あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

土地売却のポイント

土地売却にはどのくらいの税金がかかる?

土地などの不動産を売却した場合に生じる所得を譲渡所得と言います。譲渡所得に対しては給与・事業所得など、他の所得とは分けて、所得税や住民税として課税されることになります。譲渡所得がマイナスの場合は、課税されることはありません。

土地売却をした場合、どれくらいの税金がかかるのでしょうか?また、そのしくみについて知っておくことも大切です。

土地売却にかかる税金は所有期間によって異なる

譲渡所得の税率は売却する土地などの所有期間によって異なります。土地を取得した日の翌日から譲渡した年の1月1日までの所有期間が、5年を超える場合は長期譲渡所得で、所得税15%、住民税5%です。5年以下の場合は短期譲渡所得となり、所得税30%、住民税9%となります。

譲渡所得はどのように割り出される?

課税譲渡所得は、「課税譲渡所得=譲渡対価-(取得費+譲渡費用)-特別控除額」として計算します。

取得費とは、売却した土地などの不動産を購入したときの費用、仲介手数料、登記にかかった費用。不動産取得税など。譲渡費用は、土地売却をした際にかかった仲介手数料や測量費用などです。

譲渡所得には特別控除額、課税譲渡所得があります。特別控除額には、居住用財産にかかる控除など、最高5000万円までの控除が各種あります。課税譲渡取得に税率をかけて所得税額や住民税額を決めます。

また、取得費においては、実際の購入金額が不明であったり、5%に満たないなど極めて少額であったりする場合は、譲渡対価の5%として計算することができます。

あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ