あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

一般媒介契約とはどのようなものですか?

はじめに

不動産の売却をするのであれば、不動産会社と媒介契約を結ばなければなりません。媒介契約にはいくつかの種類がありますが、一般媒介もそのひとつです。

一般媒介の内容

これは複数の不動産会社と媒介契約を結ぶものです。さらに依頼主自らが売却先を見つけることもできます。

さらに、明示型と非明示型の2種類に分かれています。

明示型一般媒介は依頼した不動産会社に対して、ほかに依頼している不動産会社を通知する義務があります。

非明示型一般媒介は依頼した不動産会社に対して、ほかに依頼している不動産会社を通知する義務がありません。

メリット

売却を検討している不動産が人気エリアや人気マンションであれば、どの不動産会社も積極的に宣伝活動を行ってくれます。つまり、複数の不動産会社が競争意識を持つことで早期契約に至る可能性が高まるのです。

デメリット

メリットだけでなくデメリットも知っておく必要があります。

最も大きいデメリットは複数の不動産会社に不動産情報が載ることになるので、購入を考える方の目に何度も触れます。これによって売れ残りの不動産であるように捉えられてしまいます。

さらに、不動産会社が積極的に販売活動を行わないケースもあります。

そのほかの媒介契約について

媒介契約にはいくつかの種類があり、ほかには専任媒介と専属専任媒介があります。

専任媒介とは一社のみの不動産会社と媒介契約を結ぶものです。しかし、依頼主自らが売却先を見つけることもできます。さらに、依頼を受けた不動産会社は依頼主に不動産に対する問い合わせ、宣伝活動などの状況を2週間に1回以上行う必要があります。

専属専任媒介とは一社のみの不動産会社と媒介契約を結ぶものですが、専任媒介と異なり依頼主が売却先を見つけることができません。つまり、一社の不動産会社にすべてを任せる媒介契約です。また、依頼を受けた不動産会社は1週間に1回以上の状況報告を行う義務があります。

無料査定などを利用して、自分の目的に合った不動産売却の媒介契約を選びましょう。

カテゴリから質問を探す

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ