は年金生活になっても家賃が発生する点です。金額の負担で考えると当初は持ち家のほうが高くなるのですが、高齢になればなる程家賃が発生するため賃貸のほうが高くなる逆転が発生します。また、夫に万が一のことがあればローンが保険でまかなわれ、持ち家のほうが有利という考え方もできます。

ライフスタイルに合わせて選びたい住宅形態

住み替えは親の年齢にも左右されやすく、夫婦の将来のことを考えて総合的に評価すると良いでしょう。物の価値観は人によって異なるため住み替えが良い悪いはいえませんが、それぞれのライフスタイルによってはメリットが高くなったり、逆にデメリットのほうが強くなることもあります。金額だけのことを考えると、生涯賃貸の場合のほうが比較的支払額が多くなりやすい傾向があるようです。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1800社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

まずはこれだけ!

不動産売却の「基礎知識」を3分で知ろう!

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!