あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

土地売却のポイント

土地売却の際に多いトラブルとは?

希望価格で土地の売却ができても、後々に買い手との間でトラブルが起こるのは避けたいものです。問題によっては違約金を支払わなければならなくなったり、契約手付金の倍の金額を支払うことになったりすることも。

土地売却の際に考えられるトラブルや、注意すべきことはどういったことがあるでしょうか?

土地売却をするまでの注意点

基本的なことですが、土地売却ができるのは所有者に限ります。不動産登記簿に所有者の名義が記載されているので、確認しておきましょう。相続した土地を売却する際には特に注意が必要です。相続登記がなされているかどうかを確認することを忘れずに。

土地の境界線がはっきりしていることも重要です。土地のどの部分を売却するのか、きちんと示されてないと、後々トラブルが発生する原因になります。測量士などを依頼し、測量してもらいましょう。

また、土地などの不動産に関する情報は売却に不利になることでも、正直に話すことです。後になって分かると、トラブルに発展することがあります。

土地売却時・売却後も注意が必要

売買契約の際の契約書にはしっかりと目を通すことも、トラブルを避けるために必要なことです。売却価格をはじめ、契約日、契約者名、手付金について、契約物件の住所、住宅ローン審査完了日、取引完了日、物件引き渡し日、登記の状況などについて確認するとともに、不明な点があれば細かい点でも、きちんと確認し不明点のないようにしましょう。

買い手が引き渡し日を早めてほしいと言っても、勝手に応じてはいけません。契約内容を無断で変えると、契約が無効になってしまう場合もあるので、注意しましょう。

あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ