あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

土地売却のポイント

媒介契約の種類も不動産業者選びのポイント

不動産業者を選ぶポイントとして、媒介契約の種類にも注意が必要です。媒介契約には専任媒介契約と一般媒介契約がありますが、どちらがいいのかをよく考えることが、土地売却を成功させるためには大切です。

専任媒介契約と一般媒介契約の違い

専任媒介契約とは、契約した不動産会社のみに依頼する方法です。他の会社によって土地売却が成立したときには違約金を支払わなければなりません。また、本人が買い手を見つけた場合は、営業経費などを支払います。専任媒介契約では、仲介業者は売り主に2週間に1度の状況報告が義務となっています。

専任媒介契約には、専属専任媒介契約というものもあります。1つの不動産会社としか契約できないだけでなく、本人が買い手を見つけても成約することはできません。その場合は違約金が発生します。専属専任媒介契約では、売り主に1週間に1度の状況報告をすることになっています。

一方の一般媒介契約は複数の不動産会社と媒介契約をすることができます。この場合、契約する会社名はそれぞれの会社に伝えなければなりません。

専任媒介契約と一般媒介契約ではどちらを選ぶべき?

複数の不動産業者に依頼をした方が、多くの情報が集まるのではないか?買い手も多く見つかるのではないか?と思うかもしれません。しかし、一般媒介契約の場合は、他の不動産会社と成約する可能性があり、広告費などの宣伝費もそれほどかけられない、ということがあります。専任の場合は営業活動にも積極的になれるということです。

信頼できる不動産業者であれば、専任媒介契約をお勧めします。実際相談してみてスムーズにいかないと感じたら有効期限が3ヵ月なので、その時点で他の不動産業者にすることもできます。

あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ