江田島市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

江田島市のマンションの売買・売却ならイエウール

広島県の広島市中区や広島市東区、広島市南区など、広島県のマンション情報を幅広く掲載中。全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級マンション一括査定サイトだから、あなたに最適な不動産会社とマッチングすることができます。イエウールはあなたのマンション売却を応援します。

江田島市のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

江田島市のマンション市場価格が最も高い年度はです。
一方で江田島市のマンション市場価格はが最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。

江田島市のマンション一覧

江田島市には、表示できるマンションの情報がありません。

下記にある マンション売却エピソード 等をご参考下さいませ。

不動産会社を選んだ決め手は何?

江田島市のマンション売却エピソード

S.B.さんの場合
江田島市
マンション
2DK
築28年

広島県江田島市にマンションを保有していましたが、子供が生まれたためより広い家に引っ越す必要が出てきたため、マンションの売却を決意しましや。マンションの売却にあたっては複数の不動産会社に査定を依頼しましたが、担当者の回答が一番早かった不動産会社に依頼をすることにしました。担当者の方は対応が早いだけではなく非常に丁寧であり、不明な点があればこちらが理解できるまで徹底的に教えていただくことができました。

R.D.さんの場合
江田島市
マンション
2DK
築21年

広島県江田島市でマンションを売却しました。
その際に最初に着手したことが不動産会社の選定でした。
より良い条件でマンションを売却するためにはいかに広く情報を発信できるかが重要であると考えましたので、不動産会社に求めた事は情報発信力でした。
情報発信力の目安として具体的に比較したのが地元の有力紙への新聞折り込みの実施頻度でした。というのも、最も効果的な情報発信源であるWEBサイトは不動産業界内で共有されているオンラインに基づいているために不動産会社間での差がありませんでした。ですので、次いで効果的な情報発信源と考えた新聞折り込みの実施頻度を比較し、最も頻度の多い不動産会社と専任で媒介契約を結びました。

E.M.さんの場合
江田島市
マンション
3DK
築11年

叔父が引っ越すため格安で譲り受けた広島県江田島市のマンションですが、家族の成長と共に手狭になってきたので引っ越しを考えるようになりました。入手経緯のため当時は価格にあまり頓着していなかったのですが、売却するならば高値で手放したいと考えていました。

不動産業者でどの程度の価格の提示を受けてれば売却するかを決める基準を判断するために相場を調べてから数軒訪ねました。後日、私が調べた相場よりも高値の連絡があったので売却しました。

江田島市のマンションの最新売却動向

広島県江田島市のマンションの売却動向について

広島県江田島市のマンションの売却動向についてですが、私は広島市に住んでいるのでわかるのですが江田島町は島なのでマンションなどはありません。したがってマンションの売却動向といわれても答えられないです。
ただしマンションはなくても一戸建ての土地付き分譲はおこなわれているようです。土地の売買の物件は豊富にあるということです。ですから土地の売却動向は上向きといえるでしょう。
江田島町には元海軍兵学校がある島ですので観光客は多いです。この元海軍兵学校は建築物としては日本のなかでも指折り数えられる美しい建築物です。そのような場所なので住むにはとても環境がよいので土地の売買は盛んであると言えます。広島市に住んでいるお金持ちの別荘にはもってこいの場所なのです。

江田島市のマンション価格比較

広島県江田島市の中古マンション価格は、広島県の都心部と比較すると比較的お手ごろな値段となっています。そのため今後中古マンションへ投資を検討される際には、ひとつ注目のエリアであると考えられます。また、中古物件のリノベーションが盛んになっているため価格への影響も注意しながら購入の機会を検討されることをおすすめします。

江田島市のマンション取引件数推移

広島県江田島市の中古マンションの取引件数の推移を需要及び期間毎に見ていきますと、この5年で需要の多い年が平成24年と25年となります。平成23年には10月から12月の期間で1件の取引しかありませんでしたが、平成24年には春先の4月から6月の期間で2件、夏場の7月から9月の期間で4件の取引がされており、年末の10月から12月にかけて1件と、年間を通して活況のある年となります。平成25年も需要は少し落ち込みますが取引が年間で5件と安定した取引のある年となります。

江田島市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ