あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

坪単価は家を建てる際の目安になるもの?

家を建てる時などに参考にする坪単価。1坪当たりの建築費のことで、建造物の本体価格を延床面積で割った数値のことを言います。1坪は約3.3平方メートルで、坪単価が商品のグレードなどの目安となることが多いです。一般的に使用される坪単価ですが、自己解釈をしていると予想外のことになることも。坪単価がどのくらいの目安になるのかは、坪単価についてよく知ってからにしましょう。家を建てる際には坪単価について思い違いをしないよう、しっかりと把握をすることが必要です。

延床面積と施工床面積の違い

通常、坪単価を算出する際には、延床面積を使いますが、メーカーによっては施工面積を使う場合があります。

延床面積にはベランダや地下室、玄関、ポーチ、押し入れ、クローゼットなどは含まれませんが、施工面積にはそれらも含まれています。吹き抜けがあったり、バルコニーが複数あったりすると、施工面積はさらに広くなり、延床面積と比べると坪単価に開きが出てきます。従って、延床面積よりも施工床面積の方が広くなり、坪単価は施工床面積で算出した方が安価になります。

このような違いがあるので、延床面積と施工床面積、どちらで算出されている坪単価なのかを確認することが必要です。

坪単価に諸経費は含まれる?

基本的に坪単価は本体価格を基準にして算出されます。本体価格というのは、延床面積のことで、建物の最低ラインの価格目安であり、坪単価の金額だけでは、住めるまでにはなりません。さらに別途工事費や屋外設備費などの諸経費もかかるので、家を建てる場合にはそれらを含めて計算しなければなりません、ただし、メーカーによっては、照明器具やカーテン、エアコンなどの設備費用など含める場合もあります。坪単価には何が含まれているのかを、しっかりと確認するようにしましょう。

坪単価の違い

坪単価は低い場合は30万円~、高いと80万円などいったものもあります。メーカーの違いなどにもよりますが、坪単価が高い建物と低い建物とでは、構造的なものや材質などによっても違いが生まれます。

一つは木造建築や鉄骨造か、という点で大きな違いが生まれます。鉄筋コンクリートの場合は、木造と比べると高くなります。使用される建材の違いによって、坪単価は変わります。また、外壁在や床に使う素材、壁材なども影響します。ちょっとしたランクの違いでも、施工面積が広ければ価格は高くなります。

二世帯住宅になるとさらに坪単価は上がります。トイレや洗面所、浴室の数も増えるからです。浴室などのタイルやシステムキッチンなどにお金をかければ、それだけ坪単価も高くなります。

坪単価が高くなるのは、建物の形状が複雑なもの。工事の手間がかかる複雑なものだと、外壁の面積が増え、材料費もかかります。屋根のこう配や形がシンプルなものではなく凝ったものであればその分高くなります。

このように、ゼロから設計をするフリープランは坪単価が高くなることが多いです。しかし、ある程度のデザインや構造が決まっている定型プランの方が安いと思いがちですが、少しでも違った要素を取り入れようとすると、その方が割高になることも多く、一概にはどちらが安いとは言えないものでもあります。

坪単価は目安にならない?

坪単価は建物の構造や使用されている建材、間取りなどさまざまな要素によって変動するもので、単純に坪単価だけで自分の考えている予算で、自分の希望する家が建つのか、ははっきりと判断するのは危険です。他のメーカーとの比較も正しくできるとは限らないでしょう。では、坪単価は建物を購入する際の目安にはならないのでしょうか?

坪単価だけで比較しては、正しい判断をするのは難しいものです。できるだけ、その建物の構造や床材、壁材など使用されている材質を確認したり、間取りや浴室、トイレ、キッチンなどがどのような作り、どういった材質を使っているのか、といったことも含めて判断することが必要です。

まずは標準仕様の建物の坪単価を知ることが必要です。その建物がどのようなものかを確認し、その坪単価を標準にして、他の建物を見てみるといいでしょう。

坪単価の価格帯で判断する

坪単価の平均は60~80万円と言われています。そのような中で、50万円以下、という坪単価の建物があります。一概には言えませんが、そういった家は最低限の設備のものと言えるでしょう。坪単価だけで判断すると、最低限の設備だけでは足らずにオプションを付けていくことになり、結果高いコストがかかる場合も。

坪単価の低い家はどうして低いのかを確認することが必要です。

60~70万円といった平均的な坪単価の建物は、鉄骨、RC住宅、高級木造住宅など大手のハウスメーカーの建物が多いです。知名度のあるハウスメーカーは宣伝費や研究開発費などといった費用もかかっています。そういったことも含めて高額になっている場合もありますが、信頼のある建物であることは事実です。

70万円以上の家となると、高級住宅の部類に入ります。ツーバイフォー住宅、安全で頑丈な家、高断熱材の家など安心して住める家、便利で快適な家、を建てることができるでしょう。

延べ床面積が狭くなっても坪単価は下がらない

延床面積が狭くなれば、その分家が小さくなるので、材料費などが少なくなり坪単価も下がるのでは?と考えるかもしれません。しかし、実際は、延床面積が小さくなると坪単価は上がるのです。

それはなぜかというと、住宅設備費用などの諸経費が原因です。床面積が減って狭くなったとしてもトイレやキッチン、バスルームなどにかかる住宅設備は少なくなるわけではありません。面積が狭くても生活をするうえで必要なものは変わりません。それを設置するためにかかる人件費や手間においても、それほど変わらないのです。

坪単価は「本体価格÷床面積」で算出しますから、床面積が狭くなるほど坪単価は上がっていくのです。

このことから注意したいのは、広告などに掲載されている坪単価が何坪の家を基準にして算出されたものかを確認することです。その床面積と比べることで、自分の理想の家の坪数、坪単価を予想できるのではないでしょうか。

地域による坪単価の違い

坪単価は地域によっても異なります。坪単価は首都圏になるほど高く、首都圏から離れるほど低くなる傾向にあります。特に東京、大阪、神奈川などの首都圏は、坪単価が高く、北海道や九州、東北地方は坪単価が低いです。

延床面積が小さいほど、坪単価は大きくなります。東京などの首都圏は延床面積が小さく、九州地方では、延床面積が広くなっています。

坪単価は目安。正確な判断はプランをよく確認

広告やCMなどで表示されている坪単価だけでは、家の価格を正確に判断するのは危険なことです。広告などに掲載された坪単価は、モデルとなっている家の坪単価であることが多いもの。家の構造、使用されている材料・材質、システムキッチンやトイレ、バスルームの構造などさまざまな要素によって、坪単価は変動するものです。自分の建てたい家はどのようなプランにするか、必要な設備はどういったものか、などを検討したうえで、坪単価を参考にすることが必要。まずは同じメーカーのさまざまな坪単価の家を見て、比較してみるといいでしょう。

また、床面積によっても坪単価が変わるという点も踏まえ、坪単価を参考にするようにしましょう。坪単価をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分が建てたい家はどのくらいの価格になりそうかを予想するもの。それが坪単価だと言えます。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ