あなたマンションの売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

マンションを高く売るコツ

マンションの売却額は築年数でどう変わる?

マンションを購入する際にはできるだけ新しいものを探す人が多いものです。しかし新築で購入したマンションを1~2年で引っ越すことは少ないでしょう。マンションを売ることを考える人は、だいたい10年は経過しているものです。マンションを売る際に、築年数はどのように影響するのでしょうか?

築10年以内の中古マンションが人気?

中古マンションを買いたいという人は、できるだけ築年数が浅いマンションを選びます。築年数が浅い方が、部屋もきれいですし人気があるのは分かります。中古マンションを探している場合、6~10年が一番人気のようです。

一つの目安は築10年、と言われています。10年を超えると、古いというイメージがあり、売りにくくなるのです。10年を超えた物件は、価格も低く設定するケースも多くなります。

築10年以上だと売れない?

10年、20年と経つにつれ、マンションの売却価格は下がることになりますが、現在では築10年程度であれば、それほど安い価格でなくても売れると言われています。それは現在から10年前に建てられたマンションは、駅に近い地域の大型マンションがたくさん建った時代なのです。その時期に建てられたマンションは、面積が広く、流し台のディスポーザー、フルオートバス、床暖房など標準で設置されていて、機能的にも便利なのです。

さらに10年を迎えると、大規模修繕をするマンションが多く、壁面の塗り替えやさまざまな部分の修繕がなされます。

そういった手入れの行き届いたマンションであれば、築10年経っていても売却価格を下げずに売れることが多いのです。

あなたマンションの売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売