橋本市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

橋本市のマンションの売買・売却ならイエウール

和歌山県の和歌山市や海南市、橋本市など、和歌山県のマンション情報を幅広く掲載中。全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級マンション一括査定サイトだから、あなたに最適な不動産会社とマッチングすることができます。イエウールはあなたのマンション売却を応援します。

橋本市のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

橋本市のマンション市場価格が最も高い年度はです。
一方で橋本市のマンション市場価格はが最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。

人気急上昇エリアでマンションを売る

橋本市のマンション一覧

橋本市には、表示できるマンションの情報がありません。

下記にある マンション売却エピソード 等をご参考下さいませ。

不動産会社を選んだ決め手は何?

橋本市のマンション売却エピソード

S.T.さんの場合
橋本市
マンション
2LDK
築28年

和歌山県橋本市のマンション査定については、一戸建てに住もうということで査定に出すことになりました。査定に出すには自分の家の状況や住まい、築年数などが必要になり、簡易的にはでるのですがより詳しくやろうと思うと売買契約した書類や不動産販売情報を残していればスムーズに取引ができたかと思いました。
駅から近いこともあり、すぐに査定してもらい、売却手続きを実施したので自分が思っていたよりも早く商談ができるようになりましたので良かったです。

A.H.さんの場合
橋本市
マンション
1LDK
築10年

和歌山県橋本市でマンションを売却しました。
その際に最初に着手したことが媒介契約を結ぶ不動産会社の選定でした。
より良い条件でマンションを売却するために重要なことはいかに広く情報を発信できるかです。ですので、不動産会社の選定にあたっては情報発信力を比較しました。
具体的にはWEBサイトと新聞折り込みへの取り組みを調べました。
ところが、WEBサイトの情報は不動産業界内のオンラインで共有されている情報に基づいていて、不動産会社間に差が無いことが分かりました。ですので、新聞折り込みの実施頻度を選定の尺度とし、最も新聞折り込みの実施頻度の多かった不動産会社と専任で媒介契約を結びました。

N.B.さんの場合
橋本市
マンション
2K
築11年

不動産の売却は初めてだったので戸惑いが大きかったのですが、和歌山県の橋本市のマンション売却の相場などを調べてから業者に依頼することにしました。もちろん不動産会社も相場や動向などを丁寧に教えてくれるとは思ったのですが、それだけでは不安だったので自分でも調べることにしました。相場からかけ離れた額で売りに出しても売却出来ないと思ったので相場の額よりも多少高くしてスタートさせました。無事に売却することが出来ました。

橋本市のマンションの最新売却動向

和歌山県橋本市野マンション売却動向について

和歌山県橋本市のマンション売却動向については、大阪に近い地域であればあるほど売買がされやすいという傾向があります。また、マンションによっては売却動向が変わってきます。特に盛んになっているのが林間田園都市という地域となっています。この地域ではマンションが多く建設されており、人気にもなっていますが特に駅から歩いて行ける場所にあるマンションになればなるほど売却動向としては高額物件になっています。和歌山県橋本市では安い地域もあるのですが、この地域だけは価格帯が落ちにくく、人気も高いので購入するにはオススメのエリアになっています。
なかなか物件事態が出てこないので、でてきたときは購入できるかどうかを判断したうえで問い合わせましょう。

橋本市のマンション価格比較

平成26年での第2四半期より平成27年での第1四半期の範囲帯の、和歌山県橋本市の中古マンションの土地取引の件数は427件になります。坪の単価は、0.0023万円から20万円前後の価格帯です。取引の総額としましては、10万円から、最高では28000万円前後の価格帯になっていますが、主に数百万円台までの価格が多いといった印象になります。

橋本市のマンション取引件数推移

和歌山県橋本市の中古マンションの2009年からの取引件数の移り変わりを見ると2010年をピークにやや取引数の減少を繰り返しています。中でも2014年は消費税がアップしたことにより購入を控えた人が多かったことから減少がより一層は部しくなっています。また人口減少も見逃せません。人口減少は5年で1千人程度ですが、マンションを購入する若い世代を中心に減少しているのです。

橋本市マンションの売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ