四国中央市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

四国中央市のマンションの売買・売却ならイエウール

愛媛県の松山市や今治市、宇和島市など、愛媛県のマンション情報を幅広く掲載中。全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級マンション一括査定サイトだから、あなたに最適な不動産会社とマッチングすることができます。イエウールはあなたのマンション売却を応援します。

四国中央市のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

四国中央市のマンション市場価格が最も高い年度はです。
一方で四国中央市のマンション市場価格はが最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。

愛媛県の市区町村からマンションを探す

人気急上昇エリアでマンションを売る

四国中央市のマンション一覧

四国中央市には、表示できるマンションの情報がありません。

下記にある マンション売却エピソード 等をご参考下さいませ。

不動産会社を選んだ決め手は何?

四国中央市のマンション売却エピソード

J.B.さんの場合
四国中央市
マンション
3DK
築22年

愛媛県四国中央市にマンションを所有していましたが、管理が難しくなったので売り払いました。一戸建てや土地・マンションの査定をしてくれる一括査定サイトを使って査定額を調べてみてから、評判のいい業者3件ほどに絞って現地見積もりをしてもらいました。その中の一番高い1件の業者と契約をして買い手を見つけてもらいました。最初の査定額よりも下がってしまいましたが、売り出してから2ヵ月で売却できたのでよかったです。

S.D.さんの場合
四国中央市
マンション
4LDK
築14年

愛媛県四国中央市にマンションを購入したのは、まだ3年ほど前のことです。しかし、転勤が決まってしまったので泣く泣く手放すこととなりました。さっそく、地元の不動産会社を4件ほどまわり、事情を説明するとその内の3件で売却できるとの返事をもらうことができました。住宅ローンの残高もまだかなり残っていたので、不安はあったのですが無事に売却できるとのことで安心しました。その中でも熱心に対応してくださったところで売却を決めました。

I.D.さんの場合
四国中央市
マンション
3LDK
築13年

母の看病のために愛媛県四国中央市に引っ越すことになりました。現在の母の住居は私も生活するには手狭だったので近辺のマンションを探しました。土地勘はあっても不動産価格は良く分からないので相場を調べてから不動産業者を訪ねました。

親切な不動産業者で私の事情を考慮した上で相場から考えていた金額に応じた条件の良い物件を色々と紹介してもらうことが出来ました。後日、改めて伺った際にその中の一つに決める事な出来ました。

四国中央市のマンションの最新売却動向

愛媛県四国中央市のマンションの売却動向

愛媛県の東にある四国中央市は総面積が421.24平方キロメートルあり、人口は2015年5月1日時点で87369人となっております。人口は1990年をピークとして若干減少気味ですが、ある程度の水準をキープしています。歴史ある土地ですが、実際に四国中央市として発足したのは2004年とされています。それ以前にも誕生、合併を繰り返している土地でもあります。昔は大気汚染などに悩まされていましたが、現在では改善されて住みやすい地域になってきました。そのせいもあり、愛媛県四国中央市の不動産の売却動向は復活の兆しを見せています。高級マンションなども建設されるようになり、若い人にも支持されるようにマンションをリフォームし、オシャレな内装にして売り出す形を取っている不動産も少なくありません。

四国中央市のマンション価格比較

愛媛県四国中央市は愛媛県北部の瀬戸内海に面したのどかな街で、予讃線の伊予三島駅付近に位置しています。マンションの物件数自体はそれほど多くない場所です。したがって中古マンションの物件数もそれほど多くはありませんが、愛媛県の中心部からはだいぶ離れていることもあり、価格帯は周囲と比べても比較的安いと言えます。

四国中央市のマンション取引件数推移

愛媛県四国中央市の中古マンションの取引件数を過去5年間にわたり四半期毎に推移を見ていきますと、5年前の平成22年からh生成26年の6月にかけて、取引数は落ち着いており、1件から7件の間で推移しています。平成26年の6月から同年の12月までは、例年より取引数が多く、15件程度の取引がされた需要の多い時期となります。

四国中央市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ