勝どき一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

勝どきの一戸建て・家の最新売却動向

中央区勝どき周辺の一戸建て売却動向

東京都中央区勝どきは人口約12000人。隅田川の河口に位置し、かなりの数の埋め立て島の中の2島(ほぼ正方形の形をした島全域と、その南西にある島の北・東区域)に誇る。正方形の島には1〜4丁目まであり、北東に月島川、南西に新月島川が流れる。都営地下鉄大江戸線も通り、中心には勝ちどき駅がある。 2020年に迎える東京オリンピックに向け、タワーマンションが増え始めている。隣には築地があるので、グルメスポットとしても有名で、外国人観光客なども多い。交通整備も整っており、都内を移動するのには便利。 一戸建てを建築する人も年々増えていて、住みやすさも十分あります。

東京都中央区勝どきの一戸建て価格比較

東京都中央区勝どきの中古一戸建ては、基本的にはビジネス街の中にあり、地価が高いということも影響しているので、取引価格は高めになっていますが、他の特別区の閑静な住宅街などと比べると、居住環境の面でマイナス面があるので、高級住宅街の一戸建て住宅よりは手入りやすいでしょう。 メリットは都心への通勤に便利という点があります。

東京都中央区勝どきの一戸建て取引件数推移

東京都中央区の中古一戸建て取引件数は、東京都心という好立地条件であるため比較的良好な水準となっています。また、東京ではオリンピックとアベノミクスによる資金流用の影響から、不動産価格が全体的に高騰しています。そのような環境下で、中央区の勝どきエリアは古くからの居住者が多く中古一戸建て物件も都心エリアに比べると供給量があり、今後さらに取引が活発になる可能性があります。

勝どきの一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

勝どきの一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった勝どきの一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

勝どきの一戸建て・家の売却エピソード

A. Iさんの場合
勝どき
3LDK
築44年

東京都中央区勝どきはとても素晴らしい地域で、都内でもかなり地価の高い地域です。私の実家はここに一戸建てを構えています。昔は全然気にならなかったのですが、この一戸建て住宅を売ることができたら、だいたいどれくらいの金額になるのか、かなり気になったので、私は両親に相談した上で、地域に密着している不動産屋さんに相談して、査定額を提示してもらうことにしました。そして、査定額が提示されましたが、やはりかなりの金額でした。

W. Rさんの場合
勝どき
2DK
築7年

わたしは、数十年前に相続で、親族が購入した東京都中央区勝どきにある一戸建てを譲り受けました。ですが、このたび、結婚を機に暮らすことができなくなったので、一戸建てを売却することにしたのです。 色々な不動産会社がある中でも、相続に伴う税金にも詳しい不動産会社に依頼することにしました。家周りの治安もよく、スーパーやお店などが多かったことから、約数ヶ月ぐらいで希望する金額で売却することができました。何から何までお世話になって、本当に助かりました

勝どき一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ