大竹市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

大竹市のマンションの売買・売却ならイエウール

広島県の広島市中区や広島市東区、広島市南区など、広島県のマンション情報を幅広く掲載中。全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級マンション一括査定サイトだから、あなたに最適な不動産会社とマッチングすることができます。イエウールはあなたのマンション売却を応援します。

大竹市のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

大竹市のマンション市場価格が最も高い年度はです。
一方で大竹市のマンション市場価格はが最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。

大竹市のマンション一覧

大竹市には、表示できるマンションの情報がありません。

下記にある マンション売却エピソード 等をご参考下さいませ。

不動産会社を選んだ決め手は何?

大竹市のマンション売却エピソード

Y.I.さんの場合
大竹市
マンション
2K
築20年

広島県大竹市のマンションを3件の不動産会社に査定をしてもらいました。就職先が変わり、職場に近いところに住居を構えようと思ったからです。できるだけ、早く売却したかったので、見積りも考慮しつつ、フットワークが軽いところにお願いをしようと思いました。高く見積りをしてくれたところが、担当者も熱心でしたので、そこにお願いをすることにしました。思っていたよりも早く、売却できたので満足しています。価格も予想より高かったので、大満足です。

O.I.さんの場合
大竹市
マンション
3LDK
築8年

広島県にあるマンションで生活をしていたのですが、定年退職を機に田舎に引っ越すことになったのでこれを売却することにしました。この時に、非常に役に立ったものが無料で利用をすることが可能な不動産の一括査定サイトだったのです。これを利用したことにより、わずか1回の入力でたくさんの業者が査定を得ることができたので、とても助かりました。また大竹市のマンションの相場についても詳しく知ることができたため、よかったです。

R.N.さんの場合
大竹市
マンション
2DK
築25年

広島県大竹市のマンションを売却しました。マンションを売るというようなことは、初めてだったのですが、査定をお願いした不動産会社が丁寧に対応してくれたおかげで、スムーズに取引を行うことが出来ました。査定の際には、損をしないように相場のことをよく考えて値段をつけてもらっていました。売却を依頼してからも、こまめに連絡をしてくれたおかげで、依頼したこちらとしても安心して売却することができました。買い手さんを見つけてくれるまでも、思っていたよりすぐでとても助かりました。

大竹市のマンションの最新売却動向

広島県大竹市のマンション売却動向について

広島県大竹市は広島県南西部に位置し、山口県との境にあります。山口県岩国市・和木市とつながりが強く、小瀬川を挟んで岩国市・和木市にかけての沿岸部に石油コンビナートや紙パルプや化学繊維などの企業が立地し、瀬戸内工業地帯の一拠点として発展しています。
人口は1975年を境に減少していますが、広島県大竹市は観光にも市政にも力を入れており、ホームページでイベントのお知らせや、市民への情報を提供しています。
広島県大竹市のマンション売却動向についてですが、広島県全体で2012年からマンションの売却平均価格が上昇を続けており、広島県の土地全体も2013年まで下落していたのですが、2014年にかけて上昇しています。
広島県大竹市は2010年から土地の売却平均単価が上昇し続けており、戸建て相場も2011年から上がっていることから、マンションの売却平均単価も同じように上昇していると考えられます。

大竹市のマンション価格比較

広島県大竹市の中古マンション価格は、約350万円〜500万円が相場になります。周辺の廿日市市や広島市西区・佐伯区よりかなり低い相場となっています。これは地形の特徴として急傾斜が多くあり市街地以外は平地が少ないということ、また市外への通勤者が多くそのため人口が年々減少傾向にあることなどが要因として考えられます。

大竹市のマンション取引件数推移

広島県大竹市の中古マンションの取引件数を年毎に追って見ていきますと、平成22年の春先から秋口にかけて8件の取引がされており、翌年の夏から冬にかけても5件の取引があります。平成24年いなると、春先の4月から6月にかけて、この5年間で最も取引数の多い7件が成立しており、最も活況のある時期となります。その後はおおよそ1件から3件の推移で取引されています。

大竹市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ