五泉市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

五泉市のマンションの売買・売却ならイエウール

新潟県の新潟市北区や新潟市東区、新潟市中央区など、新潟県のマンション情報を幅広く掲載中。全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級マンション一括査定サイトだから、あなたに最適な不動産会社とマッチングすることができます。イエウールはあなたのマンション売却を応援します。

五泉市のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

五泉市のマンション市場価格が最も高い年度はです。
一方で五泉市のマンション市場価格はが最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。

五泉市のマンション一覧

五泉市には、表示できるマンションの情報がありません。

下記にある マンション売却エピソード 等をご参考下さいませ。

不動産会社を選んだ決め手は何?

五泉市のマンション売却エピソード

T.M.さんの場合
五泉市
マンション
1LDK
築23年

新潟県五泉市に念願のマンションを購入したのですが、最近になって収入が激減してきたので、売却を検討しはじめました。とりあえず、五泉市内の不動産会社を5件ほどまわり、話を聞き検討しています。住宅ローンの残高が多すぎるので売却をすることができないと断られてしまったこともありましたし、査定金額に納得がいかないこともありました。ようやく、いろいろな面で納得できる不動産会社をみつけたので、そこで売却することを前向きに考えています。

D.U.さんの場合
五泉市
マンション
3DK
築20年

実家で暮らす両親を引き取ることとなり、今現在住んでいるマンションでは狭くなりました。そこでこのマンションを売って新しい場所へと引っ越そうと思います。両親は五泉市から近い場所に住んでおり、遠くへ引っ越すことを嫌がっているため新潟県内に引っ越す予定です。新居のことも考えつつマンションの売却手続きを進めています。不動産会社には売却と新居の両方を相談しており、どちらも親身になって相談を聞いてくれるため信頼しています。

J.J.さんの場合
五泉市
マンション
2DK
築21年

私は新潟県五泉市に生まれ育ち、五泉市内にマンションを持っています。この度、市街に転職することになり、マンションを手放すことにしました。親からもらったマンションでかなり経年劣化しているので、はたして買い主が見つかるのか心配でネットで相場を調べました。ネットのオンライン一括査定は不動産屋に行かなくも相場がわかるので便利です。思っていた通りあまりいい査定額ではありませんでしたが、その中でも一番いい査定額をつけてくれた不動産屋に今度現地査定をしてもらう予定です。

五泉市のマンションの最新売却動向

新潟県五泉市の現状とマンションの売却動向について

新潟県五泉市は、とてものどかな地域になっており、多くの自然が残っているところです。ここの地域は盆栽がとても有名でして、生産量は内容によって全国の中でトップに近いです。では、新潟県五泉市の総人口ですが、51449人(2015年5月1日現在)になっています。そして、総面積は351.91平方キロメートルです。人口密度に関しては1平方キロメートルあたり、146人になります。歴史的背景は、1954年にいくつかの村と町が合併して市制施行となりました。では、人口の推移はどうなっているかというと、1985年頃がピークの数字となっておりましたが、それ以降は少しずつ減少しています。そして、マンション売却動向ですが、基本的に一戸建て住宅中心のため、マンション売買はほとんどないという状況になっています。

五泉市のマンション価格比較

新潟県五泉市の中古マンション価格は、周辺地域と比較して大きく値段が変動することも少なく比較的安定した価格水準となっています。そのため、今後投資を検討される方の場合であっても、あらかじめ投資金額を予想しやすい状況となっています。また、今後少子高齢化の影響から、新築マンションよりも中古マンションのリノベーション需要があるため、価格は上昇する可能性もゼロではありません。

五泉市のマンション取引件数推移

新潟県五泉市の中古マンションの需要を追いながら、取引数を見ていきますと、過去5年間の四半期毎の取引数において、平成22年の前期である4月にかけては5件の取引が成立し、年末まで2件以上の取引がある、安定した需要のある年と鳴ります。平成23年には需要が落ち込みますが、翌年の24年にはこの5年間で最も需要が多い年となり、年間を通して、15件近くの取引があります。25年以降は需要は減少し取引数も落ち着いています。

五泉市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ