あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

土地売却のポイント

トラブルを避けるための契約書の書き方

買い手がつき、土地売却もできることになったら売買契約書の作成をします。契約書の書き方については足りない部分があると、後々のトラブルになることも。土地の引き渡し日一つをとっても、それまでに不動産に問題が生じた場合は、誰が責任を取るのか、といったことも問題になります。少しでもトラブルを避けるための、契約書に書くべきポイントとはどういったことでしょうか?

売買金額や手付金などの金額を記載

売買代金、手付金などの金額、支払い日は明確に。特に手付金については、解約手付なのか、証約手付なのか、違約手付なのかをはっきり明示すること。解約手付であれば、いつまで手付解除が可能なのか、についても記載されていることが望ましいです。手付解除を認めない、または可能な期間を限定し、記載するようにしましょう。

また、契約違反があった場合、契約を解除することができますが、その際の違約金などについてもはっきりと明示しておいた方がトラブルを避けることにつながります。

注意したい土地の実測と土地代金の清算

土地の面積が登記簿に記載されたものと、実際の面積が異なることがあります。契約書に「土地50坪、代金50万円」と記載した場合、実際に測量をしたら40坪しかなかったとしたら、買い手は40万円しか支払わなくてもいい、という解釈と、土地の代金が50万円なのだから40坪でも50万円支払う、という解釈ができます。

そういったトラブルを避けるためにも、売り手としては、実測して坪数が異なっていても代金の清算をしないという一文を入れるなど、土地の面積に関しても注意した記載が望ましいです。

あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ